ネットに繋がりにくい理由はWi-Fiルーターの接続台数制限にありました

By: Firecracker PR - CC BY 2.0

ここ最近、我が家でスマホやタブレットをいじっていると、どうもネットに繋がりにくいことがありました。

初めのうちは、「接続先が混んでるのかな」とか「プロバイダでなにか障害が起きてるのかな」と思っていました。

しかし、先日、日中は普通に使えていた端末が、ある時間帯から繋がらなくなることに気が付きました。
それは、普段、外にいる家族が家に帰ってきた時です。

きっかけは家族の「 PC で見るネットが遅いんだけど、そっちは繋がる?」と聞かれたことでした。

それ以前までは私が普段どおりに使えていた回線です。(固定回線です)

何が原因かと思って、今までと何が違うかを考えてみました。

スポンサーリンク

原因は私のスマホの出しすぎ

すると、これまで私がテーブルの上に置いていた端末が、ここ数週間の間にかなり台数が増えていたのです。

私は SIM を契約しているのは4枚ですが、普段家にいる時には家の固定回線から Wi-Fi ルーターで電波を飛ばし、それを各端末で利用しています。
ここ数週間、購入したばかりの端末と前まで使っていた端末を全てテーブルに置いたままにしてあり、アプリの設定などの違いをそれぞれ同じくするために使っていたのでした。

結果として、私だけでスマホ8台、タブレット1台、自分の PC 1台の計10台が Wi-Fi に繋がっていました。

そこへ家族がスマホを持って帰ってくると、そのスマホや家族用の PC がネットに繋がりにくくなっていたのです。

キーワードは「 Wi-Fi 接続台数 」

ググってみたのは「 Wi-Fi 接続台数 」。

この検索キーワードでトップに来たサイトをみたら、「10台程度」という言葉が出てきました。

これに私が今使っている、 Wi-Fi ルーターの機種名を合わせて検索すると、同じように「10台程度」という数字が出てきました。

結果的には、私が一人で家にいてパソコンやスマホを使っている分には、その制限台数に達していなかったのですが、家族が帰ってきて Wi-Fi に繋がる端末が増えると、ネットに繋がりにくい現象が発生していたというものでした。

とりあえず、私がテーブルに置いていた端末で使っていないもののうち数台の Wi-Fi 接続をオフにしたら、改善されました。

その後、しばらく使わなくていいかなというスマホを数台片付けて、現在は最大でも10台以内の端末だけが Wi-Fi 接続するようにして使っています。

それでも、タイミングによっては、ネットに繋がりにくいという現象が起きています。

もう少し、私が使用している端末を片付けるか、より同時接続台数が多い高性能な Wi-Fi ルータを導入する必要があります。

下記リンク先はバッファローの「よくある質問」のページです。
これをみると、

上記ページの利用人数は、1人最大3台の無線機器(パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機など)× 人数分 が同時に無線接続した場合に快適にインターネットができることを想定した人数です。

とされており、その「上記ページ」にある「無線親機一覧」のページには「利用人数6人」とされた Wi-Fi ルータが最上位スペックルーターとして掲載されております。

つまり、最上位スペックの Wi-Fi ルーターを購入すれば最大18台までの端末が利用可能と読めます。

我が家の Wi-Fi ルーターは購入してから、既に4年ほど経過しておりますので、今度新しく購入する場合にはこの同時利用台数がもっと多いものを購入したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする