今さらAmazonプライムとKindle Unlimitedに加入しました

By: James Cridland - CC BY 2.0

おそらく、 YouTube やブログ等で商品レビューをしている方なら、とっくに加入済みのサービス Amazon プライム に今頃加入しました。

私はこれまで、 Amazon で買い物をするのは送料が無料になる2,000円以上になるものしか買っていませんでした。

そうでないものは、 ヨドバシ.com で買ったほうがどんなに低価格のものでも送料無料で買い物ができますからね。

スポンサーリンク

どうして今頃?

先月、私がチャンネル登録をしている YouTuber の「里ちゅーん」さんが Amazon プライムに登録され、その後、 Fire タブレットを購入していることを知ってから、徐々に私の中にも Amazon プライム に対する興味が湧いてきました。

さらに、もう一つ、私に考えを改めさせる動画を配信している方がいらっしゃいました。
それがこちら。

Pasocompass さんの動画です。

こちらは、 Amazon プライムというよりも、同じ Amazon のサービスの一つである Kindle Unlimited について、説明をしていた動画です。

動画の中で紹介されている言葉を書き起こしておきます。

書籍として発行されているという事は、キチンと第三者の評価を経た上で世に出されたものなので、ある程度の品質は保証されているわけです。
ブログみたいに、完全に自分の主観だけで書かれたものではないのです。

(中略)

情報の質が高く、かつわかりやすくまとまっているのです。

特に Kindle Unlimited で有り難いと思うのは、ネットだと雑音が多い分野です。

引用:管理人の「環境」紹介(8/*)~KindleUnlimited-信頼できる情報はやっぱり書籍に限る!!…かも知れない[キンドル,アンリミテッド] – YouTube

この言葉を見て聞いた時に、私がこれまで情報の収集源としていた2ちゃんねるや Web サイトというのは情報の速報性については価値がありますが、その真偽については疑問だらけのものがあります。

それらに対し、書籍として出版されたものに関しては Pasocompass さんがおっしゃっていたように、その情報のソースについて、かなり評価の高いものがあると判断しました。

また、最近、ちょっとネットの世界に疲れてきたというのもあります。

目先の情報ばかりを漁っていて、自分の中に得るものがどれだけあるのかと我に返ったのです。

私が小学生の頃は本の虫でした。

一度読み始めたら、止まらなくなり、通学の途中も歩きながら本を読んでいた記憶があります。
また、本屋さんに行くと数時間ずっと立ち読みしていた時期もありました。

そんな私が本から興味が無くなっていったのは、ネットにハマるようになってからです。

家の中の暖かいところでずっと2ちゃんねるを読み漁り、そこに貼られたリンクを見て回り、そして、いつしか YouTube のチャンネル登録をし、他の人が作った動画を見て回るようになりました。

Amazon の有料サービスを試してみた

今回、里ちゅーんさんが Amazon プライムに加入したことと、 Pasocompass さんが Kindle Unlimited について動画を作成されたことから、改めて Amazon のプライムビデオ、 Kindle 本 について試してみたくなりました。

まず手始めに行なったのは、 Android タブレットである Xperia Z3 Tablet Compact に電子書籍用アプリ Kindle を入れてみました。

小説からコミック、雑誌、洋書ほか、無料タイトルも含む豊富な品揃えをスマートフォンやタブレットで。

Amazon のプライム会員や Kindle Unlimited 会員になっていなくても、無料の本をダウンロードし Kindle アプリ上で読むことができます。

漫画を何冊かと著作権が切れた古い本を数冊購入してみましたが、内容的に私の好みに合わず、最後まで読み終えることはありませんでした。

しかし、昨日、出会った本は面白かったです。
久しぶりに、短編ですが小説を読み切りました。

探偵・日暮旅人の探し物<探偵・日暮旅人> (メディアワークス文庫) Kindle版

内容は、下記のドラマの元になったものとのことなので、既にテレビでこのドラマを見ていた人もいるかと思います。

日テレ「金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画 視覚探偵日暮旅人」公式サイトです。

この本がどうして今、期間(2017年3月31日まで)限定で無料配信されているのか、この「日暮旅人」というキーワードでググりましたら一発でわかりました。

2017年1月22日から、またテレビで放送が開始されていたんですね。

私はここ数か月テレビを見ていないので、どんなドラマが今流行っているのかわかりません。
ただ、サイトでこのドラマの配役を見ると、私が昨日小説を読んで頭に浮かんでいた映像とうまくダブらせることができました。

小説は頭の中で自分だけの人物像を思い描きます。

小説から先に入り、後からテレビや映画をみると細かい内容の違いや人物像が異なるということがよくあります。

そういった意味では、小説が原作であるものは、小説だけ読んで映像では見ないほうがいいのかもしれませんね。

あと、プライムビデオも今日、一本だけみてみました。

みたのはこちら。

孤独のグルメ

テレビでこのドラマをやっていた頃は全く見たことがなかったのですが、お昼時に見たせいもあり、すごいお腹が減りました。

しかし、再生時間が23分というのは驚きです。

この手のドラマというのは、リアルで見てると1話45分位の枠で放送されているんですよね。
いかに生で見ると、コマーシャルが多かったのかと思い知らされます。

電子書籍やプライムビデオを一つずつ無料で読んで、見てみて思ったのは、「これ、続きがあるものは無料で見ちゃいけないな」ということでした。

最初の一巻や一話だけ、無料で視聴できて、いいところからは課金というと、まんまと Amazon の策略にハマります。

まぁ何事も無料というのは、怪しいと私は思っていますので、そこは深入りしないようにしたいと思っています。

あと、今日、プライム会員になってみて試してみたことの一つに Prime Music というのがありました。

これは、パソコンで聴いたのですが BGM として聴く分には最高ですね。
私は普段はレンタルした CD や購入した CD を iTunes に登録して聴いているのですが、手元に音源がなくても Prime Music でみつかれば、かなり高音質で聴くことができます。

正直なところ、 Kindle Unlimited に関しては、月額980円という料金と自分が読書をするタイプの人間かどうかという点で加入する価値がかなり変わってくると思います。

しかし、 Amazon プライムに関しては、年会費税込み3,900円というのは私にとっては安いと思えました。

送料を無料にするために1か月間だけ加入するなら、他のサービスも試してみたほうがいいと思います。

他のサイトだとひと月当たり325円という書き方をしますが、その手の表示の仕方はうさん臭い「1日当たりにするとコーヒーたった一杯分なんですよ」っていう詐欺商法に近いので私は好みません。

一緒に注文したもの

私は形から入るのが好きなので、さっそく、下記のものを注文しました。

Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

【Made for Amazon認定取得】 SanDisk 128GB microSDXCカード (スピードクラス Class10, UHS-I, 最大転送速度: 48MB/s)

Amazon Fire HD 8 (Newモデル) 用カバー ブラック

Fire HD 8 (Newモデル) 用 事故保証プラン (3年・落下・水濡れ等の保証付き)

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

Kindle Paperwhite 用 事故保証プラン (3年・落下・水濡れ等の保証付き)

前から Amazon プライム会員であれば割引きクーポンを使えたり、セールをやっていた時期もあったようですが、こういうのは欲しいと思った時が買い時だと私は思いますので後悔はしません。

私の場合、 Xperia Z3 Tablet Compact に替わる Android タブレットを新調するのが先のような気もしますが、 Amazon コンテンツは Fire タブレットでないと microSD への保存ができないということなので、あえて Fire タブレットを購入してみました。

Fire タブレットに Google Play ストア等を入れて、 Android タブレットとして利用する方法もあるようですが、しばらくは Amazon 専用機として使ってみようと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする