HUAWEI Mate 10 ProがAndroid 10にメジャーアップデート

ここ数日、Huawei端末のアップデートを確認しています。
今回の記事は2017年12月1日に日本で発売が開始されたMate 10 Proのものになります。

アップデート通知

今回のアップデート用ファイルのサイズは4.34GBと大容量です、

Mate 10 Proのアップデート通知
Mate 10 Proのアップデート通知

アップデート内容

変更ログ
EMUI 10.0はユーザー体験をさらに簡素化および向上させるためにデザインされています。全く新しい、細部まで調整されたユーザーインターフェースによって、よりスムーズで直感的なユーザー体験を実現します。さらに、データとプライバシーの保護も強化され、より安全に利用できます。

ユーザーインターフェース:複雑で美しい
・マガジンデザイン
雑誌のようなレイアウトを採用し、本物の雑誌を読んでいるかのような快適なユーザー体験を可能にします。
・モランディの色
控えめなグレートーンによって優しく心地よい表示を実現します
・アニメーション
ダイナミックで自然なアニメーションでページの移動、アプリの起動などを行えます

パフォーマンス:安定していてスムーズ
・GPU Turbo
ゲーム中のシステムの動作がよりスムーズになり、さらに安定します。
・Phone Clone
接続とクローン作成の速度を向上させます。

セキュリティ:データとプライバシーの保護強化
・正式認定されたマイクロカーネル
Huaweiが自社開発したマイクロカーネルデザインを使用しています。これは商業的利用目的のOSカーネルの中で最も安全なものとして認定されています
・分散技術
他のHuaweiデバイスへの接続時、Huaweiデバイス間のファイル転送時、他のHuaweiデバイスでのデータ保存時のセキュリティを向上させます。
・プライバシー保護
アプリのサンドボックス機能をサポートし、標準化したアプリの権限管理、データとプライバシーの保護強化を可能にします。

メディアとエンターテイメント:さらに面白く
・AppAssistantドロップゾーン
AppAssistantのドロップゾーンを追加し、ゲームの高速化や通知の鳴動制限などのサービスにすぐにアクセスできるようにします。

HUAWEI Assistant
ホーム画面にHUAWEI Assistantが追加され、スマートリマインダー、パーソナライズされたニュース、およびユーザーに関連するその他のコンテンツが提供されます。

アプリ
HUAWEIブラウザアプリが追加され、全く新しいWeb閲覧と検索のサービスが提供されます。

今回のアップデートはAndroidバージョンが変わるメジャーアップデートだったせいか、公式サイトにアップデート開始のお知らせが掲載されています。

https://consumer.huawei.com/jp/press/news/2020/news-200527/

これを見るとアップデートの配信が開始されたのは2020年5月27日からとなっています。

アップデート前

端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年12月1日
ビルド番号 9.1.0.346(C635E4R1P13)

アップデート前の端末情報
アップデート前の端末情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイル4.34GBのダウンロードには我が家の通信環境で約1時間32分かかりました。

アップデート後

端末情報

Android バージョン 10
Android セキュリティパッチレベル 2020年4月1日
ビルド番号 10.0.0.163(C635E2R1P3)

アップデート後の端末情報
アップデート後の端末情報

気づいた変更点

カメラアプリがAIに対応

私はここ最近Huawei端末をメイン端末として利用していないため、アップデート前がどうだったのか正確に覚えてはいません。
ただ、今回この記事のアイキャッチ画像を撮るためにカメラアプリを立ち上げ、空を撮影しようとしたところ、下記のようにカメラアプリが「青空」と認識しました。

アップデート後、カメラアプリがAIに対応
アップデート後、カメラアプリがAIに対応

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

冒頭にも記載したとおり、このMate 10 Pro国内版の発売開始日は2017年12月1日です。
発売開始から2年半が経過しております。

当時のAndroidバージョンは8.0.0。
それから2回のメジャーアップデートが実施されたことになります。

先日、この端末の先代Mate 9(2016年12月16日発売開始)にセキュリティアップデートが来ましたが、発売開始後3年以上経った端末にアップデートが来るのは珍しいことです。

昨年発売されたGoogle製端末Pixel 4のセキュリティアップデートの提供保証期限も発売開始から3年後の2022年10月までとなっております。

https://support.google.com/pixelphone/answer/4457705?hl=ja

それでもPixelシリーズの場合はHuaweiの端末と違って毎月確実にセキュリティパッチが配信されますので、安心感はPixelシリーズの方が上です。

私は同じ10万円を出すのであればHuaweiのフラッグシップ機を買うよりも、セキュリティパッチの配信が確実なPixelシリーズを購入します。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 10 2020年6月5日 2020年6月3日
Pixel 2 10 2020年6月5日 2020年6月3日
HUAWEI Mate 10 Pro 10 2020年4月1日 2020年6月6日
HUAWEI Mate 20 Pro 10 2020年4月1日 2020年6月5日
Galaxy S10(香港版) 10 2020年4月1日 2020年4月21日
HUAWEI Mate 9 9 2020年3月1日 2020年6月3日
Galaxy S8+ 9 2020年3月1日 2020年4月7日
Galaxy S7 8.0.0 2020年2月1日 2020年4月3日
Black Shark 2 9 2019年10月5日 2019年11月13日
Galaxy S10(楽天版) 9 2019年10月1日 2020年4月18日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください