夏の朝に見かけるミミズ

夏の朝、道にいるミミズ

夏の朝、道にいるミミズ

今朝の散歩中にみかけたミミズ。

皆さんも見かけたことはことはないでしょうか?
朝でなくても、昼間道路上に干からびてしまっているミミズ。
人に踏まれてしまったであろうミミズ。
土の中にいれば安全なのに、干からびてしまったり、人や車に引かれてしまう危険な地上にどうしてミミズは現れるのでしょう?
そんな疑問をもち、散歩中にスマホで写真を撮ってきました。

そして、家に帰りどうしてミミズが地上に出てきたのかググってみました。
ググった結果、一番最初のサイトに説明がありました。

ミミズの路上自殺はなぜ起こる? 実は体の構造に秘密
http://news.livedoor.com/article/detail/10459708/

リンク先を読んでいただくとわかりますが、簡単にまとめるとミミズは体温調整をするために地上に出てくるようです。

それが仇となり、地上で命を落としてしまう結果になるようですね。
私はミミズは土を豊かにする動物としてみてきました。

そんな働き者のミミズが道路で干からびて死んでるのを見ると心が痛みます。

また、朝早くに道路を移動しているミミズを見ると、早く土のある方に行かないと死んじゃうよって心の中で思ってます。
そんな彼らは死にたくて、土の中から出てきたわけではないんですね。

土の中にいても死んでしまうような状況になったから出てくるんですね。
かといって、道を這ってるミミズを捕まえて、土のあるところまで運んであげる勇気はないのですが、みかけたら彼らなりの必死の行動を理解してあげてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする