半日かけて書いていた文章がなくなった話し

By: Idibal - CC BY 2.0

皆さんはパソコンで文字を入力するときに、どんなIMEを使っていますか?
私は今まで、Microsoft IMEを使っていました。

でも、このMicrosoft IMEとブラウザのChromeと相性が悪いんです。
一日数時間、パソコンを使っていると、ブラウザ内での文字入力に固まることが出てきます。
一度この現象が出ると、パソコンを再起動するしかありません。

以前、mineoのサポートとチャットでやり取りをしている時に、この現象が起こりました。

数文字打つと、何秒間も次の文字が画面に表示されなくなります。
相手の方では、私が入力するのを待っているので、気は焦るのですが文字が付いてきません。
パソコンを再起動すれば、復旧するのはわかっているのですが、サポートとのやりとりはまだ終わっていません。

結局、この時は相手をだいぶ待たせながら、こちらが聞きたかったことを確認することができました。

この現象をググってみました。
検索キーワードは「microsoft ime chrome 固まる」。

参考にしたサイトはこちら。

Windows 10 の IME でブラウザ等に文字入力しようとするとフリーズする – マイクロソフト コミュニティ
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-ime/windows-10-%E3%81%AE-ime/41a0b5f2-f10b-405e-946b-3e89658c15fc

[Windows 10] Chromeで文字入力すると固まる現象の対策 | 気ままにライフ
http://kimamanilife.com/archives/697

ググった結果のトップ2です。

予測変換の文字数と固まるときの文字数が一致しています。
私の場合、Microsoft IMEの予測変換に慣れてしまっているので、これを切ってしまうのは惜しく思いました。
結局はMicrosoftのアップデート待ちと言われながら、既に半年以上が経ってしまっていますよね。
その間にWindowsのアップデートは何度もあったと思いますがいまだに解消されていません。

私はその後、Google日本語入力を追加インストールしました。
固まっても、Google日本語入力に切り替えれば、また文字入力が続けられることがわかりました。
それで長時間パソコンを使っていて、固まったときは一時的にGoogle日本語入力にして、その場を終わらせ、折を見てパソコンの再起動をかけるという方法をとり、基本はMicrosoft IME(Windows10)を使っていました。

そして、悲劇は昨日起こりました。

昨日の午後から4時間くらいかけていたでしょうか。
sakuraエディタ上でブログの記事を書いていました。

そこで突然、文字入力が出来なくなりました。

この現象は、先に書いたChromeブラウザの件とは別です。
今まで、Microsoft IMEで文字入力が出来なくなるのはあくまでChromeブラウザ内のテキスト入力でのみでした。
ですから、悪いのはMicrosoft IMEではなく、sakuraエディタ側かパソコン側かもしれません。

結局、パソコンを使うにはsakuraエディタを「タスクの終了」するしかありませんでした。

悪いことに、昨日は書き始めから一度も保存していなかった文章だったので、sakuraエディタの自動保存も効いておらず、「タスクの終了」をかけた結果、書きかけの文章が全て失われました。

そんなわけで昨日の記事は2度目に入力したものです。
1度目はあちこちのサイトのアドレスなどを拾って、記事中に盛り込んでいた部分があったのですが、フリーズして文章が無くなり、もう一度探してきて打つ気力がなくなってしまいました。

そんなわけで、昨日の記事は自分でも消化不良なものとなってしまいました。

今日のこの記事も、またMicrosoft IMEで打っています。

Google日本語入力にデフォルトのIMEを切り替えようかと、ググってやってみたのですが、実際に文字を入力してみるとMicrosoft IMEの予測の方が自分には合っているんですよね。
まぁ、Google IMEをもっと使い込んで、辞書を自分になじませる必要があるのかもしれません。
とりあえず、今日のこの文章は一度も固まらずにここまで打てました。
明日はどうなるかわかりませんが、時々、エディタ上で上書き保存しながらこれからもMicrosoft IMEを使い続けると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする