アップデートファイルのダウンロードに時間がかかる原因は

先日、下記の記事に対し次のようなコメントを頂戴しました。

昨日届いた iPhone 8 のセットアップをほぼ終え、これまでテーブルの上にたくさん並べていたスマホも現在は iPhone 8 、 Gal...

Moto G4 PlusのアップデートファイルのダウンロードがXperia XZと比べて時間がかかったのは下り速度の最大値が異なるからだと思います
Moto G4 Plusは下り最大150Mbpsまでしか出ませんので…
Xperia XZは500Mbpsまで?出るようです

これまで Android 端末のアップデート用ファイルをダウンロードする際、端末メーカーによって凄い遅いものと早いものがありました。
そして、その原因は接続しているアップデート用サーバーの帯域が狭いからだと思っていました。

しかし、今回上記のようなコメントをもらい、私の考えが間違っていたのかもと思いました。

そこで今日は端末を何台か出してきて、 Google Play からアプリをダウンロードしそのダウンロードにかかった時間を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

対象アプリ

アズールレーン

無料アプリの人気ランキングからダウンロードファイルが比較的大きいものを選びました。
これまで一度もダウンロードしたことの無いアプリです。

新感覚美少女戦艦シューティングRPG

ファイルサイズ

363 MB

Android7.0の端末ではファイルサイズ363MB

Android7.0の端末ではファイルサイズ363MB

Mate10 Pro と Nexus5X に関しては Android 8.0 以降の為かダウンロードサイズが「 381 MB 」と表示されています。

Android8.0以降の端末でみるファイルサイズ

Android8.0以降の端末でみるファイルサイズ

計測方法

Google Play からダウンロードボタンをタップ後「大きいアプリのダウンロード」という注意書きに対し「続行」をタップした時点でストップウォッチを開始。
ダウンロード中の表示が「100%」となった時点でストップウォッチを停止しています。
ダウンロード完了後、「インストール中」と表示された時間は含みません。

端末のリンク速度とダウンロードに要した時間

端末名 リンク速度 ダウンロード時間
Moto G4 Plus 150 Mbps 67秒
ZenFone3 433 Mbps 69秒
HUAWEI P9 433 Mbps 54秒
Mate10 Pro 650 Mbps 56秒
Galaxy S8+ 866 Mbps 64秒
Nexus5X 866 Mbps 62秒

考察結果

これらの結果から考えると、端末と Wi-Fi ルーターのリンク速度は最大5.7倍( 150 Mbpps から 866 Mbps )の差がありますが、ダウンロードにかかる時間に大きな差はないことがわかります。

これは我が家の通信回線速度がリンク速度最低の 150 Mbps に達していないことも関係あると思います。

つまり、端末のアップデートファイルのダウンロードに時間がかかるのは、端末と Wi-Fi ルーターのリンク速度が問題ではなく、インターネットの接続先や経由先であるサーバーの帯域が関係するというのが私の考えです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする