Xperia XZ F8332 購入しました

By: Tuấn An - CC BY 2.0

ひと月ほど前、 HUAWEI Mate 9 を購入したばかりですが、やはりその大きさと手帳型ケースに入れての運用がどうも私の使い方に合わず、また他の端末が欲しくなっていました。

満足度という点からいえば、 Google Pixel 128GB を購入すればしばらくは物欲も収まるかと思っていたのですが、あいにく私が海外通販で使っている Etoren.com では、米国版しか販売されておりません。

2ちゃんねるで Google Pixel 関連のスレを読んでいると、イギリスにある業者から購入している人が多かったのですが、やはり日本語が通じないネットショップで購入する覚悟はありませんでした。

そんな時に、前回の記事に書いた Xperia Z5 Compact を久々に出してきて使ってみると、やはり手に収まるそのサイズ。
そして、通知バーに件数だけではなく、きちんと通知してきたアプリのアイコンや Battery Mix など通知欄を利用したアプリが動作することなど、標準の通知バーの使い勝手を見直しました。

HUAWEI P9 や Mate9 のステータスバー

HUAWEI P9 や Mate9 のステータスバー

Xperia XZ の ステータスバー

Xperia XZ の ステータスバー

この通知バーの件については、現在、 Android 7.0 にアップデートテスターしている HUAWEI P9 、購入当初から Android 7.0 である HUAWEI Mate 9 ともにホーム画面では通知の件数しか表示されません。

海外版の HUAWEI Mate9 ではアップデートでアイコンが選べるようになったということですが、国内版のアップデートがいつくるかは未定です。

■価格.com人気ランキング:1位 ■満足度レビュー:4.63(32人) ■クチコミ:795件 (※1月10日時点)

そんななか、特に積極的な理由があったというわけではないのですが、 Xperia XZ F8332 を購入してみようかと思い立ちました。

Xperia XZ F8332 というのは、国内版 Xperia XZ のグローバル版 DSDS 端末の名称です。

エクスパンシス

ストレージは国内版が32 GB であるのに対し、 DSDS 版は 64 GB あります。

今、ドコモの音声回線を入れている DSDS 端末 ZenFone 3 のカメラの写りにあまり満足していないので、 DSDS で画面サイズや本体幅が大きすぎない、カメラ機能に満足のいく端末というと Xperia XZ にたどり着くというわけです。

ただ、 Xperia XZ も完璧とは言えません。
RAM は Xperia Z2 の時代から変わらず 3 GB のまま。
Z2 、 Z3 、 Z4 、 Z5 、 X Performance 、そして今の XZ と5代前から変わらずです。

Xperia Z2 が発売開始されたのが、2014年5月21日。
あれから、2年半以上経っているんですけどね。 RAM 容量に関しては進化していません。

今回の Xperia XZ に期待することは、 HUAWEI P9 や Mate9 だとフロントカメラがちょっと画角が狭いんですよね。
記念写真にセルフィーをたまに使うのですが、一人だけならまだしも、2人以上になると腕を精一杯伸ばしても背景がうまく収まらないことがあります。

今は SIM を4台の端末に入れていますが、最終的には2台程度にまで絞りたいところ。

そうなるとなるべく1台の端末でオールマイティに使えるものを残しておきたいと考えています。

ただ、通話録音の機能は ASUS の端末にしかないので、 ZenFone 3 も残しておきたいですし、背景ボケは HUAWEI のデュアルレンズ搭載端末 P9 や Mate9 がいい写真を残してくれます。

今日は HUAWEI P9 に入れていた SIM や microSD を取り出して、 Xperia XZ に入れ替えてみましたが、最終的にどのような形に落ち着くのか、しばらく試行錯誤してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする