0SIMがクロネコヤマトの宅急便で届きました

スマホの維持にかかるお金を節約しようとしています。

音声契約はドコモのFOMAタイプSSバリュープランというのを契約しています。
これは無料通話が1,000円分(30秒20円)付いている契約です。

そして、通信契約はドコモではspモードもiモードも契約していません。

その代わりに使っているのがMVNOと呼ばれる格安SIM。
こちらはSMS付きのデータ専用プランを契約しています。

今まではmineoというMVNOで契約をしていたのですが、6月末日までの利用分をもってキャンペーン適用価格の239円(SMS付き、月間3GB)が終ってしまいました。

私の現在の利用状況ですと、月間1GB未満の使用量であることが多く、月間3GBというのはかなり余裕のある容量です。
今月はWi-Fi環境下でないところで使用した時間が多く、既に500MBを超えて使用してしまいましたが、500MB未満ですとSo-netが運営している0 SIMという契約は無料となります。

ただ、無料とはいっても、私の場合SMS付きの契約をしたので、データ+SMSプランの月額基本料が150円+消費税12円+ユニバーサルサービス料3円の合計165円は毎月最低かかるということになります。
また、0 SIMの初期費用(登録事務手数料)が3,394円かかっております。

今までと同じmineoの契約を続けていれば、3GB(SMS付き)で1,104円の請求が来ますが事務手数料はもちろんかかりません。

なお、0 SIMについては、一番初めは雑誌の付録として登場しました。
通信量500MB未満までとはいえ、雑誌を(定価620円)を購入すれば初期費用がかからずに使用できると話題になりました。

ただ、あまりにも0 SIMの利用者が増えた割には、皆さん500MB未満で運用されているのかSo-netも苦しい状態にあったのだと思います。
8月からは0 SIMの新規契約可能日を毎月0の付く日、今月でいえば8月10日、20日、30日の3日間のみに変更になってしまいました。

「0SIM」のお申し込みに関して
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

今後もこの500MB未満無料というサービスが続くのか不安になりますが、毎月の通信量が500MB未満の方であればかなりお得なサービスに思えます。
でも、本当にお得なのでしょうか?

通信速度はmineoと比べて早いのか遅いのか?
本当に月500MB未満の利用量で足りるのか?

そういったあたりをこれからしばらくmineoと0 SIMを併用(この時点で既に一つだけのSIM契約よりも出費が増えていますが)してみて、どういった使い方がいいのか考えてみたいと思います。

ちなみにこの0 SIM。
私は8月10日(水曜日)の15:00頃にネットで新規契約手続きをし、SIMが届いたのが翌々日の8月12日(木曜日)でした。
契約時の返信メールには

「お申し込み内容に不備がない場合、通常1週間前後でのお届けとなります。」

とありましたが、申込日の翌日には発送された感じですね。
So-netからは

「0 SIM by So-net」SIMカード発送のご連絡」

というメールが8月12日(木曜日)の朝8:00頃に届いたのですが、SIMが到着したのは同じ8月12日(木曜日)です。

配達はクロネコヤマトの宅急便で届きました。
送り状には「宅配ボックス利用不可」、「転送不可」の記載がありますので、今後申し込みをされる方の参考になれば幸いです。

0 SIMはクロネコヤマトの宅急便で届きます

0 SIMはクロネコヤマトの宅急便で届きます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする