Galaxy S7 SM-G930FD に Android7.0 がやってきた

Photo credit: Janitors via Visual Hunt / CC BY

この1週間、ほぼ OnePlus 3T の記事を書いてばかりで遅れてしまいましたが、私の持つ Galaxy S7 ( SM-G930FD シンガポール版)にも Android 7.0 Nougat がやってきました。

同様にドコモ版や au 版の Galaxy S7 edge にも Android 7.0 へのアップデートが来ています。

ドコモ版 Galaxy S7 edge SC-02H

ドコモの携帯電話Galaxy S7 edge SC-02Hをご利用の方に、製品アップデート情報をご案内します。

au 版 Galaxy S7 edge SCV33

Galaxy S7 edge SCV33 OS アップデート情報のご紹介ページ。auのお知らせの情報です。auのお知らせの情報です。

今回もグローバル版 Galaxy S7 ( SM-G930FD )のアップデートの前後について、記録しておいたことをまとめたいと思います。

私がアップデートに気づいたのはいつものように2ちゃんねるの書き込みからでした。

私は下記のサイトをブックマークに入れておいてそこをチェックしていれば気が付くと思っていたのですが、本日2017年3月26日現在でも私の持つシンガポール版のアップデート情報は記載されておりません。

All firmwares for Galaxy S7 in Thailand with model code SM-G930FD. We offer free and fast download options. Check them out now.

私が2ちゃんねるの書き込みを見て、端末でアップデートの確認をしたのが2017年3月14日のことです。

スポンサーリンク

アップデート用ファイルのサイズは1316.87 MB

更新内容

  • OS アップグレード- Android 7.0 Nougat
  • 最新のUXと様々なパフォーマンスモードを追加
  • 通知機能とクイック設定ボタンが改善されました
  • 改善されたマルチウィンドウのユーザビリティ
  • 設定メニュー、 AOD 機能の改善、及び Samsung Pass 機能の追加
  • ダウンロードアプリのインストールスペース効率化、システムのアップグレードおよびアプリのインストール速度の改善

とのことです。

Galaxy S7 の更新通知

Galaxy S7 の更新通知

アップデート前のシステム情報

Android バージョン 6.0.1
Android セキュリティパッチレベル 2016年11月1日
ビルド番号 MMB29K.G930FXXU1CPL1

アップデート前のシステム情報

アップデート前のシステム情報

ストレージの容量内訳

32 GB のストレージ中、システムとして 7.27 GB 使用されています。

アップデート前のストレージ内訳

アップデート前のストレージ内訳

私の環境では 1316.87 MB のアップデート用ファイルのダウンロードに約32分かかりました。

アップデート開始

アップデート中はこんな青地に白のドロイド君が表示されていました。

アップデート中

アップデート中

アップデート完了までにかかった時間は約16分でした。

アップデート後

こちらがアップデート後のシステム情報です。

Android バージョン 7.0
Android セキュリティパッチレベル 2017年2月1日
ビルド番号 NRD90M.G930FXXU1DQB7

Android7.0へのアップデート後のシステム情報

Android7.0へのアップデート後のシステム情報

以前のセキュリティパッチ更新時の記事に書きましたが、ビルド番号の下4桁目がやはり今回は「 D 」になっています。

私の寝床の友、 Galaxy S7 に久しぶりにセキュリティアップデートが来ました。 前回、この Galaxy S7 にセキュリティア...

APEQ
BPH2
CPL1
DQB7

これがこの端末のアップデートの回数を示すものだと思います。
ビルド番号の頭が「 M 」から「 N 」に変わったのは「 Marshmallow 」から「 Nougat 」に変わったからでしょう。

アップデート後のストレージ内訳

アップデート後のストレージに占めるシステムの容量はアップデート前と変わらず 7.27 GB のままでした。

アップデート後のシステム容量

アップデート後のシステム容量

ドコモ版とグローバル版のセキュリティパッチレベル

今回のアップデートで気づいた点としては、国内版の Galaxy S7 edge は Android セキュリティパッチレベルが「2017年3月1日」に対し、グローバル版である Galaxy S7 の方は「2017年2月1日」だったという点です。

これ、ドコモ版 Galaxy S7 edge のアップデート履歴を見比べてみると常に国内版の方が新しいものでした。

9月4日にXperia Z5 Compact E5823 9月5日にXperia Z3 9月16日にNexus 5X を、それぞれ...

ドコモ版

更新日 セキュリティパッチレベル
2016年9月7日 2016年8月
2017年1月5日 2016年12月
2017年3月16日 2017年3月

グローバル版

更新確認日 セキュリティパッチレベル
2016年9月21日 2016年8月1日
2016年12月29日 2016年11月1日
2017年3月14日 2017年2月1日

初めてのセキュリティパッチ更新が来た時は「2016年8月」と同じものでしたが、その後は配信開始の日付こそ数日早いもののセキュリティパッチレベルは国内版の方が一月分新しいということがわかります。

Galaxy S7 edge のアップデート頻度、セキュリティパッチの最新度については、グローバル版にメリットは無いですね。

Android 7.0 以降の端末とセキュリティパッチレベル

ここで今私が持っている Android 7.0 以降の端末とセキュリティパッチレベルについてまとめておきたいと思います。

セキュリティパッチレベルが新しい順です。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル
Nexus 5X 7.1.1 2017年3月5日
ZenFone 3 7.0 2017年1月1日
HUAWEI P9 7.0 2017年1月1日
OnePlus 3T 7.0 2016年12月1日
Xperia Z5 Compact 7.0 2016年12月1日
Moto G4 Plus 7.0 2016年12月1日
Xperia XZ 7.0 2016年12月1日
HUAWEI Mate 9 7.0 2016年10月1日

これらの端末のうち、 HUAWEI Mate 9 に関しては2017年3月14日からアップデートが開始されています。

2ちゃんねるを見ていると、 P9 と同じようにこれまで通知件数しか表示されなかったものが、一般的な Android 端末と同様に「アイコン」を表示できるようになっているようです。

さて、今日から2月。 新しい月には新しいスマホでといきたいところですが、そんなに毎月スマホを買い替えらるほど裕福ではありません。

それに合わせて、セキュリティパッチレベルもより新しいものに更新されることでしょう。

これまでの経過を考えると、 Galaxy S7 に次の更新が来るのは3ヵ月後。
Galaxy S7 を片付けて、 HUAWEI Mate 9 をまた出してこようかなと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする