香港版Galaxy S8+に2020年3月分のセキュリティアップデート

昨日、Pixel 3とPixel 2のアップデートの記事を書き上げた後、手持ち端末のアップデート情報を確認しましたら、香港版のGalaxy S8+にセキュリティアップデートが来ていることを知りました。
これはそのアップデート前後の記録です。

アップデート通知

今回のファイルサイズは54.01MBとなっております。

香港版Galaxy S8+のアップデート通知
香港版Galaxy S8+のアップデート通知

アップデート内容

– 端末安定性の改善及びバグのフィックス
– 新機能または改善型機能の追加
– パフォーマンスの向上

これはSAUSUNGのアップデートでは定型文です。
メインはセキュリティアップデートのみだと思います。

なお、下記サイトを見ると、今回のアップデートは2020年4月2日から配信が開始されていることがわかります。

https://doc.samsungmobile.com/sm-g9550/tgy/doc.html

そして上記サイトでは以下のような記載があります。

– The latest Android security patch has been applied.
・Device security has been further enhanced.

上記をGoogle翻訳では翻訳すると以下のようになります。

-最新のAndroidセキュリティパッチが適用されています。
・デバイスのセキュリティをさらに強化しました。

アップデート前

ソフトウェア情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2020年2月1日
ビルド番号 PPR1.180610.011.G9550ZHU5DTB1

アップデート前のソフトウェア情報
アップデート前のソフトウェア情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイル54.01MBのダウンロードには我が家の通信環境で約4分かかりました。

アップデート後

ソフトウェア情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2020年3月1日
ビルド番号 PPR1.180610.011.G9550ZHS5DTC1

アップデート後のソフトウェア情報
アップデート後のソフトウェア情報

ストレージに占めるシステムの容量

14.9GB
この値はアップデートの前後で変化はありませんでした。

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

ドコモ版のGalaxy S8+ SC-03Jのセキュリティパッチが2019年12月で止まっていますが、香港版ではVoLTEが使えず、通話が3Gになります。
保証の面を考えると日本国内で香港版の端末を使うことにデメリットがありますが、セキュリティアップデートの頻度と長期間のセキュリティアップデート配信。カメラのシャッター音の静音化等を考えると、海外版のGalaxyを使うなら、音声メインではなく通信メインで使用するのがベストだと思います。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/product_update/sc03j/index.html

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 10 2020年4月5日 2020年4月7日
Pixel 2 10 2020年4月5日 2020年4月7日
Galaxy S8+ 9 2020年3月1日 2020年4月7日
Galaxy S10 10 2020年3月1日 2020年3月19日
Galaxy S7 8.0.0 2020年2月1日 2020年4月3日
HUAWEI Mate 20 Pro 10 2019年12月1日 2020年3月19日
HUAWEI Mate 10 Pro 9 2019年10月6日 2019年12月4日
Black Shark 2 9 2019年10月5日 2019年11月13日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
HUAWEI Mate 9 9 2019年7月5日 2019年8月14日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください