今日のiSyncrと私がチェックしているYouTube動画

By: Ross Griff - CC BY 2.0

iSyncrの同期、今日は調子がいいです。(夕方にはまた調子が悪くなりました)
一昨日から引き続き、iSyncrでiTunes上の音楽ファイルをHUAWEI P9内のmicroSDにコピーを続けています。
このコピー作業を始めてから、どうも眠りが浅いです。

夜中に目が覚めて、スマホを確認。
曲のコピーは終わっていないのに、iSyncrが終了していることを確認してガッカリ。
また、スマホ上のiSyncrアプリを起動し、同期をさせ目をつぶるという日々がここ2日ほど続いています。

今朝は、夜中に目が覚めて、同期をし直しをしたにもかかわらず、今朝方見てみたら、また止まっていました。

そんなわけで、今朝は残り3576曲から開始。
そして、15:17現在、残り1135曲まで来ています。

約9時間で2441曲のコピーが終わりました。
ということは、このペースでいけば約4時間で終わります。
今夜寝るまでに終わるかな。

昨日との違いは、曲の転送速度にあります。
HUAWEI P9では、画面の上部(ステータスバー)にデータの通信速度を表示する設定があります。
この機能は私が今まで使っていた端末の中では初めてです。

HUAWEI P9にある通信速度の表示設定

HUAWEI P9にある通信速度の表示設定


これまでにも2ちゃんねるを見てると、このような通信速度を表示しているスクリーンショットを見ることがありましたが、それらは後からインストールしたアプリのものだと思っていました。
もちろん、後からインストールしたアプリで表示しているものもあると思いますが、端末メーカーの設定でこういった速度を表示できるのはHuaweiのほかにもあるのでしょうか?

昨日まではここに表示される通信速度が「B/s」(Byte/s)という単位が多くとても速度が遅かったのですが、今日は「M/s」(MegaByte/s)と1000倍から1,000,000倍くらい速度が出ています。

ただ、昨日はどうしてそんなに遅かったのかという点については、疑問が残ります。
今日は外出する際に、一度、パソコンの電源を一度落としました。
そして、スマホの方は一度、再起動をかけました。
どちらに原因があったのかはわかりませんが、それから、iSyncrが途中で終了していません。

想像してみるに、パソコンからの送信か、スマホの受信かどちらかの通信速度が遅くなりすぎて、iSyncrがデータを受け取れないと判断し、アプリが終了していたのかもしれません。

16:00現在、この記事を書いているうちに、2807曲中1987曲のコピーが終わりました。
残り820曲となりました。

約40分で315曲のコピーが終わったことになります。
昨日の夜は2時間で181曲でしたからやはり倍以上の早さですね。

私の場合、同期するプレイリストの読み込みだけで1時間くらいかかっていましたので、一度中断してしまうと、コピー作業に入るまでに1時間は無駄になってしまいます。
それがないだけでも、スムーズにコピーが進みます。

今日はこのコピー作業を進めつつ、YouTubeの動画をパソコンで見ていました。
見るのはやはり自分が今使っているスマホに関するものが多いですね。
今は、Galaxy S7とHUAWEI P9の比較動画を見ていました。

私がよく見る比較動画はこの2人のチャンネルです。

Samsung Galaxy S7 Edge vs Huawei P9 Detailed Camera Comparison. ►►► dbrand skins: Comparing the front-facing selfie cameras, the 4...
In-depth camera test between the Huawei P9 vs the Samsung Galaxy S7 Edge. Lets find out how does the P9 stack up against the unbeatable Galaxy S7 Edge. Enjoy...

この2つの比較動画を見ると、HUAWEI P9は動画に関してはGalaxy S7に及ばないということがよくわかります。
以前にも書きましたが、Galaxy S7のカメラは誰が撮っても明るく綺麗に写ります。
一方、HUAWEI P9のカメラは静止画に限っていえば、設定を追及することで自分好みの画像を得ることができるでしょう。
ただ、スマホでそこまでする人がどれくらいいるかということですね。

幸い私はどちらのスマホもあります。
手軽に撮りたいときにはGalaxy S7。
じっくり撮りたいときにはHUAWEI P9と思っています。

それにしてはまだHUAWEI P9をじっくり使いまわしていないんですけどね。
可能性があるのは嬉しいものです。

コメントをいただいた方々、本当にありがとうございました。 病み上がり初回の動画は15分という長いものになってしまいました。申し訳ありません。時間があるときに少しづつでも見ていただけると幸いです。 Galaxyをメインのスマホカメラとして使わなくなった理由 ロックがかかっていても。ホームボタン2回押しでカメラが起動...

この動画は日本人による両端末の比較動画です。
この動画をみて気づかされたのは、カメラの起動速度のことです。
iSyncrの同期がまた止まってしまったことで、別のことになってしまいました。

16:46
iSyncrの同期がまた終了していました。
今日は大丈夫だと思ったんですけどね。
また、1時間ほどかけてプレイリスト情報の取得です。
現時点でmicroSD内のsyncrフォルダの容量は65,934MBです。
Galaxy S7に入れてあるmicroSDのsyncrフォルダの容量は90,626MB。
まだ先は長そう、と思ったら、GalaxyのsyncrフォルダにはPodcastも含まれていました。
今回はHUAWEI P9にはPodcastは同期させていません。
それであれば、今後コピーすべき量は少ないですね。

ただ、気になるのが、ステータスバーの通信速度がまた「B/s」と極低速になっていることです。
どうもプレイリスト情報の取得は「B/s」のスピードしか出ていない模様です。
やはり、明日までかかるのかな。

話しを戻して動画の件です。
先ほどの日本人による比較動画で気づかされた点というのは、HUAWEI P9のギャラリーアプリからちょっとした加工ができるということでした。(なぜか上で書いていたのと違う話になってしまいました)
それがスプラッシュという加工。

カラーの画像から、特定の色を選択するとその色だけが残り他はモノクロになるという機能です。

Huawei P9にある加工処理スプラッシュ

Huawei P9にある加工処理スプラッシュ


上の画像は花の黄色い部分をタップしたものですが、花以外にも画面上に黄色い部分があるとそこの色も残ってしまいます。そこをモノクロにする処理は手作業です。今回は手抜きです。
まぁ外部の加工アプリを使えばもっと使いやすいものもあるのかもしれませんけどね。

ただ、HUAWEI P9の端末上で加工ができるということは、Exif情報も撮影時のときのままなんですね。
先日、HUAWEIのフォトコンテストの応募規約が、

「オリジナルデータをキャンペーン事務局(info@club-huawei-cp.jp)までお送りください。」
「個人でダウンロードされた携帯のアプリやinstagramのアプリにてカスタマイズ/加工された写真は無効と致します。 」

とあったのですが、これはHUAWEI P9端末内で、HUAWEI P9内蔵の画像編集アプリでの編集は認めるということなのでしょうかね。
そうなると、結局、被写体や構図など、撮る瞬間に決まるものではなく、編集が上手い人が選ばれることになる可能性があるので、私が思っていたものとは違うコンテストになりそうです。

写真家 若木信吾監修 HUAWEI P9で、「特別な日常」を切り取って、この瞬間の感動を共有しよう!「特別な日常」フォトコンテスト

あとは私は使っていなかったのですが、Galaxy S7は画面オフ時にホームボタンをダブルクリックでカメラが立ち上がり、そのまま撮影ができます。HUAWEI P9はボリュームを下げるボタンをダブルクリックでカメラが起動します。
先の動画の方はGalaxy S7 edgeでこの機能を使って動画を撮ったものが保存されていなかったといいます。

これは残念ですよね。
私の場合は指紋認証からホーム画面を出してカメラアプリを使うことしかしていませんでした。
こちらの方法だと保存されなかったということは私もありません。
ただ、指紋認証がGalaxy S7では失敗することが結構あります。
結果的に、私にとってはHUAWEI P9での指紋認証からカメラアプリを起動する方が早いです。

17:43
iSyncrはプレイリストの読み込みが終わって、曲のコピーが始まりました。
残り655曲です。
通信速度が時折B/sになるのが不安を誘いますが、とりあえずこのまま放置してみます。
19:47
あの後、また一度iSyncrが終了しました。
Wi-Fiで動画をハングアウトで送ったのですが、その処理が重くてiSyncrが強制終了したのでしょうか。
現在は残り337曲中66曲目の転送中です。
16:00頃のペースで行くと1時間以内には終わりそうなんですけどね。
曲の転送時には「M/s」という通信速度が出るのですが、その合間合間で「3桁B/s」のスピードに落ちるのがなぜかわかりません。

20:36
ようやく同期が完了しました。
合計8061曲。容量は71,823MBでした。
今後、iSyncrアプリでiTunesの曲を同期しようという方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、書き込み速度26.10MBのmicroSDに71GB分の曲データをWi-Fiでコピーしようとすると約48時間くらいかかったということをここに記しておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする