2017年6月通信量と通信費のまとめ

今日から7月です。
今年も折り返し地点を過ぎて、一日一日の陽がだんだん短くなってきています。

さて、月初めはこれまた恒例となった、先月分の通信量と通信費のまとめです。

通信費は追加チャージをしなければ、5月分とまったく同じになります。5月は一度だけ追加チャージをしましたが、それはサービス回数のうちだったので料金的には変わりません。
6月は追加チャージもせずに済んだので5月と同じ金額になりますが、記録として残しておきます。

スポンサーリンク

通信量

0 SIM

昨夜、もう通信することはないだろうなという時点でスクリーンショットを撮っておきました。

96 MB

そのうち、昨日のスピードテストに使用したデータ使用量は 19 MB 。

スピードテストを除くデータ使用量は

96 MB – 19 MB = 77 MB となります。

2017年6月分 0 SIMの通信量

2017年6月分 0 SIMの通信量

LINEモバイル

こちらも昨夜の時点でのデータ使用量です。

39 MB

この使用量は全てスピードテストに使用したデータ使用量です。
それ以外の時は常に機内モードにしているため、スピードテストを除くデータ使用量は 0 でした。

2017年6月分 LINEモバイルの通信量

2017年6月分 LINEモバイルの通信量

ワイモバイル

昨夜の時点でデータ残量 0.43 GB (3,562,340パケット)

今朝になると 1 GB (8,388,608パケット) にリセットされていました。

6月分のデータ使用量は

8,388,608パケット – 3,562,340パケット = 4,826,268パケット

1パケット = 128 Byte ですから

4,826,268パケット * 128 Byte/パケット = 617,762,304 Byte

617,762,304 Byte = 603,283.5 KByte = 589.1440429 MByte

となります。

このうち、昨日のスピードテストに使用したデータ使用量が 165 MByte ですから

589.1440429 MByte – 165 MByte = 424.1440429 MByte

約 425 Mbyte となります。

2017年6月分 ワイモバイルの通信量

2017年6月分 ワイモバイルの通信量

2017年6月のデータ通信量(スピードテスト分を除く)

0 SIM 77 MB
LINEモバイル 0 MB
ワイモバイル 425 MB
合計 502 MB

6月は引きこもりの日が多かったので、モバイルネットワーク回線を使用することが少なかったです。

通信費

ここは5月とまったく同じです。

0 SIM

データ+SMS対応プラン(通信料金) 150円 + ユニバーサルサービス料 2 円 + 税 12 円
計164円

LINE モバイル

LINE フリープラン 1 GB / データ SIM ( SMS 付き) 620 円 + ユニバーサルサービス料 2 円 + 税 50 円
計672円

ワイモバイル

スマホプラン S( 1 GB ) 3,980円 – スマホプラン割引 1,000円 – 月額基本料(特別割引) 1,000円 + ユニバーサルサービス料 2 円 + 税 158 円
計2,140円

2017年6月の通信費

合計 2,976円

0 SIM 164 円
LINEモバイル 672 円
ワイモバイル 2,140 円
合計 2,976 円

今後の方針

今、手元に出してある端末は Galaxy S8+ 、 Galaxy S7 、 iPhone SE 、 Nexus 5X の4台。
他に Wi-Fi 専用として Xperia Z3 Tablet Compact 。

そのうち、 SIM を挿しているのが Galaxy S8+ 、 Galaxy S7 、 iPhone SE の3台。
上記の3台は全て SIM フリーでスクリーンショット音、シャッター音がしないものです。

この3台の運用で安定しているのですが、安定してしまうと何か刺激が欲しくなるものです。

私的にはカメラの UI や色合い、握った感じがしっくりくる HUAWEI P9 を活用したいと思っています。
ただ、先日寝床に HUAWEI P9 を持ち込んだところ、画面の輝度を最低にしてブルーライトカットモードである「視力保護モード」にしても、画面が明るく目に刺さる感じがしました。

これは普段寝床で使っている Galaxy S7 が有機 EL ディスプレイで輝度をすごく抑えることができるのと、黒色が発光しないためです。

そのため、寝床用端末としては、 Galaxy S7 か Galaxy S8+ の2択になります。

音声用メイン端末として HUAWEI P9 を使うことも考えたのですが、 HUAWEI の端末は独自の節電動作が強く私が広告除去のために使用しているアプリ FilterProxy がバックグラウンドで停止してしまいます。
すると、散歩しながらポケストップでボール拾いをしようとすると、 FilterProxy が停止しているために通信ができなくなっています。その解除のために、毎回 FilterProxy を起動し直すのが面倒でした。

また、それほど頻度は高くないのですが、ワイモバイルの MMS が HUAWEI 標準のメッセージアプリで動作しないのも残念なところです。

さらに、国内仕様の HUAWEI P9 はスクリーンショットを撮る時にシャッター音が消せないのが難点です。
幸い、 P9 の場合には Mate9 のようにスピーカーが前面についているのではなく、本体下部に付いているので、いざとなれば親指で抑えるとだいぶ小さくなります。

そんなわけで、なかなか HUAWEI P9 をメイン端末として使うのは困難な状況です。

使うとすれば、今 iPhone SE を使っている部分を P9 に置き換えることでしょうか。

というわけで、さっそく P9 を引っ張り出してきて、 iPhone SE に入れていた LINEモバイルの SIM を入れました。
これで、7月分の LINEモバイル の使用量は増えるでしょう。

また、私の P9 には降ってきていませんが、 2017年6月27日 16:00から セキュリティパッチが配布され始めています。

HUAWEIからの最新ニュースと最新の製品情報をご覧ください。

少なくともそれまでは、 P9 を手元に出して使ってみようと思います。

一方、 iPhone SE に関しては iOS 10.3.3 beta 5が公開されています。

結局、 iOS 10 のミュージックアプリで歌詞が表示されない問題は未だ iOS 10.3.2 でも解消されておりません。
例年通りであればあと2ヵ月後には新しい iPhone が発表・発売、 iOS 11 が公式配布されることでしょう。

私としては iOS よりも Android OS の方が使いやすいと思っていますが、 OS のアップデートやセキュリティパッチの配布期間は iOS の方が羨ましいです。

もし、9月までに Pixel の日本発売が始まらなければ次は iPhone を購入したいと考えています。

私の理想としては、 Android 端末は Galaxy S シリーズを春に、 iPhone を秋に、その間に発売された Google 製 Pixel の計3台を抑えておけば、スマホの最新情報は追えるかなと思っています。

年間にして約30万くらい端末代につぎ込むことになるんですけどね。
それで余裕があれば、他に特徴のある端末を購入していければいいかなと思います。

とりあえず、今年は Galaxy S8+ を購入済み。
あとは、新しい iPhone と Pixel の発売を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする