Etorenで購入したiPhoneを修理に出した結果…

それは突然起こりました。
2019年9月18日(水曜日)。
私が今年の2月に購入したシンガポール版のiPhone XSが文鎮になりました。

具体的にいうと、テーブルの上に伏せておいたiPhoneを手にしたら、画面が消えていました。

「iPhone 電源が入らない」のキーワードで検索。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201412

「バッテリーが切れたのかな」と思い、1時間以上電源アダプタを挿してから電源ボタンを長押ししても画面は点灯しません。

リカバリモードを試す

iPhone 8以降でのリカバリモードへは「iPhoneをiTunesに接続した状態で音量上げるボタンを押して、すぐに離します。次に音量を下げるボタンを押してすぐに離します。その後、リカバリモードの画面が出るまで電源ボタンを押し続けます」

https://support.apple.com/ja-jp/HT201263

しかしこのリカバリモードへの操作を試しても、画面には何も表示されませんでした。

Appleサポートに電話する

ここまでの確認で、「これは自分の手には負えない」とAppleのサポートに連絡をしました。

https://getsupport.apple.com

担当者との会話の中では私がこれまでに行った充電ケーブルを挿してしばらく置いておくことなどを提言されましたが、既にそれは行った旨を伝えました。

私のiPhoneは海外のスマートフォン通販サイトから購入したものですが、日本のApple Care+にも加入しています。

海外版iPhoneは日本でAppleCare+に加入することができるのか

Appleサポートの提案の中にはピックアップ修理を受けるというものもありました。

この場合、電話をした翌々日には交換用iPhoneを手に入れることができるとのことでした。
しかし、その交換用iPhoneは日本仕様のiPhoneになります。

私が海外通販サイトからiPhoneを購入した理由はiPhoneの大きなシャッター音が嫌いだからです。
それなのに、購入から半年ほどで日本仕様になるのはためらわれました。

最終的には今持っているものと同じ国のモデルが必要なのであれば、販売された国のAppleで修理依頼をするしかないという結論に至りました。

購入元に連絡

私のiPhoneはEtorenから購入したものです。
Etorenの問い合わせフォームから今回の症状と修理について問い合わせを行いました。

https://jp.etoren.com/pages/contact-us

問い合わせ内容は「修理を依頼するにはどうしたらいいのか?」
「日本のApple Care+に加入しているが、(Etorenに)修理を依頼した場合、本体のシリアル番号などは変わるのか?」

その回答メールが来たのは9月18日の20時頃でした。
内容は「当方ではIME番号を記録している。修理に伴いその番号が変わることは基本的にない」、「修理依頼をするか返信をくれ」というものでした。

修理依頼

上記のメールを読んで、すぐに修理することを返信しました。
再度、20時過ぎにメールが届きます。

内容は修理品の送付先。
修理手続きに関する確認事項。

確認事項の中には添付ファイルを印刷して、修理品と一緒に送ること。
発送費用は自分持ちであること。
商品の箱、アクセサリーなどはなるべく商品を受領した時と同じ状態で送ること。
端末にはパスワードロックはしないこと。(ロックの解除ができない場合にはメモに記入して同封すること)
その他保証修理に関しては下記サイト内容を確認すること。

https://jp.etoren.com/pages/warranty-&-repair

私の場合は、本体の電源が入らないのでロック解除をすることもできません。
それで端末のロック解除コードをメモに記載して一緒に送ることにしました。

故障品の発送

私はプリンターを持っていません。
メールに添付されていたPDFファイルには、私が最初に問い合わせフォームから送った内容や購入日、注文番号、購入時の連絡先住所氏名、電話番号などが記載されていました。

このPDFファイルを印刷するために利用したのはコンビニのネットプリントサービスでした。

https://www.printing.ne.jp/index_p.html

1枚20円です。

ネットで印刷したいファイルを登録し、予約番号をメールで受け取っておきます。
コンビニではマルチコピー機でその番号を入力、現金を投入し印刷されたものを取り出します。

印刷された用紙を送付用段ボールに入れ、Etorenから指定された場所に発送します。
発送先は東京都内でした。

発送後の連絡

故障品を発送した後は、その荷物番号をEtorenに連絡します。
私がメールしたのは9月19日の9時過ぎでした。

荷物の到着

私が発送した荷物は9月20日(金曜日)に東京都内の指定された場所に到着したことを確認しています。

Apple IDとパスワードの問い合わせ

Etorenから次に連絡が来たのは10月3日(火曜日)11時過ぎのことでした。
「Apple IDとパスワードを教えて欲しい」
「上記を確認次第、Etorenで修理可能か確認させていただく」とのこと。

正直なところ、端末のロック解除コードを教えるのでさえためらったのにApple IDとパスワードを教えたら何をされても文句が言えません。

既にiPhoneが手元にないので、そこは諦めてIDとパスワードを連絡しました。(10月3日12時過ぎ)

シンガポールのAppleストアから来店予約受付のメールが届く

私のiPhoneの修理を販売国であるシンガポールのApple Storeに来店予約したようです。
その受付をした旨のメールがAppleから私のApple IDのメールアドレスに届きました。

来店予約日は2019年10月4日12時過ぎ。

iCloudへのサインイン通知

10月4日のApple Store予約時間を過ぎたあたりに私のApple IDがウェブブラウザからiCloudへのサインインに使用された旨のメールが届きました。
通常であればこのメールが届いたら、第三者が私のIDとパスワードを使ったということになるのでパスワードのリセットが必要です。

今回は「修理のために必要なのだな」と思い、そのままにしておきました。

私のApple IDは2要素認証の設定をしているため、iPadにも確認コードの表示が出ます。
最初のうちは無視していましたが、何度目かの表示の際に誤って「確認」を押してしまいその後は通知が来なくなりました。

修理済み品の到着

そして2019年10月31日(木曜日)。
なんの前触れもなく宅配業者が荷物を届けに来ました。

開封

開封後確認したのは、今回送られてきたiPhoneが私が送ったものと同じものかでした。
それによってApple Care+を解約するか、修理前のものが有効か変わると思ったからです。

結果、箱や同梱物は私が送ったものを利用していましたが、iPhone本体は交換されたものでシリアル番号などは変わっていました。

ただし、Apple Care+は修理前のものと同じ有効期限になっていました。
これはシンガポールのApple Storeで前iPhoneの交換品という紐付けがなされた結果だと思います。

交換品と整備品、新品の見分けかたはモデル番号の最初の一文字目が何かでわかります。
Mなら新品、Fなら整備済み品、Nなら交換品。

私のiPhone XSは以前のものは「M」で始まりましたが、今回は「N」になっていました。

交換品であることを示すモデル番号の頭文字「N」
交換品であることを示すモデル番号の頭文字「N」

そして、以前のシリアル番号で保証状況を確認すると以下のような表示が出ました。

「申し訳ありませんが、これは交換品のシリアル番号です。」

修理前のシリアル番号で確認した場合
修理前のシリアル番号で確認した場合

今回届いた端末のシリアル番号で確認すると以下のような表示になります。

交換品のシリアル番号で保証内容を確認した結果
交換品のシリアル番号で保証内容を確認した結果

修理が終わってから行なったこと

修理中に使っていたiPhone XのデータをiTunesにバックアップし、修理から戻ったiPhone XSに復元。
第三者に知られたApple IDのパスワードを変更。

iTunesにバックアップを取っておけば、突然、iPhoneの電源が入らなくなっても失うデータはほとんどありません。
復元すればほとんどのデータを元の状態に戻すことができます。
これはAndroid端末では難しいことです。

iTunesを使ってパソコンにバックアップを取るのは、iPhoneを充電するためにパソコンに繋いでおけばいつの間にか終わっています。
iCloudを使ってのバックアップだと、クラウドからのデータをダウンロードし直すことになりますので、固定回線の通信速度が遅いと非常に時間がかかります。

今回の教訓

海外からネット通販を使ってiPhoneやAndroid端末を購入する方は増えていると思います。
一方、その端末に不具合が生じたという人はどれくらいいるのでしょう?

その場合にどういった方法で修理に出すのか。
修理にはどれくらいの時間や費用がかかるのか、考えた方はどれくらいいるのでしょう?

国内で正規に販売されている端末であればメーカーでの修理を国内で受けることができます。
その場合にはApple IDやパスワードを教える必要があるのでしょうか?

少なくともiPhoneの場合、Apple Care+に加入していればパスワードを教える必要は無いはずです。

この記事が海外版のiPhoneをこれから購入しようと考えている人にとって、少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA