0 SIM、LINEモバイル、ドコモスピードテスト結果 2017年11月版

今日で11月も終わりです。
皆さんは今月、パケットをどれくらい使いましたか?

私は今月、ワイモバイルからドコモに MNP しました。
その結果、基本料は日割りですがパケット通信量は日割りにならないため、契約量がまるまる使えます。

また、私はこれまでにもドコモを契約していたことがありましたが、 FOMA 契約で音声通話のみのプランにしていたり、 Xi 契約をしていた時もパケットがもったいないとスピードテストを行なったことはありませんでした。

今回は初めてドコモ本家回線でのスピードテストになります。
ドコモ系 MVNO やワイモバイルとどれくらい速度が違うのか、楽しみにしつつテストを行いました。

なお、このスピードテストは平日 2017年11月30日木曜日 12時半から開始しています。

スポンサーリンク

0 SIM

Ookla Speedtest.net アプリでの速度

上から3回分が今回の結果です。

下り 0.06 Mbps から最速 0.14 Mbps
上り 2.31 Mbps から最速 6.46 Mbps
PING 261 ms から最小 235 ms

0 SIMのスピードテスト結果一覧

0 SIMのスピードテスト結果一覧

fast.com での速度

スピードテスト不可能
12時34分頃から12時41分まで3回行いましたが、3回とも以下のような表示となりスピードテストが実施できませんでした。

0 SIMのfast.comでの結果

0 SIMのfast.comでの結果

計測に使用したデータ容量

26.3 MB
(端末のモバイルデータ通信量から差し引き計算。 fast.com 計測分も含む。以下、他の回線も同じ)

先月(10月31日)との比較

以下が先月の計測値です。

下り 0.11 Mbps から最速 0.15 Mbps
上り 6.38 Mbps から最速 7.21 Mbps
PING 253 ms から最小 250 ms

fast.com 下り スピードテスト不可能

下り、上りともに遅い方の速度は先月以下です。
fast.com でのスピードテストも相変わらず計測不可能。

この1年を通して、お昼時でもまともな速度を記録したのは9月29日に行なった時のみでした。

2017年9月も平日は今日のみです。 今月も私のモバイルデータ容量にはまだ余裕がありましたので、いつものように3社の平日、お昼時(2017...

月500 MB 未満は無料なので、メッセンジャー系アプリ用に入れておくのには十分ですが、価格なりの速度と思っていたほうが気が楽だと思います。

以下に速度計測時のスピードの変化がわかるグラフを貼っておきます。

グラフがかなりギザギザになっていますね。
それだけ速度が一定していない不安定な状態だといえると思います。

0 SIMスピードテスト時の速度変化

0 SIMスピードテスト時の速度変化

nuroモバイル × Xperia に注目

0 SIM を発行している nuro モバイルはこの度、 SIM フリー Xperia XZ Premium と専用の帯域を使う「 Xperia 限定 プレミアム帯域オプション」というのを用意しています。

このプレミアム帯域が使えることと、データ量上り無制限を合わせたオプションが月額2,000円です。

プレミアムなXperia"が驚きの価格で。格安SIMのnuroモバイルから新登場。

Xperia XZ Premium と通信契約のセット販売で限定13,000台。
これまでの MVNO と違って、決められた枠内に詰め込むだけ詰め込むよりも、最大13,000回線をある帯域で使用することになるので、契約が早ければ混雑も少ないうちに快適な通信を楽しめそうです。

音声契約ではなく SMS 付きのデータ契約であれば最低利用期間内の解約金も必要ありません。

これまで Xperia XZ Premium はドコモでしか販売されていませんでしたし、海外版にはおサイフ機能や端末の補償サービスもありませんでした。

ただし、海外版の SIM フリー Xperia XZ Premium ではドコモの BAND のみならず、ソフトバンクやワイモバイルの BAND にも対応していましたが、この nuro モバイル販売版の Xperia XZ Premium ではドコモの BAND と同じようです。

端末の仕様には BAND の記載はありません。

Xperia(エクスペリア) XZ Premium nuroモバイルの仕様を紹介。

今後もドコモ系 MVNO を使うという方であったり、現在ドコモでそろそろ新しい端末が欲しかったという人にとっては、キャリアの余計なアプリが入っていない今回の nuro mobile Xperia XZ Premium は悪くない選択だと思います。

LINEモバイル

Ookla Speedtest.net アプリでの速度

下り 0.23 Mbps から最速 0.43 Mbps
上り 8.33 Mbps から最速 11.81 Mbps
PING 104 ms から最小 102 ms

LINEモバイルのスピードテスト結果一覧

LINEモバイルのスピードテスト結果一覧

fast.com での速度

160 Kbps = 160/1024 Mbps = 0.156 Mbps

LINEモバイルのfast.comでの結果

LINEモバイルのfast.comでの結果

計測に使用したデータ容量

50 MB

先月(10月31日)との比較

下り 0.31 Mbps から最速 0.59 Mbps
上り 6.15 Mbps から最速 9.24 Mbps
PING 110 ms から最小 99 ms

fast.com 下り 0.167 Mbps

下りは全般的に遅くなっていますが、上りは今月の方が早いですね。

下記のリンク先は去年の12月28日水曜日から4日間、お昼12時半ころに計測した結果です。
今は見る影もないですね。

2016年12月28日から今日、2016年12月31日までの4日間。 お昼12:30から下記スピードテストアプリを使って、連続3回のスピー...
LINEモバイルのスピードテスト時の速度変化

LINEモバイルのスピードテスト時の速度変化

ドコモ

Ookla Speedtest.net アプリでの速度

下り 4.91 Mbps から最速 12.82 Mbps
上り 12.03 Mbps から最速 15.62 Mbps
PING 37 ms

ドコモのスピードテスト結果一覧

ドコモのスピードテスト結果一覧

fast.com での速度

14 Mbps

ドコモのfast.comでの結果

ドコモのfast.comでの結果

計測に使用したデータ容量

157 MB

先月(10月31日)のワイモバイルとの比較

下り 10.25 Mbps から最速 16.36 Mbps
上り 17.32 Mbps から最速 18.42 Mbps
PING 74 ms から最小 68 ms

fast.com 下り 16 Mbps

今日の測定で一番興味のあったところです。
ただ、結果をみると意外とスピードが出ていませんでした。

日付が違うので公平に比較はできませんが、 PING の値こそワイモバイルの半分であるものの下り、上り、 fast.com 全ての点でワイモバイルよりも速度は遅かったです。

下りに関しては、昨年末に計測した LINE モバイルの速度よりも遅いものもありました。

ドコモのスピードテスト時の速度変化

ドコモのスピードテスト時の速度変化

今月のスピードテスト結果を振り返って

先程も書きましたが、ドコモ本家だからといって極端に速度が早いわけではないということがわかりました。
そういう点ではワイモバイルは速度と料金のバランスが取れた回線だったと思います。

ワイモバイルの回線は海外製端末と使用 BAND の相性がいいので、今後、海外製端末を使いたい時には音声契約ではなく、データ用契約で申込みをしてみたいと思います。

Y!mobileの「ワイモバイル SIMスターターキット」のページです。

月額980円ですが、 SMS 付き、月 1 GB 。
これまでの私の月のデータ使用量だと十分です。

あとは nuro モバイル × Xperia の行方ですね。
新しい MVNO やサービスの開始当初は比較的速度が早いのはこれまでの LINE モバイルを見ても明らかです。
今回の nuro のプレミアム帯域はさらに月額2,000円で通常契約者との差別化を図ってきました。

ドコモの Xi サービスの卸価格は 10 Mb/s で 674,818円です。

https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/corporate/disclosure/mvno/business/gaiyou.pdf

単純に考えれば 10 Mbps の帯域を専有するのに、最低674,818円かかるということだと思います。

今回の nuro モバイルでの Xperia XZ Premium の販売台数は限定13,000台。

どれだけの帯域を nuro モバイルが用意しているのか。
お昼時にどれだけの速度が出るのか。
契約者からの情報を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする