Pixel 2にAndroid 9 Pie正式版リリースPPR1.180610.009

今日は第一火曜日。
これまでの傾向を見ているとGoogleの端末NexusやPixelシリーズにセキュリティアップデートが配信開始される日です。
Pixel2にはAndroid9が来るのは知っていましたが一部メディアによると今月20日という情報でした。
それが本日やって来ました。

アップデート通知

毎回Androidのバージョンにはお菓子の名前が愛称としてついていましたが、Android9は「Pie」になったんですね。
今回のアップデート用ファイルのサイズは1139.6MBとなっています。
さすがにメジャーアップデートだけあります。

Pixel2のAndroid9へのアップデート通知
Pixel2のAndroid9へのアップデート通知

アップデート内容

Androidのセキュリティ情報は以下リンク先を参照願います。

https://source.android.com/security/bulletin/2018-08-01

PixelやNexusシリーズ固有のセキュリティ情報は以下のリンク先に記載があります。

https://source.android.com/security/bulletin/pixel/2018-08-01

今回の目玉であるAndroidバージョン9(Pie)に関する情報は以下のリンク先に詳細があります。

https://www.android.com/versions/pie-9-0/

本日現在はEnglish版しかありませんが、Google翻訳を通してみれば内容は理解できると思います。

アップデート前

端末情報

Android バージョン 8.1.0
Android セキュリティパッチレベル 2018年7月5日
ビルド番号 OPM2.171026.006.G1

アップデート前の端末情報
アップデート前の端末情報

ストレージに占めるシステムの容量

12GB

アップデート前のシステムの容量は12GB
アップデート前のシステムの容量は12GB

実行中のサービスに占めるシステムの使用量

1.2GB

この値は変化するものなので参考値としてみてください。

アップデート前の実行中のサービス
アップデート前の実行中のサービス

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイル1139.6MBのダウンロード開始から「今すぐ再起動」の画面が出るまで約25分でした。
この時間にはバッテリー残量が39%となり、インストールが一時中断した時間(1分以内)も含みます。

アップデート後

端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2018年8月5日
ビルド番号 PPR1.180610.009

ビルド番号の最初の文字がOからPになりました。
これはこれまでのOreoからPieに変わったことを意味しているのでしょう。

アップデート後の端末情報
アップデート後の端末情報

ストレージに占めるシステムの容量

9.0GB

アップデート前の12GBから9.0GBに3GBも減りました。

一方、「その他のアプリ」という項目がアップデート前の7.4GBから8.9GBに1.5GB増えています。

アップデート後はシステムの容量が9.0GBにまで減少(-3GB)
アップデート後はシステムの容量が9.0GBにまで減少(-3GB)

実行中のサービスに占めるシステムの使用量

1.2GB

これは参考値になりますがアップデートの前後で変化はありませんでした。

実行中のサービスはアップデート前後で変化は無し
実行中のサービスはアップデート前後で変化は無し

気付いた変更点

時刻表示が右上から左上に移動

Android9ではノッチ付きディスプレイに対応しました。
ノッチがある分、画面上部に表示できる情報が少なくなることから時刻表示を左上に移動したのだと思います。

設定アプリメニューがカラフルに

アップデート前の画面を撮っていませんでしたが、アップデート後はこんな感じでシンプルながら見やすくなったと思います。

設定メニュー内のアイコンがカラー表示になりました
設定メニュー内のアイコンがカラー表示になりました

履歴キー(タスクキー)は無くせます

標準状態では今までと同じ「戻る」、「ホーム」、「タスク」ボタン表示です。
以下の設定をオンにすることで丸いホームボタンから横長のボタンに変わり、タスクボタンがなくなります。
iPhone Xと2台持ちしている方は操作感が似ているので、こっちの方が使いやすいかもしれません。

タスクボタンの表示、非表示機能
タスクボタンの表示、非表示機能

タスクを「すべて削除」する機能が無くなりました

今までもNexus 5Xではタスクボタンを押した時「すべて削除」が履歴の一番奥の所にあって削除しにくかったのですが、これもiOSと同じ方式になりました。
タスク履歴を削除したい場合はアプリを一つ一つ上にフリックして削除することになります。

これはiOSもそうでしたが、Androidでも自分から積極的にタスク履歴を削除する必要が無いというGoogelの考えなのだと思います。

タスクの切り替えはiPhoneXと同じ方式に変更
タスクの切り替えはiPhoneXと同じ方式に変更

スクリーンショットは電源ボタン長押しのメニューからも撮影可能

これはXperiaと同じ方式ですね。片手でもスクリーンショットが撮りやすくなりました。
ただ、スクリーンショットを撮った後にその画像を編集や共有、削除する機能も付きました。この機能、私みたいに何枚も連続でスクリーンショットをとる場合にはいちいちその通知を消すのが面倒です。(しばらく待っていればこの通知は自動で消えます)

このあたりもiOSと同じ不満点です。編集するかどうかのメニューを出さないように設定できるといいのですが、Androidの標準機能としては追加されないでしょうね。他社の端末がAndroid9対応になった時にどんなカスタマイズをしてくるかに期待したいと思います。

スクリーンショットは撮りやすくなりましたが、編集機能は私には不要
スクリーンショットは撮りやすくなりましたが、編集機能は私には不要

PUBGのデフォルト設定はHD画質

まだ遊んでおらずインストールしてみただけなのですが、Pixel2のスペックだとクオリティ「HD」、フレーム設定「高」が標準で選択されていました。

Androidバージョンが最新なのは普通の人にとってはデメリットもあります。
自分がいつも使っているアプリが対応していないこともあるからです。
Pixel2を使っているような人はその点は理解していると思いますが、端末を1台しか持っていないような人はバージョンアップを控えた方がいいかもしれません。

PUBG MOBILEはインストールできました
PUBG MOBILEはインストールできました

イースターエッグは今のところ見当たらず

Android 7 NougatではNeko集め、Android 8 Oreo ではタコを動かすことができましたが、Android 9 PieではAndroidバージョンをタップしたり長押ししても、あまり面白いことはできません。
一応、この記事のアイキャッチ画像にした派手な「P」という文字が表示されます。

今月はGalaxy S8+でいこうと思っていましたが、Android 9 Pieが来たのでしばらくはPixel2を使い、どんな点が変わったのかもう少し調べてみたいと思います。

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 2 9 2018年8月5日 2018年8月7日
Nexus 5X 8.1.0 2018年8月5日 2018年8月7日
OnePlus 3T 8.0.0 2018年7月1日 2018年7月31日
HUAWEI Mate 9 8.0.0 2018年7月1日 2018年7月31日
HUAWEI Mate 10 Pro 8.0.0 2018年7月1日 2018年7月29日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Galaxy S8+ 8.0.0 2018年6月1日 2018年7月13日
ZenFone 3 8.0.0 2018年6月1日 2018年7月13日
Xperia XZ 8.0.0 2018年6月1日 2018年7月6日
Moto G4 Plus 7.0 2018年4月1日 2018年5月12日
Galaxy S7 7.0 2018年1月1日 2018年2月2日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA