OxygenOS 4.1.3 (7.1.1) OTA for OnePlus 3Tが来てました

ここしばらく、新しい端末を買うこともなく、手持ちの端末にアップデートが来ることもなく、おとなしく Kindle で小説を読んでいました。

この1週間で読んでいた小説や漫画を紹介しておきます。

高校生活を懐かしんでみたい方に。(小説)

歴史ものが好きな方に。(漫画)

犬好きな方に。(漫画)

SF が好きな方に。(小説)

全て Kindle Unlimited 会員の方は無料で読むことができます。

Kindle Unlimited は月額980円のサービスなので、読みたい本が読み放題の中に無いともったいないのですが、私はこのサービスで久しぶりに読書の習慣が付きました。

今回あげた小説や漫画はどれも読み始めたら止まらなくなって、真夜中まで読んでしまいました。

本の好みというのは、人それぞれありますし、タイトルをみただけでは自分にあったものかわからないと思います。
私は Kindle Unlimited の読み放題の本の中からしか選んでおらず、実はもっと面白いものがあるのかもしれませんが、 Kindle 版と紙製の書籍ではそれほど価格は変わりません。
古本があるものだと、 Kindle 版の方が高いです。

私の場合、小説や漫画は一度読んだら読み直さないので、古本を買ってきて読むよりは Kindle 版の方が場所や端末を選ばない分、合っていると思います。

ただ、登場人物の多い小説だったりすると、ページを戻って確認という作業が Kindle 版ではやりにくいので、そういうものは紙製の本がいいなと思いました。

なんとなく Kindle Unlimited に入ってみたものの、最近は本を読んでいないなという方がいらっしゃいましたら、たまには小説などを読むのもいいかと思います。

また、 Kindle という名前は聞いたことがあるけど、サービスを受けたことが無い方がいらっしゃいましたら、30日間は無料でお試しができますので、試してみるのもいいかと思います。

スポンサーリンク

OnePlus 3T のアップデート

前置きはこれくらいで、今日のお題は OnePlus 3T のアップデートの件です。

2017年3月28日に OxygenOS 4.1.1 (7.1.1) へのアップデートがあったので、次は今月の末くらいかなと思っていたのですが、昨日2017年4月13日に再度アップデートのお知らせが OnePlus の Community に告知されました。

Hi all, We are starting the incremental roll-out of OxygenOS 4.1.3 (7.1.1) OTA for OnePlus 3T. Here are some highlights: Upgraded Android 7.1.1 Added...

前回のアップデートの記録は下記をご覧ください。

現在、私の通話兼通信用メイン SIM が入っている端末 OnePlus 3T 。 この端末は OnePlus のサイト上にリカバリー用...

アップデート内容

今回のアップデートの内容は下記のとおりです。

  • Upgraded Android 7.1.1
  • Added expanded screenshots
  • Improved picture taking of moving objects with blur reduction
  • Improved video stability when recording
  • Improved WiFI connectivity
  • Improved bluetooth connectivity
  • Fixed Instagram swiping bug
  • Fixed hardware buttons malfunction bug
  • Increased system stability
  • General bug fixes

Google 翻訳にかけますと以下のようになります。

  • アップグレードされたAndroid 7.1.1
  • 拡張スクリーンショットを追加
  • ぼやけの軽減された動く物体の写真撮影の改善
  • 録画時のビデオの安定性向上
  • 改善されたWiFI接続性
  • ブルートゥース接続の改善
  • Instagramのスワイプバグを修正
  • ハードウェアボタンの不具合の修正バグ
  • システムの安定性の向上
  • 一般的なバグ修正

OnePlus のサイトには、 OxygenOS 4.1.0 、 4.1.1 への ROM ファイルがアップロードされませんでした。

ですから、今回の OxygenOS 4.1.3 も正式バージョンではあるものの、まだサイトに載せるには早いと思われているフシがあります。

Community への書き込みをみても、 OTA 配信がまだ届いていない国が殆どです。
私は今回も Opera VPN を使ってアップデートをしました。

今回のアップデートはバグ修正のみと思われます。
現在、 OxygenOS 4.0.3 を使用中の方は急いでアップデートをしなくてもいいかと思います。

アップデート前

まずは、アップデート前の状態から。

端末の状態

OxygenOS バージョン 4.1.1
Android バージョン 7.1.1
Android セキュリティパッチレベル 2017年3月1日
ビルド番号 ONEPLUS A3010_28_170324

アップデート前の端末情報

アップデート前の端末情報

ストレージの内訳と平均メモリ使用状況については今回は省略します。

いつものように普通にアップデートの確認をすると「お使いのシステムは最新の状態です」と出てきます。

VPNを使わない状態でシステムアップデートを確認した場合

VPNを使わない状態でシステムアップデートを確認した場合

Opera VPN

Opera VPN では今回は初めて「ドイツ」を選択してみました。(過去2回は「カナダ」を使いました)

今回はドイツを使ってみました

今回はドイツを使ってみました

再度、「設定」>「システムアップデート」を確認してみるとアップデートが降ってきました。

今回のアップデート用ファイルのサイズは30 MB 。

VPN接続した状態でアップデートを確認

VPN接続した状態でアップデートを確認

前回の OxygenOS 4.1.0 から 4.1.1 へのアップデート用ファイルサイズが46 MB でしたから、さらに少ないですね。

あとは、 Opera VPN アプリをアンインストールし、アップデート用ファイルを通常のWi-Fiでダウンロードします。

ダウンロード自体は1分もせずに、完了。

「今すぐアップグレードするには再起動します」をタップし、アップデートが完了するまで待ちます。
その間、約5分。

アップデート後

以下がアップデート後の端末の状態です。

OxygenOS バージョン 4.1.3
Android バージョン 7.1.1
Android セキュリティパッチレベル 2017年3月1日
ビルド番号 ONEPLUS A3010_28_170411

今回のアップデートでは OxygenOS のバージョンは変わっていますが、 Android セキュリティパッチレベル に変更はありません。

アップデート後の端末情報

アップデート後の端末情報

iOSのアップデートについて

iOS は2017年4月4日に iOS 10.3 からのアップデートを行なっています。
iOS 10.3 がリリースされたのは2017年3月28日のこと。
わずか1週間のうちにアップデートが再リリースされました。

この iOS 10.3.1 は「CVE-2017-6956」という1件の脆弱性対策のみのためにリリースされたとされています。

iOS 10.3.1 のセキュリティコンテンツについて説明します。

脆弱性に関しては、 Android では Nexus や Pixel が最新の脆弱性対策の為に月に1度セキュリティパッチを更新していますが、 iOS はその点、迅速に対応してますね。

私の好みとしては iOS よりも Android の方が好きなのですが、セキュリティ対策という観点からすると iOS の方が上手というのは間違いないと思います。

私が以前に書いた「スマホに求めるスペック3点」を満たすのは、 iPhone しかないのかもしれません。

ここしばらく更新をサボっていました。 というのは、また何か新しい端末が欲しいなとめぼしい端末の情報を漁っていたのです。

でも、今さら iPhone7 を買うのもなんですし、イヤホンジャックが無いんですよね。

ワイモバイル SIM 単体契約の欠点

であれば、 128 GB 版の iPhoneSE も選択肢の一つなのですが、私が契約しているワイモバイルの SIM (n101) は iPhone に挿すとテザリングが使えません。
ワイモバイルを契約する際、 iPhone 5s や iPhone SE を購入する以外に SIM を iPhone でテザリングが可能な n141 に交換する手立てがないんですよね。(機種変更で iPhone にする方法も可能です)

ドコモの SIM はその点、どの端末に挿しても使えるのが利点です。( FOMA 契約 SIM を除く)

まぁ、テザリングをするなら、テザリング用に別な端末を用意しておくのも一つの手ですが、一つの SIM でどの端末も使えるという意味ではワイモバイルの SIM 単体契約ではなく、ワイモバイルで iPhone を購入するべきだったかもしれません。

ただし、 iPhone SE 128 GB の場合 Apple Store で SIM フリー版が55,800円で購入できるのに対し、ワイモバイルでは 78,300円になってしまうんですけどね。

月々1,080円(機種変更)から最大2,700円(MNPや新規)の割引が付くとはいっても、 SIM フリー版よりも高い金額を出して本体を買わなくてもいいかなと思ってしまいます。

もし、ドコモからワイモバイルに MNP を考えている人がいましたら、ワイモバイルでは SIM 単体契約だと n101 といって、 iPhone 以外に挿して使うならテザリングも可能ですが、 iPhone ではテザリングができない SIM になるということを考慮してください。

かといって、ワイモバイルで iPhone を購入する形の契約で貸与される SIM ( n141 )を他の Android 端末に使いまわそうとすると、 APN を非公開のものに設定しなければならないので自分で調べられない人には難しいんですけどね。

私の場合、とりあえず今の OnePlus 3T はカメラの写りが Galaxy S7 のように綺麗ではないことと、 HUAWEI P9 や Mate9 と比べて特徴のある絵作りではないことが不満です。

それ以外では、今回のようにちょこちょこアップデートがあるので、それを楽しんでいます。

全てを満たす端末というのはなかなかないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする