iPhone 7 Plusのポートレートモードが気になる

ワイドアアパチャー効果
ワイドアアパチャー効果

昨日、更新が来たiOS 10.1へのアップデートでiPhone 7 Plusではベータ版ながら、ポートレートモードといって、背景を自動でぼかすような機能が追加されました。

背景ボケといえば、私が使用しているHUAWEI P9にもワイドアパーチャ機能というものがあります。

同じようにダブルレンズ。
iPhone 7 Plusは標準と望遠。
HUAWEI P9はカラーとモノクロ。

違いはありますが、そのボケの効果がどの程度のものか、そして、HUAWEI P9とどちらが自然なボケなのか比較してみたいです。

でも、私にはiPhone 7 Plusを買う予定余裕はありません。

そこで、自分が今持っているHUAWEI P9のワイドアパーチャ機能について、少し確認してみました。

まずは位置関係を確認しておいてください。

撮影時の位置関係

撮影時の位置関係

カメラが一番手前。
カメラに付いているPENTAXというロゴとリップクリームがほぼ同じ位置。
リップクリームの延長線上にペットボトルを置きました。

最初に撮ったのは「標準」モードです。
これ以下の画像はクリックすると、別ウィンドウで1024 x 768 pixのサイズで開きます。

標準カメラモードで撮影

標準カメラモードで撮影

だいたい、どの部分にもピントが合っている状態です。撮影する時にはリップクリームをタッチしてからシャッターを押しました。

次の画像はワイドアパーチャモードにしてからの撮影です。

リップクリームにピントを合わせました

リップクリームにピントを合わせました

撮影時には同じくリップクリームをタッチしてからシャッターを押しました。

パッと見てわかる違和感がありますね。
リップクリームの中でもピントがもやっとしてる部分があります。
また、後ろにおいてあるはずのペットボトルにもピントが来ています。

次はカメラのPENTAXというロゴの部分をタップして保存しました。

カメラの「PENTAX」というロゴにピントを合わせました

カメラの「PENTAX」というロゴにピントを合わせました

ちなみにHUAWEI P9のワイドアパーチャ機能は一度撮影した後、標準のギャラリーアプリから画像を開くとピントの位置を再調整することができます。

iPhoneの場合は、撮影時にどこにピントを合わせるか決めるということなので、その点は違いますね。

話しを戻します。
PENTAXのロゴの部分はリップクリームとほぼ同じ位置なのですが、カメラにしかピントが来ていませんね。

次は同じカメラでもレンズの先端付近をタッチしてピントを合わせました。

カメラのレンズ先端付近にピントを合わせました

カメラのレンズ先端付近にピントを合わせました

微妙ではありますが、レンズ先端部分の数値が読み取りやすくなり、カメラのサイド部分にある「K100」というプリントやシャッターボタン付近がぼやけました。
これをみると、距離感を考慮したボケになっているかと思います。
ただ、距離感を考慮したなら、横に置いてあるリップクリーム部分にもそれなりにピントがこないとおかしいんですよね。
そこはやはり、疑似的なボケ効果なんでしょうね。

次は、ペットボトル部分にピントを合わせました。

ペットボトルにピントを合わせました

ペットボトルにピントを合わせました

結果は最初にリップクリームにピントを合わせたものと同じですね。

これらの結果から、HUAWEI P9ではリップクリームと後ろのペットボトルとの区別が付いていないのではないかと思います。
手前にあるものが、もう少し大きなものであれば良かったのかもしれませんね。

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮られた写真については、Twitterのモーメントという機能を使ってまとめています。
もし、興味がありましたら、参照願います。

iPhone 7 Plus のポートレートモード
https://twitter.com/i/moments/791102541689819136

あと、今日、「iPhone 7 Plus ポートレート」でググってみましたら面白い検証結果が出ていました。

【検証】iPhone7 Plusの背景ぼかし撮影「ポートレート」(被写界深度エフェクト)を試してみた! これは完全に「人物専用」の機能だと思ったほうが良いぞ | ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2016/10/26/816936/

「ポートレート」(肖像)という名前のとおり、手前にピントを合わせたいものがあっても、後ろで人がiPhoneの方を向くとその後ろにいる人の顔にピントがいってしまうというのです。

先のTwitterにあがっているポートレートモードを使った写真を見ると、そのような撮り方をしたものは見当たらないので、普段使っていて上記のようなハプニングに出会うことはほとんどないと思います。

ただ、私がこれまでGoogleフォトを使っている中で、見知らぬ人物がアルバムの中にあるなと思ったら、セルフィーで撮った画像にたまたま目線がこちらを向いていた人が入っていたことがあります。
iPhoneのポートレートモードは写真をより印象的に撮りたいなんて時に使うと思いますので、撮影後はピントが思ったとおりのものに来ているかどうか念のため確認した方がいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする