ZenFone3(ZE520KL)のAndroid7.0と不具合

By: Brian Searle - CC BY 2.0

昨日2017年3月8日、2ちゃんねるをみていたら、 ZenFone 3 に Android 7.0 が来た旨の書き込みがありました。

私もさっそく ZenFone 3 ZE520KL TW 版をアップデートしましたのでその記録を残します。

スポンサーリンク

アップデート通知

アップデート用ファイルのサイズは 1,284.54 MB 。
やはりメジャーアップデートともなると 1 GB を超えてきますね。

ZenFone3に来たAndroid7へのアップデート通知

ZenFone3に来たAndroid7へのアップデート通知

アップデート前のシステム状態

Android バージョン 6.0.1
Android セキュリティパッチレベル 2016年11月1日
ソフトウェア情報 WW_13.20.10.152_20161222

ビルド番号 MMB29P.WW_Phone-13.20.10.152-20161222
060020821_201607200030

アップデート前の端末情報

アップデート前の端末情報

さて、このシステムがアップデートでどのようになるかが見ものです。

と、いいつつ、実際にアップデートを開始したのは昨日の夜だったんですけどね。

ストレージに占めるシステム予約領域

ちなみにこちらはアップデート前のストレージに占めるシステム予約領域のサイズです。

11.34 GB がシステム用として予約されています。
この領域が Android 7.0 で変化するのかも見ものでした。

ストレージ中のシステム予約領域の容量

ストレージ中のシステム予約領域の容量

まず、アップデート用ファイル 1,284.54 MB のダウンロードは我が家の環境では約18分かかりました。

その後のアップデートに要する時間は「推定インストール時間:30分」となっています。

アップデート中

アップデート中の画面はこんな感じ。

ZenFone3のAndroid7.0へのアップデート中画面

ZenFone3のAndroid7.0へのアップデート中画面

先日、 Xperia Z5 Compact のアップデートをした時にはドロイド君が出てきましたが、 ZenFone 3 ではドロイド君は出てこないんですね。

最近、欲しい(ストレージ128 GB 、ディスプレイサイズ 5.2 インチ以下、国内用 SIM を挿してもスクリーンショット時の音がしない)...

アップデート後に行われるアプリの最適化は私の環境では202個のアプリが対象でした。

アップデートが完了し、ホーム画面が表示されたのはアップデート開始後28分経過したときでした。
最初の案内で「30分」と出ていたのは、ほぼ正確だったんですね。

バッテリー残量は100%から96%に減少していました。

アップデート後

こちらがアップデート後の端末情報。

Android バージョン 7.0
Android セキュリティパッチレベル 2017年1月1日
ソフトウェア情報 WW_14.2015.1701.8_20170222

ビルド番号 NRD90M.WW_Phone-14.2015.1701.8-20170222
070010915_201612010002
0010000300001

アップデート後のシステム情報

アップデート後のシステム情報

アップデートの具体的な内容については、 ASUS の公式サイトに掲載されています。
この情報は昨日の時点ではまだ更新されていませんでした。

ASUS(エイスース)のSIMフリーマートフォン「ZenFone 3 (ZE520KL)」製品ページです。月々の電話代が驚くほどお得になるSIMフリーマートフォン。ZenFone 3の優美で洗練されたデザインは、自然の美しさにインスパイアされています。

以下は公式の英文情報を Google 翻訳した結果です。

ASUS ZenFone 3 ZE520KL(ASUS_Z017D)ソフトウェア画像:WW SKUのみのWW_14.2015.1701.8(Android N)
改善項目:
1. Android 7.0 Nougatへのソフトウェアアップデート。アップデート後に内部ストレージがわずかに減少し、データをバックアップし、SDカードにメディアファイル(ピクチャ&ビデオクリップ)を再配置して、ソフトウェアのアップデートを開始する前に少なくとも1.5GBのストレージを予約することを推奨します。
2. “バンドルされた通知スイッチを追加します(設定>通知>通知の設定)
1つのアプリに対する複数の通知が受信されると、それらをまとめて1つのグループにすることができます。このグループを展開して個々のメッセージを見ることができます。
3.タッチパフォーマンスを向上させる
4. “削除” “共有リンク” ”
Android MからAndroid Nにアップグレードするユーザーの場合、ASUS Shareのリンクが正しく機能しないため、次の代替ソリューションをご利用ください。
その他の代替アプリ:
・LAN経由でファイルを共有する場合は、ASUSファイルマネージャのネットワークプレースと無線転送機能を使用できます。

ローカル、microSD、LAN、クラウドストレージのファイルの管理ツール

・WiFiホットスポットを使用してWindows 10 PCまたはAndroidデバイスにファイルを共有する場合は、「Share Link」と互換性のある「ZenLink」を使用することもできます。このアプリは12月にgoogle playに参加する予定です

Bring your ZenFone to life with the all-around performer ZenUI Launcher, personalize your screen with ZenUI Themes, and explore a world beyond imagination with ...


5. “すべてのアプリメニューから、冗長アプリのショートカット”オーディオウィザード “、” Splendid “、”システムアップデート “、”懐中電灯 “を削除します。
・オーディオウィザードを有効にする方法? (システム設定>サウンド&バイブレーション>オーディオウィザード)
・Splendidを有効にする方法は? (システム設定>ディスプレイ>スプレンディッド)
・システムのアップデートを確認する方法は? (システム設定>システムアップデート)
・どのように懐中電灯をオンにする? (クイック設定>懐中電灯) ”
6.「PC Suite」(CD-ROM)を削除します。
7.「削除」をタップ&ホールドして、メニュー「フォーム設定> ASUSカスタマイズ設定>タッチキー設定」を表示します。
タッチキーの設定で「タップ&ホールドしてマルチウィンドウを有効にする」を追加します。

8.・クイック設定は複数のページをサポートしています。ユーザーは12以上のものを使用すると、より迅速な設定を見るために左から右にスワイプできます。
・右上の編集ボタンをタップして編集画面に入り、有効または無効にする設定を指定できます。

9.「音量パネル」と「音と振動」設定の「着信音と通知」の音量バーを「着信音」と「通知」音量バーに分割します。
ユーザーは、「設定」 – >「サウンドとバイブレーション」の「ボリュームを同期」を無効にしてこの機能を適用できます
10. Easyモードをお使いの方は、Android MからAndroid Nにアップグレードした後、Launcherのアプリメニューが表示されます。デフォルトのランチャーを再度選択してください。
11. Easyモードを使用しているユーザーの場合、Android MからAndroid Nにアップグレードした後、ランチャーはデフォルトのランチャーに戻ります。「設定」>「簡易モード」で有効にしてください。
12. Android MからAndroid Nにアップグレードして工場出荷時の設定に戻す場合は、ホームワークスペースが新しいレイアウトに更新されます。

新機能:
1. FETおよびVowifiのイネーブル

アップデート前にはストレージに 1.5 GB 以上の空きを必要としていたんですね。
何も気にせずアップデートしていました。

アップデート後のストレージ容量

こちらがアップデート後のストレージに占めるシステム予約領域です。
11.34 GB

アップデート後のストレージ容量

アップデート後のストレージ容量

結局、 Android 7.0 へのアップデート後でもこの予約領域のサイズは変わらなかったんです。

現在私が持っている端末で Android 7.0 にアップデートされているもののシステム用領域サイズは以下のとおりとなっています。

Nexus 5X 4.24 GB
Moto G4 Plus 6.62 GB
HUAWEI P9 6.92 GB
Galaxy S7 7.27 GB
Xperia Z5 Compact 9.42 GB
ZenFone 3 11.34 GB
HUAWEI Mate9 11.34 GB
Xperia XZ F8332 13.59 GB

これらをみると ZenFone 3 がシステム用として確保している領域が他の端末と比べて大きめだということがかわかります。( Mate9 と同じ量でしたね)
それだけ、素の Android と比べて端末メーカーが手を入れている部分が多いということでしょうか。

アップデート後にみつかっている不具合

今回のアップデートで、今のところ気になる点は「マルチタスクボタン」を長押しした際の動作ですね。

ZenFone シリーズでは「マルチタスクボタン」長押しで「スクリーンショットを撮る」か「メニューを表示する」かを割り当てることができます。

Android 7.0 ではさらに「マルチウィンドウ」の機能が割り当てられるようになりました。

そのため、 ZenFone3 では「マルチタスクボタンの長押し」に3つの機能があることになります。

しかし、今回のアップデート後は「スクリーンショットを撮る」ことと「マルチウインドウ」の機能は切り替えることはできるのですが、「 ASUS カスタマイズ設定」と「スクリーンショット」の設定メニューをどのように組み合わせても「メニューを表示する」方法が取れなくなっています。

正確には

「 ASUS カスタマイズ設定」>「マルチタスクボタン」>「ボタンを押し続け、メニューを表示する」
「スクリーンショット」>「マルチタスクボタン」>オフ

この設定にしても、「メニューを表示する」ことができません。
長押しは「マルチウィンドウ」となってしまいます。

最近のアプリは画面上に「メニュー」アイコンが表示されるようになっていると思いますが、 Battery Mix 等一部のアプリにはメニューボタンがありません。

電池を食っているアプリを特定!スマホの動作をサクサクに。BatteryMixはスマホのバッテリーの持ちを良くするための様々な情報を提供します。

Galaxy S7でメニュー機能を使いたい場合

Galaxy S7 の場合は、「戻る」ボタン長押しで「メニュー」を表示できます。
一部のアプリは「戻る」を長押しするとアプリが終了してしまうので、そんなときは

「設定」>「ユーザー補助」>「操作と制御」>「アシスタントメニュー」>「オン」>「他のオプション」

という項目を設定して、「メニュー]を表示させることもできます。

GalaxyS7にあるアシスタントメニュー機能

GalaxyS7にあるアシスタントメニュー機能

それでも、古いアプリ等は「メニュー」表示できないものもありますけどね。

今回の ZenFone 3 の Android 7.0 へのアップデートではこの「メニューを表示させる」という機能にバグがあります。
そのうちバグ修正のためのマイナーアップデートが来ることでしょう。

端末を ZenFone3 一台しか持っていなくて、普段使っているアプリで「メニュー」を開くために、これまで「マルチタスクボタン」長押しをしていた方は、アップデートはせずにマイナーアップデートを待っていたほうがいいと思います。

まぁ、今現在このバグで困っているのは、国内正規販売版の ZenFone 3 を使っている人ではないので、大きな声で不具合を訴えることもできないと思いますけどね。

Galaxy S7にAndroid 7.0が来るのはいつか

さて、私が今手元に出している最近の端末で、 Android 7.0 になっていないのは Galaxy S7 のみとなりました。

こちらはいつ来るのでしょうか。
2ちゃんねるをみてると、一部のユーザーには来ているようですが、世界中にユーザーが数百万人はいるでしょうから、アップデート用のサーバーにかかる負荷を考えると徐々にしか無理なんでしょうね。

下記リンク先を見てると、次のアップデート配信は3月中旬頃にまた一部のユーザーに来るのかなと思っています。

ただ、アップデートがきても Android 7.0 のままなんですよね。
どうして、 Nexus や Pixel 以外では Android 7.1.1 にならないのか不思議です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする