Galaxy S7 edgeに入れていたmicroSDが壊れた

家族が使っていたドコモ版Galaxy S7 edgeで時々、microSDが取り外されたかのようなメッセージが出ていました。
そして、今朝、私は直接見ていないのですが、microSDが壊れていますというようなメッセージが表示されたということで、私にそのmicroSDの復旧作業が回ってきました。

とりあえず、そのmicroSDを私のタブレットXperia Z3 Tablet Compactに入れてみたところ、特にメッセージが表示されることなく、ファイラーアプリで中のファイルも見ることができました。

これは家族のGalaxy本体の方の不具合なのかなと思って、とりあえず、パソコンでmicroSDのデータをバックアップ。

ところが、バクアップの途中でエクスプローラーからメッセージが。

エラーが発生しました。
指定された受け側は存在しません。オフラインのネットワークの場所、またはからのCDまたはDVDドライブである場合があります。受け側の場所を確認して再実行してください。

このメッセージ。
文面を素直に取ると、受け側、つまりコピー先である私のパソコンのハードディスクが存在しません。という風に取れるんですが、誤訳なんですかね。(Windows10です)

エクスプローラーで見てみると、ハードディスクドライブ(C)は見えています。
microSDが入っているFドライブをクリックしてみたところ、

ディスクの挿入
SDHC(F:)にディスクを挿入してください。

のメッセージが表示されました。
どうやら、GalaxyでmicroSDを見失ったように、パソコンでもmicroSDを見失ったようですね。

その後は何度かmicroSDをパソコンに差し直してみたり、他のカードリーダーに入れてみたりしたのですが、カードを認識しなくなりました。

その際に、microSDをSDサイズに変換するアダプタが悪いのかと思い、他の変換アダプタを使ってみたのですが、それでも認識せず、私のパソコンのカードリーダーが壊れたのかと他のmicroSDを入れてみたらきちんと認識しました。

そんなこんなで何度か抜き差しをしたあと、問題のmicroSDをまた変換アダプタ経由でパソコンに挿してみると、今度は

SDHC(F:)をスキャンして修復しますか?
このデバイスまたはディスク上のいくつかのファイルに問題がある可能性があります。これはすべてのファイルが書き込まれる前にデバイスまたはディスクが削除された場合に起こります。

となり、選択肢として

スキャン及び修復(推奨)
このデバイスまたはディスクへファイルをコピーするときに発生する可能性のある問題を防ぎます。

という項目が出てきました。
一縷の望みをかけて「スキャン及び修復」を選択しました。

すると1分程度で

お使いのドライブは正常にスキャンされました
ドライブのスキャンが正常に完了し、エラーは検出されませんでした。

と出ました。
でも、さっきのメッセージだとファイルに問題がある可能性があると言ってましたよね。

気を取り直して、再度、パソコンにmicroSDのデータをコピーし直します。

今度は無事終わりました。
もしかすると、私のパソコンの電源管理の設定が5分で画面の電源を切る設定になっていたので、画面の電源が切れたタイミングでmicroSDのコピーになんらかの影響が出ていたのかもしれません。(あんまり考えられないんですけどね)

ハードディスクにmicroSDのコピーが完了したあとは、パソコンでmicroSDのフォーマットを行います。
32GBのmicroSDで元の状態がFAT32で使用されていたので、今回もFAT32のクイックフォーマットを実行しました。

クイックフォーマットだとほんの数秒で終わりますね。

続いては、パソコンに保存しておいたデータをまた、microSDにコピーし直します。

一般的にこういった記録デバイスは読み込みよりも書き込みの方がスピードが遅いので、これはパソコンにデータをコピーした時よりも時間がかかります。
当然、値段の高い高性能なSDだと読み込み速度と書き込み速度が同じくらいのもありますが、32GBのmicroSDなんていうのは、安いものは1000円程度からありますからね。
壊れたら使い捨ての状態だと思います。

特にスマホの場合、microSDに入れるデータというのは、比較的容量の大きくなりそうな画像データや音楽ファイルになると思います。
画像データはGoogleフォトで同期をしていれば、microSDは同期されるまでの一時的な保管場所にすぎませんし、音楽ファイルも普通はパソコンで管理をしていて、必要な曲だけコピーして持ち歩くという使い方が多いと思いますので、高価な読み書き速度の出るmicroSDを購入するメリットは少ないかと思います。

ただ、スマホで動画を撮る人にとっては書き込み速度は重要そうですね。
私はほとんど動画を撮ることがないので書き込み速度にこだわったことはありませんが、最近のスマホでは4Kといった高解像度で動画を撮影することも可能です。
こういった高解像度の動画は、書き込み速度が速くないと撮影を記録するのに間に合わないといったことが起きるのです。

と、パソコンからmicroSDにファイルをコピーしつつ、この記事を書いています。
現在のところ23%のコピーが完了して、残り時間約1時間20分。残りの項目15.6GBです。
コピー中の速度を見てみると、速度が下は3MB/sから上は8MB/sあたりで上下しています。

平均して4MB/sあたりでしょうか。
今は32%が完了。
残り約40分に縮まりました。
残り13.7GBです。

13.7GB=13.7*1024=14,028.8MB
14,028.8MB/4MB/s=3,507.2s=58.45min

やっぱり、コピーが終るまでにはあと1時間くらいはかかりそうです。
ちなみに今は38%が完了
残り約55分と延びました。
残りの項目は12.6GBです。(10:37現在)

10:47現在
53%完了
残り時間約30分
残りの項目9.4GB

ちなみにこのmicroSDが入っていたGalaxy S7 edgeですが、同じ製品の色違いを私も持っています。
入れているアプリのせいもあると思うのですが、今回microSDが壊れたと言ってきた家族のGalaxyはカメラを使うと熱でカメラアプリが終了することが多かったです。

私のGalaxyはそれほどカメラを多用することがなかったせいか、カメラ使用中に熱でカメラアプリが終了することはありませんでした。
今回のmicroSD壊れた騒ぎ?、たとえ今日の私の作業でまたmicroSDが使えるようになったとしても、Galaxy本体の熱のせいでmicroSDが壊れたのだとすると再発する可能性があります。

再発した場合には、まずは他のmicroSDを入れて使ってみてまた壊れるかどうか。
壊れるようなら、Galaxy S7 edge本体の点検や修理が必要になるかもしれません。

11:11現在
84%完了
残り時間約10分
残りの項目3.0GB

11:21すべてのコピーが完了しました。
コピー中の残り時間は、終わるころになるとより正確になりますね。

あとは、このmicroSDを家族に渡して、しばらく使ってもらう予定です。
また、エラーが出たら記事にしますね。

最後にこの記事に画像を載せようとmicroSDの写真を撮ってみたのですが、よくみると丸に10。
つまりクラス10(最低保証速度読み書き10MB/sec)の表示がありました。

壊れたmicroSD 32GB

壊れたmicroSD 32GB

よくわかるSDカード|SDカードの種類から選び方まで|GREEN HOUSE
http://www.green-house.co.jp/campaign/products_special/sd_card/#speed

まぁ、カードリーダーライターの性能にもよりますが、我が家の環境では10MB/sの速度は出ていなかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする