2017年7月通信量と通信費のまとめ

今日から8月です。
昨日はあの記事を書いた後に夜にもスピードテストを行い、7月分のパケットを全て使い果たしました。
MVNO を使っていると翌月に余ったパケットを繰り越せるのですが、ワイモバイルには繰り越しという制度がないので、自分の使用量に応じたプランを選択する必要があります。

そんなわけで、私が契約している3社( 0 SIM 、 LINE モバイル、ワイモバイル)の7月分のデータ通信量をまとめてみたいと思います。

通信量

0 SIM

57 MB

この使用量は「速報値」となっています。
0 SIM の「前日のデータ利用量は、8:00から9:00頃にかけて集計されます。」とこのスクリーンショットの下に書いてあるのですが、本日2017年8月1日お昼すぎに確認した「昨日のデータ使用量」もこのスクリーンショットと同じでした。
よって、7月分のデータ使用量は 57 MB で確定です。

なお、この 57 MB のうち、昨日のスピードテストに使用したデータ量は 17.16 MB です。
よって、スピードテストを含まないデータ使用量は

57 MB – 17.16 MB = 39.84 MB となります。

0 SImの6月分の使用量
0 SImの6月分の使用量

LINEモバイル

405 MB

このデータ総量は昨夜 20:26 現在のものです。
スクリーンショットをみてもらうとわかりますが、機内モードにしてあります。

こちらも、本日のお昼頃に昨日の利用データ量を確認したところ、7月31日の分は 35 MB のまま変わらずでした。
よって、7月分のデータ使用量は 405 MB で確定となります。

このうち、昨日のスピードテストで使用したデータ量は 35.92 MB です。
よって、スピードテストを含まないデータ使用量は

405 MB – 35.92 MB = 369.08 MB となります。

LINEモバイル6月分の使用量
LINEモバイル6月分の使用量

ワイモバイル

ワイモバイルはこのスクリーンショットを撮った後に、夜のスピードテストを行いました。
ですが、それ以外の通信は Wi-Fi 環境下でしか通信していないので、この数値を7月分のデータ使用量の基礎とします。

ワイモバイルは「データ使用量」ではなく「残量」で表示されているので、毎回使用量を出すには計算をする必要があります。

毎月1日、月初めの「残りデータ量」は

「 1.00 GB ( 8,388,608 パケット)」と表示されます。

よって、7月分のデータ使用量は

8,388,608 パケット – 2,015,125 パケット = 6,373,483 パケット

1 パケット = 128 Byte です。

6,373,483 パケット * 128 Byte/パケット = 815,805,824 Byte

815,805,824 Byte = 796,685.375 KByte = 778.013 MByte となります。

このうち、昨日のお昼のスピードテストで使用したデータ量が 250 MByte 。

よって、

778.013 MByte – 250 MByte = 528.013 MByte となります。

ワイモバイル6月分の使用量
ワイモバイル6月分の使用量

2017年7月のデータ通信量(スピードテスト分を除く)

0 SIM 39.84 MB
LINEモバイル 369.08 MB
ワイモバイル 528.013 MB
合計 936.933 MB

7月はワイモバイルを3月に契約して以来、2番目にデータ使用量の多い月になりました。
1番多かった月はゴールデンウィークのあった5月です。
この時は 1 GB を超えました。

2017年5月通信量と通信費のまとめ

普段 Wi-Fi 環境下で過ごしているとそれほどモバイルデータの通信量は使うことがないのですが、たまに外で長く過ごしていると使用量が多くなります。
今月は2度ほどそういう機会があったので、6月の時より倍くらい通信量を使っていました。

2017年6月通信量と通信費のまとめ

通信費

こちらは6月とほぼ同じです。
契約している3社の契約内容が変わらなければ毎月同じ金額になります。
ただし、7月からユニバーサルサービス料が 2円 から 3円 に変更になりました。

よって、その分通信費も1円ずつ高く請求される予定です。

0 SIM

データ+SMS対応プラン(通信料金) 150円 + ユニバーサルサービス料 3 円 + 税 12 円
計165円

LINE モバイル

LINE フリープラン 1 GB / データ SIM ( SMS 付き) 620 円 + ユニバーサルサービス料 3 円 + 税 50 円
計673円

ワイモバイル

スマホプラン S( 1 GB ) 3,980円 – スマホプラン割引 1,000円 – 月額基本料(特別割引) 1,000円 + ユニバーサルサービス料 3 円 + 税 158 円
計2,141円

2017年7月の通信費

合計 2,979円

0 SIM 165 円
LINEモバイル 673 円
ワイモバイル 2,141 円
合計 2,979 円

現在の SIM と端末運用状況

0 SIM Galaxy S7
LINE モバイル HUAWEI Mate 9
ワイモバイル Galaxy S8+

7月は LINE モバイル の SIM を HUAWEI P9 や Galaxy S8+ に入れたり、ワイモバイルの SIM を iPhone SE に入れたりしてみました。

https://yuzakasota.com/20170720-goodbye-ok-google-hello-hey-siri/

ワイモバイルの音声兼通信用のメイン SIM ( n101 )は iPhone でのテザリングも可能になりました。

https://yuzakasota.com/20170729-tethering-with-sim-free-iphone-is-now-possible-on-ymobile/

メインの通話を兼ねる回線は最終手段としてバッテリーを最後まで温存しておく必要があります。

そのため、普段あまり使うことのない iPhone SE に入れてみたのでした。

しかし、 iPhone を一台だけもって散歩や近所の買い物に出てみるとちょっと不都合な点がみつかりました。

iPhone 一台持ちの不都合な点

ポケモンGO での通信エラー問題

それは、ポケモン GO のポケストップでボール拾いをする際、通信がうまくできないことがあったのです。

動作としては、ポケストップに近づく前に iPhone を取り出す。
ホームボタンを押して、指紋認証解除。
ポケモン GO アプリを起動しつつ、ポケストップに近づくという動作になります。

原因の一つとして考えられるのは、そのポケストップがソフトバンクの Wi-Fi スポットであったこと。

ワイモバイルはソフトバンクの Wi-Fi スポットを利用することが可能です。

http://www.ymobile.jp/service/sws/

iPhone でこの Wi-Fi スポットを利用する場合には、下記リンク先の「一括設定プロファイル」をインストールする必要があります。

http://www.ymobile.jp/service/sws/settei_iphone.html

つまり、家で Wi-Fi をオンにしたままでかけると、自動でこの Wi-Fi スポットに接続しにいこうとします。

このためモバイルネットワークから Wi-Fi に通信の切り替えが起きるのですが、 iPhone でのポケモン GO の場合、この切替が動作の不具合を起こしているように思います。

その場合、 Wi-Fi を切ってポケモン GO アプリを一度タスクから終了させ、アプリを起動し直さないといけないという場面に数回会いました。

これは Wi-Fi を切っておけば問題ないと思うのですが、普段、 Wi-Fi 環境で使用していることが殆どですから、外に出るたびに Wi-Fi を切り、戻ったら Wi-Fi をオンにし直すという手間が億劫に感じられました。

Google マップのタイムラインに表示されない問題

iPhone SE 1台を持って買い物や散歩に出かけることが数回あったのですが、この時の Google マップのタイムラインが正常に表示されない問題が起こりました。

これは HUAWEI P9 や Mate 9 でも起こる問題です。
iPhone の場合、 Google のサービスというのはアプリの機能の一部として動いているのだと思います。
ですから、長時間そのアプリが使われないとアプリの動作が止まってしまうのだと思います。
(下記リンク先の設定は確認済みです。)

https://support.google.com/maps/answer/6258979

HUAWEI の端末も iPhone の動作に似ています。
HUAWEI の端末は節電制御のためか、表で動作をしていないアプリを積極的に止めようとします。
その結果、バックグラウンドで動いて欲しい動作まで抑制されてしまっているように思います。

私は長めの移動の時にはいつも端末を複数持ち歩いていたので、この問題に気づいていませんでした。

しかし、6月は近場への移動の時には端末を1台しか持ち歩いていませんでした。

複数台持ち歩いていれば、そのうちの一台が正常に位置情報をロケーション履歴として保存、そして Google へ送信することによってタイムラインが表示されるのだと思います。

タイムラインは「あの日、どこに行ってたのか。どんな写真を撮ったのか。」振り返るのに、私にとってはありがたい機能です。
このタイムラインの機能が使えないのは、ちょっとメイン端末としては使えないなと思いました。

そんなわけで、8月のメイン端末は Galaxy S8+ が返り咲きです。

9月には新しい iPhone が発表、発売されることと思います。
通話用メイン端末として、 iPhone をと思っていたのですが、今回、ポケモン GO と Google マップのタイムライン問題に遭遇し、今の状態では一台持ちにはできないなと思いました。

もちろん、国内最大シェアを持つ iPhone ですから、ポケモンGO アプリや Google 関連アプリのバグ修正、アップデートで解消することも考えられます。

とりあえずは Galaxy S8+ にメイン SIM を入れて、飽きた頃に考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA