ワイモバイルのiPhone5sはお得なのか

By: brownpau - CC BY 2.0

前回の記事で私の音声用契約を FOMA から別のものにするか考えている旨を書きました。

最近、モバイル環境が落ち着いてきてしまい、物足りなさを感じています。

その記事を読んだ家族の一人が、ワイモバイルに MNP することに対し興味を持ちました。

当人いわく、「ワイモバイルだとYahoo!のサービスでポイントが貯まるから」だとか。

私はそういうポイント系サービスには、ほとんど興味がないんですけど、ポイント集めるのが好きな人いますよね。

たぶん、こういうサービスのことだと思います。

ヤフー連携サービス

本人の気が変わらないうちにと思い、ワイモバイルのオンラインショップでどんなプランや端末があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

ワイモバイルなら何を契約する?

まず、目についたのがこちら。

iPhone 5s 32GB 2GB/月プラン

毎月端末代込で1年目は2,138円。

そして、もう一つがこちら。

こちらは端末無し、 SIM のみの契約。 2GB/月プラン

毎月2,138円(1年目)

この2つ。

感のいい人なら、この時点で気がついていると思うのですが、片方は iPhone が付いて月額2,138円。
もう一方は、 SIM のみで月額2,138円。

同じ金額なら、 iPhone が付いてきた方がいいんじゃない?

って思いますよね。

私もそう思い、何か罠がないかずっと調べていました。

ワイモバイルでiPhone5sを購入した場合

その結果わかったことは、 iPhone 5s をワイモバイルで購入した場合に付いてくる SIM は、このワイモバイル販売版 iPhone5s でしか使えないものであるということでした。

正確にいえば、この SIM を他の SIM フリー端末に挿した場合、通話は出来るけど通信ができません。

その理由は、この SIM 用の APN が公開されていないため。

でも、ググれば出てきました。

このワイモバイル iPhone5s 用の SIM (通称「 n141 」)を他の Android 等 SIM フリー端末に入れて使いたい場合には下記の設定でいけるようです。

APN:kqtqjs
ユーザー名:tnsrknk
パスワード:cmtknrn
認証タイプ:PAP

また、 SIM フリー iPhone で使いたい場合には上記の情報を下記サイトに入力し、プロファイルを作成ダウンロードすることにより、可能とのことでした。

ただし、この件はワイモバイルが公表しているものではないので、今後、規制がかかる可能性があります。

そうなると、ワイモバイルで iPhone5s を購入した場合、その SIM は使い回しができず、 iPhone が壊れるか、別の端末に機種変更するまで使いみちがありません。

SIMのみを契約した場合

一方、 SIM のみ契約の場合。

この SIM を SIM フリー iPhone で使う場合には、下記サイトから公式のAPN設定用の構成プロファイルをダウンロードすることになります。

こちらは公式に配布されているものなのですが、残念ながら SIM フリーの iPhone なのにテザリングができません。

しかし、 Android 端末で使う場合にはテザリングは可能です。
設定値は下記リンク先に書いてあります。

APN(アクセスポイント)の設定
APN:plus.acs.jp
ユーザー名:ym
パスワード:ym
MCC:440
MNC:20
認証タイプ:CHAP

MMSの設定
MMSC:http://mms-s
MMSプロキシ:andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート:8080

どちらを選ぶ?

さて、皆さんがワイモバイルに MNP するとしたら、どちらの契約をしますか?

私の場合、 iPhone を通話用と最低限のメール、 SNS ができる通話がメインの端末。
Android はネット閲覧や2ちゃんねる、ゲームなど、余裕を楽しむ端末にしたいと思います。

その場合であれば、 iPhone5s で契約し、 Android 端末の方は他社の MVNO 契約 SIM を入れるか、ワイモバイルの契約にシェアプランを追加するのがいいのかなと思っています。

ただし、非公式で iPhone5s の SIM を他に使いまわす方法があるとはいえ、公には3年以上前に発売された端末を使い続けなければならないというのが引っかかります。

それであれば、 SIM のみ契約で手持ちの SIM フリーiPhone SE にワイモバイルの SIM を入れて、 iPhone でのテザリングはきっぱり諦めた方がいいのかなと思います。

私の1枚の SIM でどんな端末でも、通話も通信も、テザリングもできるという夢?は果たせないんですけどね。

そんなことを考えていたら、他の家族からメールがきました。

ドコモの980円も払えないのかと。

うーん。
実際は払えないというよりも、贅沢な使い方なんですよね。

私の夢を叶えるために、どれにでも対応できる SIM にしたいというのは。

みんなを丸く収めるためには、私から電話をかけることはあまりないのに私がドコモの養分になることです。

FOMA 契約を Xi に変え、カケホーダイライトと2 GB 程度のパケットプランを申し込む。

ちなみにこの料金が月額5,500円くらいになるというのは前回の記事に書いたとおりです。

ワイモバイルなら月額2,138円。

その差、3,362円。

3,362円あれば月に10分を超える通話が77分使えるんですけどね。
ちなみにその「980円も払えないのか」とメールに書いてきた家族とはこの1か月電話で話したことはありませんでした。

今のところは、ワイモバイルの SIM のみ契約プランが有力な候補でしょうか。

ちなみに、ワイモバイルは今、 SIM のみ契約プランで最大2万円のキャッシュバックを行なっています。

このキャッシュバック制度。
確か大手キャリアでは禁止されていますよね。

まぁ、 MNP するとなると、ドコモに2年縛りの解約金9,500円、MNP手数料2,000円、ワイモバイルに契約事務手数料3,000円と、合計14,500円程度はかかるので、キャッシュバックがあるからといっても、それほどプラスになるわけではないんですけどね。

これからの時期、今までケータイやスマホを持っていなかった子供が新しくスマホを持つようになることでしょう。
また、社会人になって気分を新たにするためにスマホを買い換える人もいると思います。

この月末から3月一杯は、キャリアのショップは混雑が予想されるので、 MNP するなら早めにオンラインで済ませたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする