OnePlus3TをOTAを待たずにOxygenOS 4.1.0 (Android7.1.1)にアップデートする方法

Photo credit: Răzvan Băltărețu via Visualhunt.com / CC BY-SA

昨日の記事で懸案だった Galaxy S7 SM-G930FD の Android 7.0 へアップデートが完了した旨を書きました。

この1週間、ほぼ OnePlus 3T の記事を書いてばかりで遅れてしまいましたが、私の持つ Galaxy S7 ( SM-G930FD シ...

これを書かないと、次のことに進めない気がしていたんですよね。

今日は私が最近買った OnePlus 3T のアップデートについて書きたいと思います。

OnePlus 3T のアップデート状況は下記のリンク先からわかります。

私が購入後に最初に来たアップデートは OxygenOS 4.0.3 でした。

Added Wi-Fi IPv6 Support toggle Optimized Smart Wi-Fi Switcher, if turned on, device will switch to data connection if Wi-Fi signal is consistently p

このアップデートによって、私の OnePlus 3T は販売開始時期のバージョン OxygenOS 3.5.1 ( Android 6.0.1、 Android セキュリティパッチレベル 2016年10月1日)から2017年2月13日に公開された OxygenOS 4.0.3 ( Android 7.0、 Android セキュリティパッチレベル 2016年12月1日)へ更新されました。

昨日、一昨日との記事にわけて、購入から初期セットアップ時までの状況を書きました。

その後、2ちゃんねるをみていると、 OnePlus 3T に Android 7.1.1 が来ていることがわかりました。
また、 OnePlus の Community を見ていると、2017年3月16日に OxygenOS 4.1.0 (7.1.1) OTA for OnePlus 3T についての書き込みがありました。

Hi all, We are starting the incremental roll-out of OxygenOS 4.1.0 (7.1.1) OTA for OnePlus 3T. (Note: Link to the OnePlus 3 post here) Here are some...

Community の内容は英語ですが、 Google 翻訳を通して読めば内容はなんとなく理解できます。

アップデート内容を日本語に翻訳すると下記のようになりました。

  • アップグレードされたAndroid 7.1.1
  • Googleのセキュリティパッチが2017年3月1日に更新されました
  • 拡張スクリーンショットを追加
  • ぼやけの軽減された動く物体の写真撮影の改善
  • 録画時のビデオの安定性向上
  • 改善されたWiFi接続
  • ブルートゥース接続の改善
  • 一般的なバグ修正

OTA ( Over The Air )、いわゆる無線ネットワークを使ったアップデートは徐々に広げられると書いてあります。

しかし、 Community にアップデートの書き込みがあった日から10日間、私は毎日

「設定>システムアップデート」

を確認していたのですが、私の端末には更新プログラムが落ちてきませんでした。

普通に確認するとアップデートは来ていません

普通に確認するとアップデートは来ていません

また、上記の Community ではインドのユーザーを中心に世界中のユーザーから、「 OTA がまだ来ない。いつ来るんだ?」というコメントで溢れています。

そんな Community の中でも目につくコメントが、「 Opera VPN を使ってアップデートできる」というもの。

私もさっそく、試してみました。

日本では OnePlus の製品を輸入して使っている人は少ないと思いますし、使っている人にとっては既に当たり前のやり方なのかもしれません。

でも、私のブログを読んで興味をもった人や世界中で OnePlus 3T の OTA アップデートを待つ人の目に止まれば幸いです。

スポンサーリンク

目次

アップデート前

まずはアップデート前の状態を記録しておきます。

端末の状態

OxygenOS バージョン 4.0.3
Android バージョン 7.0
Android セキュリティパッチレベル 2016年12月1日
ビルド番号 ONEPLUS A3010_28_170208

アップデート前のシステム情報その1

アップデート前のシステム情報その1

アップデート前のシステム情報その2

アップデート前のシステム情報その2

ストレージの内訳

ストレージ内訳はこちら。

アップデート前のストレージ容量とその内訳

アップデート前のストレージ容量とその内訳

OnePlus 3T を OTA を待たずにアップデートする方法

Google Play にて Opera VPN で検索します。

Opera VPN でアプリを探します

Opera VPN でアプリを探します

正式名称は「 Opera Free VPN – Unlimited VPN 」です。

オペラVPNによるアクセスウェブサイト、アプリ、かかわらずの位置とブロックの広告トラッカー
このアプリをインストールします

このアプリをインストールします

これをインストール。

インストール中

インストール中

アプリを「開く」

アプリを開きます

アプリを開きます

とりあえず、説明を読み進めていきます。

「始めましょう」をタップ

「始めましょう」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

読みながら「>」をタップ

「解りました」をタップ

「解りました」をタップ

最後の「解りました」をタップすると次のような注意メッセージが表示されます。

ちょっと不安になりますが「OK」をタップ

ちょっと不安になりますが「OK」をタップ

「 OK 」をタップ。

「接続済み」をタップ

「接続済み」をタップ

この時点ではまだ VPN 接続はされていません。

「接続済み」をタップすると「接続中」になります。

ステータスバーの右上に鍵マークが点くと、 VPN 接続されたことがわかります。
私の場合は「オランダ」の VPN サーバーに接続されました。

オランダに VPN 接続されました

オランダに VPN 接続されました

Community のコメントでは接続先を「ドイツ」か「カナダ」にするとアップデートできると書いてありました。

「地域を変更」をタップします。

「ドイツ」か「カナダ」をタップ

「ドイツ」か「カナダ」をタップ

選択できる VPN サーバーの一覧が表示されます。
私は「カナダ」を選択しました。

接続先が「カナダ」に変更されました。

地域の切り替え中

地域の切り替え中

「カナダ」に接続されました

「カナダ」に接続されました

この状態で OnePlus 3T の 設定 > システムアップデート を開きます。

すると先程までは、「お使いのシステムは最新の状態です」というメッセージだったのに、今度は「今すぐダウンロード」のメッセージが表示されました。

アップデート内容は先程の Community にかかれていたものと同じですね。

  • Upgraded Android 7.1.1
  • Updated Google security patch to 1st March 2017
  • Added expanded screenshots
  • Improved picture taking of moving objects with blur reduction
  • Improved video stability when recording
  • Improved WiFi connectivity
  • Improved bluetooth connectivity
  • General bug fixes
最新のアップデートが降ってきました

最新のアップデートが降ってきました

この画面が表示されたら、もう「 Opera Free VPN 」アプリに用はありません。

Opera といっても、現在は中国の企業に買収されています。
OnePlus 3T という中国製端末を使っておいてなんですが、本来はセキュリティアップの為に使う VPN がそこで情報を抜かれる可能性もあります。
私はアップデート通知のみ受信できた段階で「 Opera Free VPN 」アプリをアンインストールしました。

用が済んだらアンインストールします

用が済んだらアンインストールします

アンインストール中

アンインストール中

Opera VPN アプリのアンインストール完了

Opera VPN アプリのアンインストール完了

画面を再度、「システムアップデート」の画面に切り替えます。

私は「履歴キー」で画面を切り替えました

私は「履歴キー」で画面を切り替えました

「今すぐダウンロード」をタップ。

「今すぐダウンロード」をタップ

「今すぐダウンロード」をタップ

353 MB の更新用ファイルがダウンロードされました。

アップデート用ファイルのダウンロード開始

アップデート用ファイルのダウンロード開始

私の通信環境では約2分でダウンロード完了です。

「今すぐアップグレードするには再起動します。」という文字の部分をタップします。

「今すぐアップグレードするには再起動します。」という文字の部分をタップ

「今すぐアップグレードするには再起動します。」という文字の部分をタップ

「更新」、「再起動」が始まります。

更新中の画面はこんな感じです。

更新の準備中

更新の準備中

再起動中

再起動中

再起動後のアップデート中の画面

再起動後のアップデート中の画面

アップデート完了

約10分後に再起動が完了し、ホーム画面が表示されました。

アップデート完了

アップデート完了

アップデート後

システム情報

OxygenOS バージョン 4.1.0
Android バージョン 7.1.1
Android セキュリティパッチレベル 2017年3月1日
ビルド番号 ONEPLUS A3010_28_170313

アップデート後のシステム情報

アップデート後のシステム情報

expanded screenshots (スクロールスクリーンショットの良し悪し)

このスクリーンショット。
Galaxy S7 や HUAWEI P9 、 Mate9 にも同様の機能がありますが、いわゆる「スクロールスクリーンショット」と呼ばれるものです。
これが今回のアップデート内容の一つ、「 Added expanded screenshots 」(拡張スクリーンショットを追加)ですね。

この機能、 Galaxy S7 では単ページでスクリーンショットを止めるか、スクロールして続きを撮るか、設定メニューで選択することができます。

HUAWEI の端末は、設定メニューにはそういった項目はありません。

1画面のみのスクリーンショットを続けて撮りたい時は、「続きを撮る」マークが消えるのを待たなくてはいけません。

OnePlus 3T に今回追加されたこの「スクロールスクリーンショット」は残念ながら、 HUAWEI と同じ方式です。
いちいち、一画面単体(見えている範囲内)で留めるか、続きをスクロールして繋げて撮るのか間が空くので私には使いにくく感じます。

それでも、1画面に収まらない画面をスクリーンショット撮る時には便利です。

ストレージ容量内訳

こちらはアップデート後のストレージ容量内訳。

「その他」の容量がアップデート前は

アプリ 5.86 GB
画像 513 MB
動画 12.00 KB
音声 0
その他 69.75 GB
キャッシュデータ 874 MB
合計 77.83 GB使用中

アップデート後は

アプリ 5.46 GB
画像 526 MB
動画 12.00 KB
音声 0
その他 76.48 GB
キャッシュデータ 863 MB
合計 83.29 GB使用中

と、その他が 6.73 GB 増えています。

アップデート後のストレージ容量内訳

アップデート後のストレージ容量内訳

先程の Community では今回のアップデートで「 2GB 余分なスペースを取る」という書き込みがありました。

上記のスクリーンショットでは使用済みの容量しかわかりません。
下記のスクリーンショットをみていただくと、現在の使用済み容量が 83.46 GB 、使用可能容量が 29.75 GB あることがわかります。
合計で 113.21 GB 。

私の OnePlus 3T は128 GB モデルですので、単純に計算すると 14.79 GB がシステム用領域として確保されているのだと思います。

128GBに足りない分はシステム用確保容量?

128GBに足りない分はシステム用確保容量?

下記の記事で私がこの端末を初期セットアップした当時のストレージ内訳を記載しています。
その記録によれば、 Android 6.0.1 ( OxygenOS 3.5.1)当時の使用可能量が113 GB 、システム用確保領域が 15 GB でした。

この結果からいうと、今回のアップデートでもシステム用として確保されている領域は約15 GB のまま変わっていないということになります。

昨日の記事で私が OnePlus 3T を購入するに至った理由を書いてみました。

今回のアップデートで「その他」の項目が 6.73 GB 増えた理由は不明ですが、 Community で言われていた「 2GB 」と私の端末での現象は異なることがわかりました。

バッテリードレイン問題はあるのか

また、 Community ではアップデートに伴って、バッテリーが異常に消費するようになったというような書き込みをみつけました。
これが私が VPN を使わず、 OTA で降ってくるのを待とうかとも思っていた理由の一つでした。

しかし、アップデートから丸1日が経過した現在、目立ったバッテリードレイン問題は発生していません。

アップデート前

まず、こちらがアップデートする前の Battery Mix のグラフです。

3月25日の19:30頃に満タンにして、そこから殆ど使わずに翌朝撮ったものです。

アップデート前のバッテリー消費状況

アップデート前のバッテリー消費状況

本体の 設定>電池 の項目でみる使用状況はこんな感じ。

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その1

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その1

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その2

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その2

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その3

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その3

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その4

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その4

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その5

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その5

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その6

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その6

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その7

本体の「電池」の項目からみるバッテリー消費状況その7

私は Lifelog というアプリを使用しているのですが、 HUAWEI の端末では「スリープモードにしない」という時間が多くなり、バッテリー消費の元凶になっています。
しかし、この OnePlus 3T では特別なんの対策もしていませんが、そういう現象は起きていません。

Lifelog - より良い生活を送れるように

アップデート後

そして、こちらがアップデート後、今朝の Battery Mix のグラフです。
こちらは3月26日の18:00頃に満タンにして、画面の点灯時間が約15分ですから、これも殆ど使っていない状態ですね。

アップデート後のBatter Mixのグラフ

アップデート後のBatter Mixのグラフ

アップデート後の本体設定「電池」その1

アップデート後の本体設定「電池」その1

アップデート後の本体設定「電池」その2

アップデート後の本体設定「電池」その2

アップデート後の本体設定「電池」その3

アップデート後の本体設定「電池」その3

アップデート後の本体設定「電池」その4

アップデート後の本体設定「電池」その4

アップデート後の本体設定「電池」その5

アップデート後の本体設定「電池」その5

アップデート後の本体設定「電池」その6

アップデート後の本体設定「電池」その6

アップデート後の本体設定「電池」その7

アップデート後の本体設定「電池」その7

こちらでも、 Android システムや Android OS の消費電力に異常は見受けられません。

OnePlus 3Tの満足度

今回の OnePlus 3T のアップデート。

目立った改善点としては、スクロールスクリーンショットが撮れるようになったこと。
Android のバージョンが私の手持ち端末の中では Nexus 5Xの Android 7.1.1 と同じく最新になったこと。
Android セキュリティパッチレベル が Nexus 5X の2017年3月5日には惜しくも及ばないものの2017年3月1日となったことです。

これで、カメラアプリの機能が HUAWEI P9 や Mate9 のように、水準器が付いたり、ホワイトバランスの色温度をもっと細かくいじれたりしたら、カメラの写りはそれ程でなくても別な楽しみ方があるんですけどね。

でも、それ以外の点ではかなり満足度の高い端末だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする