Moto G4 Plus、Galaxy S7 edge、iPhone SEカメラ比較(ラーメン編)

今日はスマホ3台を持ってラーメンを食べに行ってきました。
持って行った端末は、Moto G4 Plus、Galaxy S7 edge、iPhone SEの3台。
先日行ったカメラ画像比較(空編)では青さが気持ちいいGalaxy S7 edgeに軍配をあげましたが、今日のラーメン画像比較ではどんな結果になるでしょう。

では、さっそく行ってみましょう。
今日はHDRは全てオフの設定です。

まずはMoto G4 Plus。
f値2、シャッタースピード1/33、ISO感度80

Moto G4 Plusで撮影したラーメン

Moto G4 Plusで撮影したラーメン

正直言って、画像が暗いです。
あまり美味しそうに見えません。

次はGalaxy S7 edgeです。
f値1.7、シャッタースピード1/50、ISO感度64
撮影モードは自動です。

Galaxy S7 edgeの自動モードで撮影したラーメン

Galaxy S7 edgeの自動モードで撮影したラーメン

Moto G4 Plusの後に見るせいか、明るく美味しそうに見えます。

次は同じくGalaxy S7 edgeの撮影モードを食事モードにして撮ってみました。
f値1.7、シャッタースピード1/50、ISO感度80

Galaxy S7 edgeの食事モードで撮影したラーメン

Galaxy S7 edgeの食事モードで撮影したラーメン

肉の色が黄色味を増して、より美味しそうに見えますね。
食事モードは強調範囲を自分で調整できるのですが、この写真では丼いっぱいに広げて撮りました。
それでもネギから後ろ側はぼけている感じですね。

最後はiPhone SEです。
f値2.2、シャッタースピード1/30、ISO感度40

iPhone SEで撮影したラーメン

iPhone SEで撮影したラーメン

HDR自動にしてありましたが、iPhoneの写真アプリで見るとHDRはオフで撮影されていました。
色合いはGalaxy S7 edgeの自動モードに似ていますが、ピントはこれが一番合ってる感じですね。
色合いの正確さはともかく、被写体を正確にピントを合わせて撮るという点ではiPhone SEのカメラが一番だと思います。

さて、今日のカメラ画像比較ラーメン編、いかがだったでしょうか?
正直言って、Moto G4 Plusでのラーメンはイマイチだと思います。
色合い的にはやはりGalaxy S7 edgeが一番美味しそうに思えました。
ただ、ボケがちょっとどうかなっていうのがあります。特に食事モードの時は顕著ですね。
パッと撮って、さっさとラーメンを食べて、後から色合いをいじるにはiPhone SEが素直かなって思います。
ただ、撮った画像をそのままSNSにアップするなら。Galaxy S7 edgeの自動モードで十分かなって思いました。

今回でカメラ画像比較は2回目ですが、やはりGalaxy S7 edgeのカメラ画像は綺麗ですね。
点数でいうと、Galaxy S7 edgeは常に80点以上は与えられると思います。
iPhone SEは色合いが誇張されていないので地味ですが75点以上。
Moto G4 Plusは残念ながら、カメラ画像という点でいうと60点台といったところかと思います。

まぁ、Moto G4 Plusの値段はGalaxy S7 edgeの半分以下ですので、そこは仕方がないですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする