Pixel 3に日本版専用アップデートPQ1A.181205.006.A1

寒い日が続くようになりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日はPixel 3に突然やってきたアップデートについて記録しておきたいと思います。

アップデート通知

私が最近使っている端末Pixel 3の通知アイコンに普段は見慣れない、アップデートがきている旨の表示がされていました。

その通知バーを開き、タップしたところが以下の画面です。

突然やってきたPixel3のアップデート通知
突然やってきたPixel3のアップデート通知

私は普段、ネットで端末にアップデート情報が上がっているのを見てから手動で「設定アプリ>システム>詳細設定>システムアップデート>アップデートをチェック」していました。

今回は上記の手順をせずにいて、気が付いたらスクリーンショットの画面になっていました。

アップデート内容

毎月、第一火曜日あたりに降ってくるAndroidのセキュリティアップデート情報は以下のリンク先にその内容が載っています。

https://source.android.com/security/bulletin/2018-12-01

また、NexusやPixelシリーズ固有のアップデート情報については以下のリンク先です。

https://source.android.com/security/bulletin/pixel/2018-12-01

しかし、上記2つのリンク先情報はどちらも2018年12月3日に公開されたもので、その後の追加情報は含まれておりません。

私は今月4日に上記のアップデートは済ませてありました。

https://yuzakasota.com/20181204-security-patch-delivery-for-pixel-3-for-december-2018-pq1a-181205-006/

アップデート前

端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2018年12月5日
ビルド番号 PQ1A.181205.006

アップデート前の端末情報
アップデート前の端末情報

ストレージに占めるシステムの容量

10.0GB

アップデート前のストレージに占めるシステムの容量
アップデート前のストレージに占めるシステムの容量

前回のアップデート直後は9.7GBでした。

https://yuzakasota.com/20181204-security-patch-delivery-for-pixel-3-for-december-2018-pq1a-181205-006/#i-8

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

今回のアップデートが今までと違う点は、通知を開いた時点で既にアップデート用ファイルのダウンロードが完了していたという点です。

ファイルは49.5MBと小さなサイズですが、いつもは「設定アプリ>システム>詳細設定>システムアップデート>アップデートをチェック」をしてから「今すぐ再起動」の画面になるまでに30分以上かかります。

いつも、手動で行っていたシステムアップデートですが、通知が来るまで待っていれば「今すぐ再起動」の画面までバックグラウンドで処理が進んでいるのだと思います。

ですから、ダウンロードにどれくらい時間がかかったか、いつからダウンロードが開始されたのかは今回は不明でした。

アップデート後

端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2018年12月5日
ビルド番号 PQ1A.181205.006.A1

アップデート後の端末情報
アップデート後の端末情報

ビルド番号の末尾に「.A1」が付きましたがそれ以外のセキュリティパッチレベルの日付やビルド番号は変わりません。

ここで下記のリンク先をチェックしてみます。

https://developers.google.com/android/images

これを見るとビルド番号「PQ1A.181205.006.A1」というのは、私が今月初めに行ったアップデートとは別のものであることがわかります。
そして注目すべきは「Docomo」という文字があること。

「Docomo」専用版にも見えるアップデート
「Docomo」専用版にも見えるアップデート

今回のアップデートはドコモ版にだけ来たのでしょうか?
私のPixel 3にはSIMはドコモ本家のものを入れていますが、端末はGoogle Storeで購入したものです。
ドコモのSIMを入れていたので、ドコモ専用の追加アップデートが当たったのでしょうか?

この件について、5ちゃんねるの情報を当たってみたところソフトバンク販売版やGoogle Storeで購入したものにソフトバンクのSIMを入れていた人にもアップデートが来たようです。

上記のことから想像するに、日本国内で正規に販売されている(Google Store経由も含む)Pixel 3は海外版とおサイフ対応の部分が異なります。(国内版は「おサイフケータイ」、「FeliCa」対応。海外版は非対応)
今回のアップデートはこのおサイフ関連のシステムに不具合があり、国際共通版のアップデートには含まれなかった部分を対処したのだと思います。

過去にはソフトバンクで販売されたNexus 6Pにだけ別途アップデートが来た時もありました。

Nexus 6Pも過去にはソフトバンク専用のアップデートが実施された経緯があります
Nexus 6Pも過去にはソフトバンク専用のアップデートが実施された経緯があります

ストレージに占めるシステムの容量

9.9GB

アップデート前より0.1GB減りました。

アップデート後のストレージに占めるシステムの容量
アップデート後のストレージに占めるシステムの容量

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

今回のアップデートで海外で販売されているPixel 3と国内のものとではアップデートが分けられることがあることがわかりました。
ただ、過去のNexus 6Pソフトバンク版がその後のアップデートではビルド番号が分けられていないことから、今後はその差分も含めたアップデートになるのではないかと思います。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 9 2018年12月5日 2018年12月13日
Pixel 2 9 2018年12月5日 2018年12月4日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Galaxy S8+ 8.0.0 2018年10月1日 2018年11月2日
Galaxy S7 8.0.0 2018年10月1日 2018年10月29日
Xperia XZ 8.0.0 2018年9月1日 2018年11月22日
HUAWEI Mate 10 Pro 8.0.0 2018年9月1日 2018年10月9日
OnePlus 3T 8.0.0 2018年9月1日 2018年10月6日
HUAWEI Mate 9 8.0.0 2018年9月1日 2018年9月28日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Moto G4 Plus 7.0 2018年4月1日 2018年5月12日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA