私がスマホゲーム(PUBG MOBILE)をやめた理由

私が去年の8月からほぼ毎日、4時間以上プレイしていたゲーム「PUBG MOBILE」を昨夜アンインストール(削除)しました。

今回はその理由について書き残したいと思います。

実は私がスマホゲームをやめたのは今回で2度目です。
1度目は「どうぶつの森」がきっかけでやめました。

https://yuzakasota.com/20171205-i-quit-the-smartphone-in-animal-crossing/

今回は私がスマホ(iPad)で唯一やっていたゲーム、「PUBG MOBILE」をやめました。

やめた理由は次の動画を見たのがきっかけです。

https://www.youtube.com/watch?v=ad85VSVYLLw

内容を抜粋すると以下のようになります。

作業になっている
自分の1日という大事な時間をスマホゲームおびやかされている

辞めるためのステップ
その1
1日どのくらいの時間使用しているか

その2
自分の人生、どうプラスになるか

その3
アプリの配置を変える

その4
毎日ログインしない

辞めるか続けるかどっちが特か

中毒性がある

やめてどういう効果があったか

目がドライアイが治った
肩こりが無くなった
スマホゲームをやっていた時間を読書に変えた

この動画内容について、自分の場合どのようになっているか確認してみました。

1日のうち、どれくらいの時間をスマホゲームに費やしているか

iOS端末では以下の設定から、1日や過去7日間のアプリの使用状況を確認することができます。

「設定アプリ」>「スクリーンタイム」>「すべてのデバイス」(これはiOS端末を複数台使用していて「デバイス間で共有」という項目をオンにしていないと表示されません)>「過去7日」>「よく使われたもの」の最上位に私の場合「PUBG MOBILE」がありました

これを撮影したのが下記のスクリーンショットです。

過去7日間のPUBG MOBILEの使用時間
過去7日間のPUBG MOBILEの使用時間

火曜日は出かけていたのと、本日土曜日はゲームアプリを削除したために平均時間は少なく表示されています。
6日間で計算すれば1日平均5時間30分、火曜日を除く5日間では1日平均6時間16分ゲームをしていたことになります。

Android端末でもOSのバージョンが9(Pie)であれば、「設定アプリ」>「Digital Wellbeing」>「今日」をタップすると過去7日分のアプリの使用状況を確認することができます。
こちらは一週間の平均時間は表示できず、1日ごとの表示となっています。

Android 9 Pieから搭載されたアプリの使用時間を確認する機能「Digital Wellbeing」
Android 9 Pieから搭載されたアプリの使用時間を確認する機能「Digital Wellbeing」

 

そのゲームは自分の人生にどうプラスになるか

私がPUBG MOBILEを始めてから起こった変化の一つはスマホに関する情報に疎くなったということです。
これまではネットで最新スマホやOSのアップデートについて情報を追い求めていたのが、ゲームをする時間のために無くなりました。
その結果、ブログの更新頻度も下がりました。(これは言い訳かもしれません)

もちろん、PUBG MOBILEを始めたおかげで、海外の人と知り合うことができたり、普段お話をするような機会がない方とゲーム内で会話をすることができたりもしました。

しかし、それが自分の人生にどうプラスになっているかというと疑問が残ります。

私はPUBG MOBILEの中でクランの隊長やクルーのリーダーをしていました。
人が集まれば、そこに考え方の違う人もいます。

何時間も一緒に遊んで友達になったと思っていた人が、ある日突然クランを辞め、友達関係を解消されました。
この時は「一体自分の何がいけなかったのだろう」と真剣に悩み、あまりのショックに気分が落ち込みました。

私がこれまでやっていたゲームとPUBG MOBILEが違う点の一つに、ボイスチャットがあります。
私がこれまでに遊んだことのある「どうぶつの森」や「Ingress」、「クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)」、「Pokemon GO」はゲームの中に他のプレイヤーがいても声を聞くことがなく、人間味を感じることは殆どありませんでした。

しかし、PUBG MOBILEはボイスチャットをしている人はもちろんのこと、文字だけのチャットを使ってコミニュケーションを取ってくる人が殆どです。
そのため、普段人と接しない私はゲームの中で他人と関わることができました。

反面、上記のように人間関係のトラブルに遭うこともありました。

アプリを削除(アンインストール)しました

記事の最初にあげた動画では、ゲームアプリを普段は目の届かないフォルダに移動しています。
私はもうゲームをしないと決めたので、アプリ自体を削除しました。

私はiPadでゲームをしていましたが、iPhoneやAndroid端末にもPUBG MOBILEをインストールしていて、どの端末からでもアクセスできるようにしていました。
PUBG MOBILEはアプリサイズが1GB以上あります。
これを全ての端末から削除しました。

結果的にスマホの空き容量が増えました。

毎日、ログインしない

私はもうアプリを削除したので、ログインすることはできません。
PUBG MOBILEでは毎日ログインし続けることでアイテムがもらえ、そのアイテムを集めると「スキン」というゲーム内のキャラクターが着る衣装や道具の見た目を変えることができます。

PUBG MOBILEの優れた点の一つにこのスキンにはゲーム内の強さに影響しないという点があります。
他のゲームですと課金すればするほど、他のプレーヤーよりも強くなったり有利になりますがPUBG MOBILEでは課金しても強さは変わりません。

完全に自己満足の世界です。

この自己満足のために時間を費やすことに何の意味があるのか改めて考えさせられました。

スマホゲームの中毒性

ゲームは気分転換に時間を決めて、短時間遊ぶものであればいいかもしれません。
しかしそれが作業と化し、毎日ゲームにログインしないといけない、遊ばなくてはいけないという感覚になってきたらゲームをすることを見直してください。

動画ではスマホゲームをタバコに例えていました。
体に悪いことはわかっているのに止められない。

やめてどういう効果があったか

これは昨夜アンインストールしたばかりなので、まだわかりません。
ただ一つ言えるのは、やめたおかげでこの記事を書くことができました。

私がPUBG MOBILEをやっていた時には、「PUBGをしなくちゃいけないから、ブログを書く暇なんて無い」という状況にありました。
一日5時間以上もゲームをしているのですから、そうもなりますよね。

これが何日続くのかわかりませんが、確実に1日のうち自由に使える時間が数時間単位で増えました。
この時間を何に使うのかで私の今後の人生が変わってくると思っています。

もし、この記事が「スマホゲームをやめようかな」と思っている方に少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA