2019年4月通信量と通信費のまとめ

2019年5月1日。
日本では「令和」という新しい元号が開始されました。
私は平成最後の日、夜中の0時をまたいでPUBG MOBILEをしていました。

次に元号が変わる時、私はこの世に生きているのでしょうか。
私は一緒に新元号を迎えてくれたPUBG MOBILEの友達に感謝しています。

さて、毎月1日は前月分の通信量と通信費のまとめを行なっています。
これは今後の私の通信プランや通信サービスを選択するための備忘録です。

通信量

この記事で使われているスクリーンショットは今日、2019年5月1日に撮影したものです。

メイン回線

165,870 KB = 165,870 KB / 1,024 KB/MB = 162.00 MB
162.00 MB = 162.00 MB / 1,024 MB/GB = 0.158 GB

メイン回線の通信量
メイン回線の通信量

サブ回線

106,006 KB = 106,006 KB / 1,024 KB/MB = 103.52 MB
103.52 MB = 103.52 MB / 1,024 MB/GB = 0.101 GB

サブ回線の通信量
サブ回線の通信量

2019年4月のデータ通信量

月間通信量
ドコモ(メイン) 162.00 MB
ドコモ(サブ) 103.52 MB
合計 265.52 MB (0.26 GB)

2019年3月の通信量は1,821.04MBでした。
それが今月はわずか265.52MBです。
3月はUQ mobileのお試しSIMをレンタルしたので比較のためスピードテストを20回以上行いました。
4月はスピードテストを全く行わなかったために、ほとんど通信量を消費していませんでした。

通信費

メイン回線

カケホーダイライトプラン 1,700円
Xi シェアオプション定額料 500円
シェアパック分割請求負担額 1,300円
sp モード 300円
ケータイ補償サービス料(500)[日割]4/1-4/18 300円
月々サポート適用額 -4,104円
ユニバーサルサービス料 2円
eビリング割引料 -20円
消費税 326円
304円

サブ回線

シンプルプラン 980円
Xi シェアオプション定額料 500円
シェアパック分割請求負担額 1,300円
sp モード 300円
docomo with 適用額 -1,500円
ユニバーサルサービス料 2円
消費税 126円
1,708円

合計

304円 + 1,708円 = 2,012円

4月は月の途中でiPhone 7へ機種変更を行いました。
その際にこれまでの契約機種であったGalaxy Note 8のケータイ補償サービスを解約しましたので先月よりも料金が安くなっています。

5月からはGalaxy Note 8の月々サポート(-4,104円)がなくなり代わってdocomo with割(-1,500円)になります。
月々の使用料を抑えるためにこれまでの5分カケホーダイから無料通話無しのシンプルプランに変更もしました。
それでもこれまでよりは毎月の使用料金は上がります。

Galaxy Note 8の月々サポートは2019年11月まで受け取ることができたのですが、それがなくなればもっと料金が上がるはずでした。
4月にdocomo withに契約変更した成果が出るのはずっと先のことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA