香港版Galaxy S8+に2020年12月分のセキュリティアップデート

昨日の香港版Galaxy S10に引き続き、香港版Galaxy S8+のアップデート状況を確認しましたら、こちらにもセキュリティアップデートが来ているようでしたので引っ張り出してきました。

アップデート通知

今回のアップデート用ファイルのサイズは 109.27 MBとなっております。

香港版Galaxy S8+のアップデート通知
香港版Galaxy S8+のアップデート通知

アップデート内容

・ The latest Android security patch has been applied.
– Device security has been further enhanced.

上記をGoogle翻訳しますと以下のようになります。

・最新のAndroidセキュリティパッチが適用されています。
-デバイスのセキュリティがさらに強化されました。

なお、今回のアップデートは下記サイトを見ると2021年1月5日から配信が開始されていたようです。

https://doc.samsungmobile.com/sm-g9550/tgy/doc.html

アップデート前

ソフトウェア情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2020年9月1日
ビルド番号 PPR1.180610.011.G9550ZHU6DTJ1

アップデート前のソフトウェア情報
アップデート前のソフトウェア情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイル 109.27 MBのダウンロードにかかった時間は我が家の通信環境で約2分でした。

アップデート後

ソフトウェア情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2020年12月1日
ビルド番号 PPR1.180610.011.G9550ZHU6DTL1

アップデート後のソフトウェア情報
アップデート後のソフトウェア情報

ストレージに占めるシステムの容量

14.9GB
この値はアップデートの前後で変化はありませんでした。

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

ちなみにドコモ版Galaxy S8+ SC-03Jの最終アップデートは2019年12月19日に配信開始のものを最後に途絶えています。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/product_update/sc03j/index.html

久しぶりにGalaxy Sシリーズを使ってみるとやはりPixelシリーズと違い、細かな使い勝手がいいんですよね。

私が持っているGalaxy S10は指紋認証が画面内ですが、ほとんど認証できません。
一方、このGalaxy S8+は背面に指紋認証があります。
ただこの背面の指紋認証もカメラの横にあり、Pixelシリーズのように丸型ではなく長方形で大きさも小さいため、意識せずに位置を合わせるのが難しいです。特にケースに入れてしまうと、接触する部分がより狭くなってしまい、指紋認証を使うことはあまりありませんでした。
顔認証に関してはGalaxy S10が2Dの認証方式なためセキュリティが甘く、マスク必須の使い方では使い物になりません。
一方、Galaxy S8+の方は虹彩認証となっており、セキュリティが高く、マスクをしていても使えるのは利点です。

私はiPhoneとAndroid端末の2台持ちをしていますが、指紋認証の使いやすさ、セキュリティパッチの配信頻度では今のiPhone SE(第2世代)とPixel 4aが一番です。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 4a 11 2021年1月5日 2021年1月5日
Pixel 3 11 2021年1月5日 2021年1月5日
Galaxy S8+ 9 2020年12月1日 2021年1月31日
Galaxy S10(香港版) 10 2020年12月1日 2021年1月30日
Galaxy S10(楽天版) 10 2020年11月1日 2020年12月3日
Pixel 2 11 2020年10月5日 2020年10月6日
HUAWEI Mate 20 Pro 10 2020年9月1日 2020年11月9日
Galaxy S7 8.0.0 2020年9月1日 2020年12月31日
HUAWEI Mate 10 Pro 10 2020年7月1日 2020年12月1日
Black Shark 2 10 2020年6月5日 2020年9月11日
HUAWEI Mate 9 9 2020年3月1日 2020年6月3日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください