私が楽天版Galaxy S10を購入した理由と初期状態

私は普段、香港版iPhone 11 Pro、香港版Galaxy S10、Google Play販売版Pixel 3を使っています。
次に購入するのはUSB Type-CジャックになったiPhoneか超広角レンズの付いたPixelと思っていたのですが、先日、楽天市場でGalaxy S10が大幅なポイント還元で販売されているのを知り、2台目となるGalaxy S10を購入しました。

この記事では楽天版Galaxy S10を購入した理由や初期状態を書き残します。

なぜ今さらGalaxy S10なのか

これは以前、香港版のGalaxy S10を購入した時の記事にも書いてあります。

今さら、香港版のGalaxy S10を購入した理由

当時と変わり、現在の状況では

最新のGalaxy S20ではイヤホンジャックが廃止されたこと

後継機のGalaxy S20ではイヤホンジャックが廃止されており、今後もGalaxyのハイエンドシリーズにイヤホンジャックが搭載されることは無くなったと思います。

ワンセグが搭載されていること

私は最近、家にあるテレビを処分しました。
ここ数年テレビを見ることがなかったのですが、大きなテレビがなくなったことで部屋の中がスッキリしました。

それでも、昨年の大雨災害の時にはリアルタイムで近隣の状態を確認できる手段はあった方が良かったと思いました。
全国ニュースであればネットで動画を見ることができますが、地方のニュースは配信されていません。

私が今使っている端末は全てグローバルモデルのためワンセグ機能はありません。
最近の国内販売モデルもNHK受信料対策かワンセグ機能が搭載されている端末はほとんどありません。
そんな中、楽天版のGalaxy S10にはワンセグ機能が搭載されています。

国内でSAMSUNGから保証サービスを受けられること

昨年、香港版のiPhone XSが突然、電源が切れ、その後起動しない状態になりました。

Etorenで購入したiPhoneを修理に出した結果…

その修理は日本のAppleでは国内モデルへの交換になるとのことから、購入元のEtorenに連絡をし、修理(交換)を行いました。
その時にEtorenから端末のロック解除番号、Apple IDやパスワードを連絡していただけない限り修理はできないと言われ、渋々応じました。

国内販売モデルはSIMフリー端末であってもカメラのシャッター音が強制だったり、キャリア販売モデルは削除できないキャリアアプリがインストールされているなど、不満もありますが、一つの端末を長く使う人にとってはメーカーやキャリアのサポートも大事だと思いました。

Rakuten UN-LIMITの衝撃

楽天モバイルがMNOとなってから発表したプラン、「Rakuten UN-LIMIT」。
データ使い放題、国内通話かけ放題。しかも300万名までは1年間通常2,980円の料金が無料となっています。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

これまでドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイル、LINEモバイルなどを契約してきた私ですが、このRakuten UN-LIMITは驚きのプランでした。

ただし、最初に発表された時には楽天回線エリア以外での通信量は月2GBまでであり、2GBを超えると最大128kbpsに落ちるなど、楽天回線が使えない私の場合はそれほど魅力的に感じませんでした。

それが2020年4月8日に突然、楽天回線エリア以外では月5GBに増量され、制限時の速度も最大1Mbpsに変更されるなど大変魅力的なものへと変更されました。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/info_20200408/

問題はRakuten UN-LIMITの利益を最大限に受けるには対応端末が必要であるという点です。

ネットを検索すると楽天モバイルで販売されている端末以外で動作確認報告をしている方が多数います。
その中には通信はできるけど、通話ができない。SMSが届かないといったものも多く含まれています。

私はこれまで多くのSIMフリー端末を購入してきましたが、通信BANDさえ合っていれば問題ないことがほとんどでした。
特に多くのBANDに対応しているiPhoneは基本的にどのSIMを挿しても使えると思っていました。

ところが今回のRakuten UN-LIMITのSIMではiPhoneといえども、動作しない、SMSの送受信ができないといった情報があります。

https://kakuyasu-sim.jp/rakuten-mobile-iphone

私はiPhoneをメイン端末として利用しています。
Apple Watchでの通知確認が便利でメイン端末としては今後もiPhoneを使い続けることでしょう。

サブ端末にRakuten UN-LIMIT契約のSIMを使うとしたら、やはり公式に動作確認の取れた端末を使うのがベターです。
特に通信だけならともかく、通話を無制限にできるというメリットを受けるには「Rakuten Link」という現在はAndroid向けにしか出ていないアプリを使う必要があります。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/service/rakuten-link/

また、SMSは各種アプリやサービスの本人確認に使われることが多く、iPhoneにRakuten UN-LIMIT契約のSIMを入れた場合、SMSが届かないというのでは使い物にならないと思います。

そんなわけでRakuten UN-LIMITに公式対応している端末の中から購入することにしました。

そして2台目のGalaxy S10購入へ

楽天回線対応製品を楽天モバイルのページから確認してみます。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/

これまでハイエンド端末ばかり使用してきた私にとっては、いくら安く購入できるとはいっても、毎日使うのにストレスを感じる端末は使いたくありません。

そこで買うべき端末はGalaxy S10となりました。

初期状態

ソフトウェア情報

Androidバージョン 9
ビルド番号 PPR1.180610.011.G973CONU1ASJE
Androidセキュリティパッチレベル 2019年10月1日

発売開始時から一度もアップデートされない楽天版Galaxy S10のソフトウェア情報
発売開始時から一度もアップデートされない楽天版Galaxy S10のソフトウェア情報

楽天モバイルで販売されている端末のアップデート状況は以下のリンク先にあります。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/software/

これを見るとわかりますが、SAMSUNGのハイエンドモデルであり、楽天モバイルで販売されている高価格帯のGalaxy S10、Galaxy Note 10+には発売開始から一度もセキュリティアップデートが来ていません。

セキュリティパッチの配信を重要視している私にとってはこれは致命的な欠点です。
Android 10へのOSバージョンアップはともかく、セキュリティパッチが半年以上古いままというのはいかがなものでしょう。
楽天モバイルとSAMSUNGに早急な配信を期待します。

セットアップ直後のプリインストールアプリ

全部で47個。
香港版のGalaxy S10では20個だったことを考えるとかなり多いです。

今さら、香港版のGalaxy S10を購入した理由

セットアップ直後のプリインストールアプリその1
セットアップ直後のプリインストールアプリその1
セットアップ直後のプリインストールアプリその2
セットアップ直後のプリインストールアプリその2
セットアップ直後のプリインストールアプリ(楽天関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(楽天関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(Galaxy関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(Galaxy関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(Google関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(Google関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(Microsoft関連)
セットアップ直後のプリインストールアプリ(Microsoft関連)

これらのうちRakutenフォルダのアプリ8個は全てアンインストール可能。
Galaxyフォルダの9個のうち、アンインストールできるものは「Eメール」、「ボイスレコーダ」、「S Health」、「Galaxy Wearable」の4個。
Googleフォルダの9個の中では、「ドライブ」、「Playムービー&TV」、「Duo」、「フォト」の4個。
その他、ドロワー内のアプリ17個の中では「Viber」、「Galaxy Members」、「Spotify」、「電卓」、「Play Music」、「Galaxy Notes」、「Galaxy Global Goals」の7個。

計23個がアンインストール可能となっています。
それら23個をアンインストールすると消せないプリインストールアプリは24個となります。

ただし、アンインストールしたとしても、端末を初期化するとまた復活しますし、端末の起動時にはRakutenのロゴが表示されます。

ストレージ容量内訳

初期セットアップ時にWi-Fiに繋がずアプリのアップデートを行っていない状態で128GB中、21.4GBが使用されていました。
そのうち、システムの使用量は19.2GBとなっております。
このシステムの容量はその後、初期インストールアプリのアップデートや普段利用するアプリをインストールした後でも変わりませんでした。

楽天版Galaxy S10のストレージ内訳
楽天版Galaxy S10のストレージ内訳

実行中のサービス

RAM 8GB中システムの使用量は2.3GB、アプリ772MB、空き容量は4.8GBとなっていました。
この値は刻一刻と変化するものなので目安としてみてください。

楽天版Galaxy S10の実行中のサービス内訳
楽天版Galaxy S10の実行中のサービス内訳

香港版Galaxy S10と楽天版との違い

まだ使い始めて1日で環境の復元も終わっていませんが、今の時点で気がついた点を記載しておきます。

シャッター音

香港版ではシステムの音量を下げたり、マナーモードにすることによってシャッター音を小さくしたり無音にすることができますが、楽天版では常に香港版のシステム音量を最大にした時の大きさでシャッター音が鳴ります。
それでも国内版のiPhoneよりは小さいと思います。

ブルーライトフィルターON時のカメラアプリの色

これはドコモ版Galaxy Note 8を使っている時に気づいたのですが、海外版はブルーライトフィルターモードがオンになった状態でカメラアプリを起動しても、フィルターがかかったオレンジ色っぽい状態で表示されます。
一方、国内版ではカメラアプリ起動時には一時的にブルーライトフィルターがオフになります。

これは撮影時に正しい色で写真が撮れるかという点で大事なポイントだと思うのですが、海外版ではなぜか修正されません。

アラームの祝日設定

スマホで朝の目覚ましを設定している方も多いと思いますが、iPhoneや海外版の端末では日本の祝日に関わらずアラームが鳴ります。
一方、楽天版では「祝日を除く」というスイッチがあり、これをオンにしておけば祝日の場合にはアラームを鳴らないようにできます。

電話の自動録音と伝言メモ設定

これは海外の端末にはほとんど見たことがありません。
使ったことのある端末では、台湾版のZenFone 3には自動録音が付いていました。

電話をよく使う人にとっては便利な機能だと思います。

楽天版Galaxy S10の通話設定
楽天版Galaxy S10の通話設定

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

楽天版のGalaxy S10は国内、特に楽天回線エリアで使える人にとっては、データ制限無し、通話し放題、カメラの写り、電話関連の便利機能、保証面などこれまで海外版のSIMフリーGalaxyシリーズを使っている人からみるととても使い勝手の良い製品だと思います。(Dual SIMを活用している方を除く)

惜しむらくはセキュリティアップデートの無さ。
Android端末にはBluetoothの脆弱性、「BlueFrag」というのがあるので早急に2020年2月以降へのセキュリティパッチ配信を希望します。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 10 2020年4月5日 2020年4月7日
Pixel 2 10 2020年4月5日 2020年4月7日
Galaxy S8+ 9 2020年3月1日 2020年4月7日
Galaxy S10(香港版) 10 2020年3月1日 2020年3月19日
Galaxy S7 8.0.0 2020年2月1日 2020年4月3日
HUAWEI Mate 20 Pro 10 2019年12月1日 2020年3月19日
HUAWEI Mate 10 Pro 9 2019年10月6日 2019年12月4日
Black Shark 2 9 2019年10月5日 2019年11月13日
Galaxy S10(楽天版) 9 2019年10月1日 2020年4月18日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
HUAWEI Mate 9 9 2019年7月5日 2019年8月14日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

「私が楽天版Galaxy S10を購入した理由と初期状態」への2件のフィードバック

    1. mさん、コメントありがとうございます。

      Boot Loader Unlockについて少し調べてみましたが、端末が初期化されることやメーカーの保証がなくなるようですね。

      今回購入した楽天版Galaxy S10は私にとって国内でSAMSUNG社の正規の保証を受けられる貴重なSIMフリー端末です。
      また私自身Boot Loader Unlockに関する知識を持ち合わせておりません。

      そのため、mさんからのご質問にお答えすることはできかねます。
      お役に立てず、申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください