Amazonで2段階認証設定していますか?

By: dailylifeofmojo - CC BY 2.0

今まで、 Amazon で買い物をしていて、不安だなって思ったことはありませんか?

私はあります。
お金を消費するサービスの典型、ネットショッピング。

メールアドレスとパスワードで簡単に買い物ができます。

それなのに、これまでパスワードによるセキュリティしかありませんでした。

他のサービスでは、いつもと違った端末からのアクセスだとメールでお知らせしたり(例: Twitter )、 SMS や2段階認証用アプリによるワンタイムパスワードの入力。

こういった防衛措置が可能ですが、ネットショッピングではそういった措置が取られていません。

私は今回、 Amazon プライムサービスに加入し、 Fire タブレットも購入したのですが、この端末をその辺りに置き忘れたら Android 端末のように場所を探す機能はありません。
また、他の人がこのタブレットを使って勝手に商品を購入する可能性もあります。

ですから、 Amazon でも2段階認証のシステムがあったらなと思っていました。

スポンサーリンク

日本のアマゾンでも2段階認証が始まっています

それで、とりあえず、「 Amazon 2段階認証」のキーワードでググったら、ありました。

グッグッた結果、上の方にあったのはアメリカの Amazon.com での2段階認証についての記事でした。
アメリカでは2015年11月20には2段階認証が取り入れられてたんですね。

日本の Amazon.jp はと思ったら、出てきました。

Amazon.co.jp ヘルプ: 2段階認証について

設定に使えるのは、 SMS や Google 認証システム などのアプリ。

2 段階認証を有効にしてアカウントを不正使用から保護できます。

私は他の2段階認証システムは上記の Google のものを使っているので、 Amazon の2段階認証も Google のアプリで行いました。

しかし、後からアマゾンの

お客様のアカウント>アカウント設定を変更>高度なセキュリティ設定

を確認してみると、

「第一手段」として「認証アプリ」
「バックアップ手段」として私がアマゾンに登録している「携帯電話の番号」が掲載されていました。

認証アプリを使う設定にすると自動的に「携帯電話による SMS 認証」がバックアップ手段として設定されるようです。

日本のアマゾンでも取り入れられた2段階認証システム

日本のアマゾンでも取り入れられた2段階認証システム

全てのサービスに2段階認証を設定してください

最近話題の高速定額モバイル Wi-Fi レンタルサービス。
2ちゃんねるを読んでいると、メールアドレスが漏れた、会員登録が必要になった、申込みに身分証明書の添付が必要になった等、話題が絶えません。

こういったサービスに登録する際、メールアドレスやパスワードを使いまわししていませんか?

パスワードの使い回しは当然止めるべきですが、2段階認証システムが取り入れられているサービスに関してはすぐにでも取り入れるべきだと思います。

今回、日本の Amazon で2段階認証が始まったことに関しては、取り上げているメディアが殆ど無いようです。

もし、この記事をお読みの方で Amazon に会員登録をしている方がいらっしゃいましたら、なるべく早めに2段階認証の設定をすることをお薦めします。

また、この記事で2段階認証というものを初めて知ったという方は、最低限 Google のアカウントに関してだけでも2段階認証を取り入れてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする