2ちゃんねる用にWebMoney(ウェブマネー)を買ってみた

WebMoneyのプリベイドカード)(表面)
WebMoneyのプリベイドカード)(表面)

先日、出先で食事をしつつスマホで2ちゃんねるを見てました。
あるスレッドで質問がされていて、私がわかるような内容だったので、5分か10分位かけてその質問に対する回答を書き、書き込みボタンを押しました。
それで、スレッドを確認してみたら私の書き込みがありません。
更新を押しても現れず。

噂には聞いていたのですが、おπ送り(たぶん「おっぱいおくり」と読む)という状態のようです。

おπ送りについては下記サイトを参照してください。

おπ送りになる理由は2ちゃんねるを荒らす「嵐」と呼ばれる人の書き込みを防ぐために、嵐が使ったプロバイダーやブラウザを2ちゃんねるの運営側が規制しているようです。

このおπ送り。
2ちゃんねるを読むだけなら、嵐を防ぐためだから仕方がないかと思えるんですが、私がしたかったのは書き込みなんですよね。
今回私は質問に対する回答を書き込みたかったんですが、質問する方の立場になると問題解決のために早く書き込みたいと余計に思うと思います。

まぁ、問題解決のための掲示板サイトは他にもいろいろあるんですけどね。

私の場合は教えたがりの性格なので、自分が知っていることは教えてあげたいという欲があります。いわゆる承認欲求ですね。このブログもその承認欲求のかたまりと言えそうです。

承認欲求については、ちょっとググったところ、トップに表示されたサイトがわかりやすかったので貼っておきます。

WELQ(ウェルク)は、あなたのココロとカラダの悩みをスッキリ解消できるヘルスケア情報のキュレーションメディアです。健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容情報まで、ヘルスケアに関する情報が満載です。

さて、話しが少し飛びましたのでもとに戻します。

おπ送りの問題点の一つは書き込めないことです。
もう一つは、書き込めると思って書いていた文章が無くなってしまうということです。

これは書き込む前にエディターなどにテキストを打って、それをコピペして使えば防げたはずです。
ですが、私はこれをしていませんでした。直接、2ちゃんねるブラウザの返信画面に打っていました。
おかげで自分にとってはじっくり考えて打った大作?はどこかに吸い込まれてなくなってしまいました。

私の場合、なぜおπ送りになったのかについては推測が立っています。
それはその時使っていたスマホの回線が0 SIMであったこと。
使っているブラウザが2chMateだったこと。

それぞれ該当の2ちゃんねるのスレッドで話題になっていたんですよね。

それなのについつい手元にある端末で2ちゃんねるを読み、それに対して返信をしてしまったんです。

仕方がないので、mineoの回線の入ったスマホでブラウザは変えずに再度、数分かけて文章を打ち書き込みをしました。
たぶん、最初に打っていた回答よりも簡略化してしまったと思います。

こちらもmineoの回線からは書き込めるという情報を事前に知っていたからです。

私は今月、維持費の安さから0 SIMを申し込み、それを現在のメイン端末に挿して使っています。
ただ、0 SIMについては、その維持費の安さから2ちゃんねるで嵐(荒らし)をする人が多いんですね。
その為、規制されることが多いようでした。
「でした」というのは、0 SIMであっても書ける板があったんです。
実際、私は0 SIMが届いてから数日後に、いつも読み書きしている板であえて0 SIMで書き込みをしたことがありました。

その時に書き込めたので、2ちゃんねるでは書き込めない板があると書いてあったけど、自分がいつも読み書きしてるところでは書けるんだ。良かったと思ったものです。

それがいつの間にかその板でも0 SIMは規制されて、書けなくなってしまっていたのでした。

このおπ送りの対策法は2つあります。
一つは嵐が使っているプロバイダ(いわゆる格安SIM)やブラウザを使わない。
もう一つが浪人というものを使う。
というものです。

私の場合は「今の時点では」書き込み規制の「少ない」mineoのSIM契約がありますので、今のメイン端末に入れている0 SIMと入れ替えるというのが一番手っ取り早い方法です。

ただそれをしないで今回は「浪人」というものを使う方法を選んでみました。

理由はこの先、どのMVNOのSIMをメインに使うか未定なこと。
今使えているMVNOもいつ嵐が荒らし行為をするのに使い始めて規制の巻き添えになるかわからないこと。
2ちゃんねるブラウザの広告表示が消せること。
2ちゃんねるの過去記事も読めるようになること。
等の理由からです。

あと、もう一つ、この記事のネタになること。ですかね。

「浪人」に関してはこちら。

プレミアム会員なら「専用ブラウザから広告除去」や「書き込み規制解除」など2ch.netがより快適に!2ch.netのプレミアムサービス。浪人。

そしてそのサービスを受けるために必要なお金を払う、その方法の一つが、今日の記事のタイトル「WebMoney(ウェブマネー)」というものです。

WebMoneyについてはこちらをご覧ください。

電子マネーWebMoney(ウェブマネー)は、オンラインゲームや電子書籍、音楽ダウンロードなどインターネット決済で最も標準的なプリペイド電子マネー。 コンビニで誰でも購入OK&個人情報不要でセキュリティ面でも安心です。

WebMoneyはコンビニで買うことができます。
最近のコンビニにはこのWebMoney以外にもいろんなプリベイドカードが置いてありますね。
昔はiTunesカードくらいしかなかったと思ったのですが、今はAmazon、Googleストア、LINE等、他にもたくさんおいてありました。

今回買ってきたWebMoneyはこちら。

WebMoneyのプリベイドカード(表面)

WebMoneyのプリベイドカード(表面)

額面の書いていないものです。
下に白いカード状のものが写っていますが、これは台紙の模様で実際には何もカードは付いていません。
ただの厚めの紙です。

これをレジに持っていくと「いくらぶんですか」と聞かれますので、自分の用途に応じた金額を言ってその分のお金を払います。

裏面はこんな感じ。

WebMoneyのプリベイドカード(裏面)

WebMoneyのプリベイドカード(裏面)

中央部分の「ここをコイン等で中央から軽く削ってください」というところを10円玉でこすると16桁の英数が出てきます。

これを先ほどの

プレミアム会員なら「専用ブラウザから広告除去」や「書き込み規制解除」など2ch.netがより快適に!2ch.netのプレミアムサービス。浪人。

から申し込みするときに、クレジットカード支払いではなく、WebMoney支払いを選択し、その先のWebMoneyのページに飛んだ際に入力することになります。

ここから先は間違えると嫌だったのでパソコンでやっちゃいました。
スクリーンショットを撮っていなかったのですが、そんなに迷う部分はありませんでした。

なんだか、今回も記事が長くなってしまったので、とりあえず、今日のところはここまでにしておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする