「KDDIによるビッグローブの子会社化について」思うこと

By: Luis Ascenso - CC BY 2.0

今日、Twitterのタイムラインを眺めていましたら、こんなツイートが目に入りました。

正式発表きました。KDDIによるビッグローブの子会社化について 

2ちゃんねるのBIGLOBE SIMのスレでも数日前から話題になっていましたが、現実のものになったんですね。

以下はKDDIによる正式なニュースリリースです。

KDDIのニュースリリース KDDIによるビッグローブの子会社化について

私の中ではBIGLOBEといえば、NEC系列のインターネットプロバイダという認識がありました。
しかし、Wikipediaで調べてみると、2014年にはNECから完全に独立していたんですね。

今回のKDDIによるBIGLOBEの子会社化によって、どのような変化が起こるのでしょう?

BIGLOBEのSIMに関しては、私は一時期、YouTubeの動画が見放題になるオプション「エンタメフリーオプション」の発表から気になっていました。

ただ、エンタメオプションは月6GB以上のプランでないと申込みができません。
私の場合は、データ用(SMS付き)で検討していたので、

月6GBプラン(SMS付き) 1,570円
エンタメオプション 980円
合計 2,550円(税抜き)

YAMADA SIM PLUS 使い放題(SMS付き) 2,630円(税抜き)

ということで、差額が80円なら、YouTube等の動画以外のパケットも使い放題な YAMADA SIM PLUS を選択しました。

2ちゃんねるで BIGLOBE のスレを追ってみていると、お昼時にいつもスピードテストをしてくれる人がいるのですが、下りは1Mbps以上は出ていないようでした。
その代わり、上りは YAMADA SIM PLUS が常に 3Mbps 以上出ることがないのと比べると、平均して10Mbps以上出ているように見えました。

私の場合は、上りの速度を必要とすることはあまりないので、 BIGLOBE SIM と YAMADA SIM PLUS の比較では、YAMADA SIM PLUS の方で良かったのだと思います。

話しを戻します。
今回のKDDIによるBIGLOBEの子会社化によって、KDDIは何を求めていくのでしょう?

BIGLOBE では今でも BIGLOBE WiMAX 2+ のサービスを取り扱っています。

私は今までがドコモ系の回線しか使っていなかったので知らなかったのですが、WiMAX 2+のサービスプロバイダもいろいろあるんですね。

そのうちの一つ、UQコミュニケーションズはKDDIの子会社です。

今回、子会社になった BIGLOBE と既存の UQコミュニケーションズで同じ WiMAX 2+ の事業を展開させていくのは無駄なので、これは BIGLOBE での取り扱いを止めて UQコミュニケーションズでの取り扱い一本にしていくのかなと想像しています。

まぁ、それだけでは子会社化することのメリットは少なすぎる気がしますので、もっと何か大きなものが BIGLOBE にはあるんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする