ゲオで OCN モバイル ONE のSIMを1円で買ってきた

By: Mahender G - CC BY 2.0

私の身の回りだけかもしれませんが、Twitterやごく一部のYouTuberの間では FUJI Wifi の件で盛り上がっていますね。

そんな中、私はゲオで OCN モバイル ONE のSMS付きデータ用SIM を1円で買ってきました。

1円で売っていたOCN モバイル ONEのSIM

1円で売っていたOCN モバイル ONEのSIM

この1円でSIMが売っているというニュースはネットで見ていたんですが、どのような状態で売っているのかまでは調べきれていませんでした。

中古ケータイ・スマホ・タブレットの販売も行っております!格安スマホの作り方とご利用までの流れ。中古携帯電話・スマホ・タブレットの販売・買取ならゲオにお任せください!

というのも、MVNOのSIMを契約する場合、店頭でSIMが入っているパッケージを売っているものもあれば、パッケージの中にはエントリーコードしか入っておらず、ネットで契約をする際に、そのエントリーコードを入力することによって初期費用の3,000円を安く済まし、SIMは後から送られてくるというパターンが有るのです。

私がこれまで購入したものとしては、OCN モバイル ONE と YAMADA SIM PLUS がSIM入りパッケージ販売のパターン。

mineoがエントリーコードのパターンでした。

今回のゲオで売っている1円のSIMも、その価格の安さから「エントリーコードしか入っていないものかも」という不安はあったのですが、どうせ1円だし、近くまで来たのでということで購入してみたのでした。

私が行ったゲオでは音声付き用プランのSIMは売り切れていました。

これは現在OCN モバイル ONEが音声プランについては、2か月間、基本料から700円引きのキャンペーンをやっているからだろうと思います。

700円引きというと、データ通信専用SIMと同じ月額料金で音声通話もできるのですから、お得といえばお得ですよね。

また、データ通信専用SIMの契約の場合も1年間通信容量の増量というメリットを受けられます。

詳しくは下記のサイトから詳細を確認してみてください。

OCN モバイル ONE 2016-17冬春キャンペーン実施中!月額700円×2カ月間の割引と1年間、日次コース 50M/日、月次コース 1GB/月 基本通信容量を増量!キャンペーン申込期間:2016年12月1日(木)~2017年4月30日(日)

ちなみに私が心配していた、ゲオで売られている OCN モバイル ONE のSIMは私が去年の5月頃に購入したものと同じく、パッケージにSIMが入っていて、あとはネットから申込みをすればその時点から使えるものになっていました。

ただし、音声通話用のパッケージは本人確認書類の送付などが必要なことから、これは他社と同じくSIMは入っておらず、1円で買ってきても、手数料は1円で済みますが、SIMは後日送付となりますのでご注意ください。

私が購入したデータ用SMS付きのパッケージは、販売期限が「2017年3月31日」までとなっており、申込みの有効期限は「販売期限の3ヵ月後」となっていました。
つまり、今日買ってきた1円のSIMは2017年6月31日までに契約すれば、そのSIMを利用できるということですね。

YAMADA SIM PLUSの時にはヤマダのオンラインショップで購入しSIMパッケージが届いたのは2016年11月17日でした。

ヤマダ電機の通販サイト。全国展開ならではの豊富な品揃え、配送ネットワークで暮らしをサポート。店舗在庫をネットで確認、お近くの店舗で受取り、社員による即日・翌日お届け、プロの設置工事、安心の長期保証などのサービスが満載です。

しかし、その有効期限は2017年11月30日までとなっていましたからね。

YAMADA SIM PLUSが長期に在庫を抱えていたのか、それともOCN モバイル ONEが余裕をみた販売方法をとっているのかはわかりません。

ただし、YAMADA SIM PLUSがMVNO専用の無地のSIMカード台紙だったのに対し、今日買ってきた OCN モバイル ONE は以前からあった、ピンクのドコモと同じSIMカードとなっていました。

今となっては珍しいドコモのピンクカード

今となっては珍しいドコモのピンクカード


MVNO専用の無地のカードはWikipediaを見ると2015年12月からとなっています。

ということは、このゲオで売られていたSIMもだいぶ前に仕入れたもののような気もしました。

さて、今回買ってきた私の OCN モバイル ONE のSIMカードですが、今のところは契約する予定はありません。

でも、DSDS端末をFOMA契約のSIMで使う時には、解約済みでもかまわないので、必ずもう一枚SIMを入れておく必要があります。
このあたりについては、先日、記事にしましたので、よろしければご参照願います。

Moto G4 Plus、ZenFone 3でのFOMA音声契約SIM1枚運用の設定方法
昨日、Moto G4 PlusにFOMA契約のSIMを入れて、通話ができないというコメントをいただきました。 その後、確認して...

もし、手元にそういったSIMが無い場合には、Amazonでも「ダミーSIM」という名前で検索していただくと、100円台から売っています。

Amazon.co.jp: ダミーSIM

ですが、今回ゲオで1円でSIMが売っていますので、契約する気がなくても買ってみてはいかがでしょうか?
必要であれば、初期費用1円でOCN モバイル ONEに加入することもできます。

今回私が買ってきたものは、通信専用nano SIM(SMS付き)です。

音声用はSIMがパッケージには入っていませんので、後日必ず音声契約をするという人以外は論外です。
SMS付きでないSIMもありますが、実際、スマホに入れて使うことになった場合には、セルスタンバイ問題でバッテリーの異常消費やアンテナピクトが表示されない端末もありますので、購入するならSMS付きのをお薦めします。
また、サイズに関してですが、今後はnano SIMサイズのスマホがメインになっていくと思いますので、小は大を兼ねる(小さいサイズのSIMを大きなサイズ用のSIMスロットに入れて使う場合には、サイズを変換するアダプターを使います)という意味でもnanoサイズを買っておくのがいいと思います。

私が今日買ってきて契約していないOCN モバイル ONEのSIMは、Moto G4 PlusにFOMA音声契約のSIMと一緒に入れましたら、FOMA SIMが通話用として利用できました。
これがFOMA SIM一枚ではDSDS端末といえども、音声通話もできませんので必須です。

DSDS端末でFOMA音声SIMを使う際には2枚のSIMが必須です

DSDS端末でFOMA音声SIMを使う際には2枚のSIMが必須です


ゲオのお店は下記のリンクから探してみてください。

宅配DVD・CD、定額のレンタル、動画配信、買取ならGEO Online。ゲオ各店の最新情報や店舗で使える割引クーポン情報も配信中です。スマートフォンの高価買取も実施中!

全てのお店でこのセールがやっているわけではないということですし、既に売り切れているところもあるかもしれません。
ですが、今後、MVNOに移ろうか考えている方、今いるMVNOからOCN モバイル ONEに変更しようと思っている方は、初期費用が3,000円ではなく1円で済むということは、それだけで2か月分くらいの月額料金を浮かせられるということですから、考えてみてください。

ちなみに、OCN モバイル ONE以外のMVNOを検討している方は、Amazonでパッケージを買うのではなく、ヨドバシ・ドット・コムで探してみるといいと思います。

家電製品から、日用品、書籍、ファッションまで幅広いジャンルの商品 430万点以上をご自宅までお届け。日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。店舗在庫をネット上で確認でき、取扱商品すべてお近くの店舗で受取りもできます。

というのも、Amazonは2,000円以上買わないと送料が無料になりません。(Amazonプライム会員を除く)

SIMのパッケージは、たいてい初期費用3,000円よりも安く、1,000円程度で売っていることが多いので、それを単品で買うと送料がかかることが殆どだと思います。

Amazon.co.jp: SIM パッケージ

ヨドバシの方は送料無料なので、私は送料がかかりそうな値段の買い物をする時にはヨドバシを優先的に使っています。
Amazonは「Amazon.co.jp が販売」しているものならある程度安心しているのですが、それ以外の業者が「並行輸入品」と称して販売しているものは、気をつけて購入したほうがいいと思います。

特にmicroSDカードに関しては粗悪品もありますので、私がmicroSDを購入する際は【Amazon.co.jp限定】で「Amazon.co.jp が販売」しているものを購入しています。

FUJI Wifiを申込みできなかった方、申込みを見合わせた方、初めから論外と感じていた方にとっては、今後もよりよいMVNO探しを転々とすると思います。

安くて、サービスが良いなんていうものは、MVNOの場合、長くは続きません。
必ず、噂を聞きつけて、そこに人が集中し、回線の増強が間に合わず、破綻します。

ですから、MVNOを検討している方は、できるだけフットワークを軽くしておいて、キャンペーンを渡り歩くことなどが必要になってくると思います。

そのためには、音声はできればキャリアで残しておき、縛りの無いデータ回線をMVNOの中からその時々に応じて選んでいったほうがいいと思います。

ただ、乗り換えには3,000円程度の契約手数料がかかることが殆どです。
先程もいったように、SIMパッケージはAmazonやヨドバシで格安で手に入ります。
上手に利用して、節約しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする