AndroidのChromeで目障りな広告を除去する方法

皆さんはAndroidのスマホでネットを見るときにブラウザは何を使っていますか?
私はパソコンとブックマークが連携できることからChromeを使っています。

ブラウザでネットを見ていて、広告がウザいなって思ったりはしませんか?
しつこい広告だとスクロールしても、下にいつまでも現れて消えてくれません。

これらの広告はネットをみている人がその広告をクリックをすることによって、そのサイトの作成者に手数料が入る仕組みになっています。

ですから、サイト作成者はその広告をクリックしてもらいたくて、見る人が間違って押しやすい場所、目立つ場所に広告を貼っています。

もちろん、サイト作成者もただでそのサイトを運営しているわけではないので、そういう広告を設置するのも仕方がありません。
ただ、見たくないアダルトサイトの広告が付いて回ったり、続きを読みたいのに広告をタッチしてしまって別なサイトに飛ばされたりするとストレスがたまります。

ですから、私はiPhoneではSafariのコンテンツブロッカー機能をオンにしています。

iPhoneに入れているコンテンツブロッカーアプリ

iPhoneに入れているコンテンツブロッカーアプリ

iPhoneのSafariで見ているときには、この機能のおかげでほとんどの広告が表示されません。
一度この広告がない状態に慣れてしまうと、AndroidのChromeで見るWeb閲覧というのはもう広告まみれだということに気付かされます。

それでAndroidのChromeでも広告を表示させない方法はないものだろうかと思って探した結果見つけたのが次のアプリです。

FilterProxyは特定URLへのアクセスをブロックするローカルプロキシーです。広告などの余計なコンテンツのアクセスをブロックできます。

他のアプリはroot権限を取得していないといけないものだったり、Google Play以外のところからアプリを取得したりしなければならなかったので諦めました。

このアプリはそういった権限が不要ですし、最後のアップデートが2015年2月21日ということで、今でも作者のサポートが受けられるかはわかりませんが、逆に言うと1年以上も前から公開されていて、Googleからもアプリの削除を受けていない。ユーザーからの評価も固まっていると言えます。

Googleはもともとネット広告で収入を得ている企業だと思います。
ですから、本来であれば広告を削除するようなアプリを公開しておくのはGoogleにとっては不利益なものだともいえます。

今回、Androidのアプリで広告除去の方法について調べていた時に、過去にGoogle Playにあったアプリが公開を停止され、自社のサイトにアプリを置くことになったというアプリもあったと知りました。
ですから、今日この記事で紹介するアプリがいつまでGoogle Playで公開されているかはわかりません。
ですが、今ならまだインストールできます。
難しいところはほとんどありませんので、興味を持った方は試しにインストールして広告がない世界を味わってみてください。
アプリは上記のリンクから、Google Playに飛びインストールしてください。
初期設定のままで、何もいじる必要はないと思います。
詳しい設定方法は作者のサイトにも載っています。

NeutralTaoが作成したAndroidアプリの紹介ページ
NeutralTaoが作成したAndroidアプリの紹介ページ

実際のところ、私は上記の「広告のブロックの仕方」の部分はよく理解できていません。
でも、初期設定のままでほとんどの広告は表示されなくなっていると思います。
一応、注意しておくと、ここで表示されなくなるのは、Chromeのアプリ内の広告であって、他のアプリ内の広告は対象外ですのでそこはご了承ください。

設定方法はアプリの方ではほとんどいじらなくていいので、スマホの方の接続方法をいじる必要があります。
家などのWi-Fi環境下でネットにつなぐ場合と、モバイルネットワークを使って外でネットにつなぐ場合の2か所に設定をする必要があります。
もちろん、どちらかの環境下だけ広告が表示されなくなればそれでいいと言う場合はどちらかだけで結構です。
ではまずはじめにWi-Fi用の設定をしていきましょう。
サンプルとして、Galaxy S7 edge Android 6.0.1 の設定メニューで説明します。

設定アプリ>Wi-Fi>現在接続しているWi-Fiルーターの名前を長押し>ネットワーク設定を管理>拡張オプションを表示>プロキシ>手動

プロキシホスト名>localhost
プロキシポート>8000

Wi-Fiの設定をFilterProxy用に変更

Wi-Fiの設定をFilterProxy用に変更

この設定を保存してください。
そうすると、ネットに繋がりに行くときに「localhost」いわゆる自分自身のポート8000というところを通ってネットに繋がるという設定に変わります。
この8000という場所は、先ほどインストールしたFilterProxyを通るということです。
FilterProxyでは、このアプリ内を通る情報をフィルタリングして、広告表示特有のリンク先をForbidden(アクセス禁止)としてブラウザに返します。
その結果、ブラウザには広告が表示されなくなるという仕組みです。

FilterProxyというアプリが悪意のあるものですと、自分がアクセスした情報が筒抜けになります。
そこは自己責任でお願いします。

同じようにモバイルネットワークで広告を除去する場合の設定です。
こちらはいつも使っているAPN設定を変更するのではなく、FilterProxy用にAPNを追加してから変更しましょう。
というのも、アプリによってはこのFilterProxyを経由してのアクセスだと、うまく接続できないものがあるからです。
そういう時には、APNをFilterProxyを経由しない正規のものに切り替えてあげれば大丈夫です。

APNの設定で追加する部分は次のとおりです。

設定アプリ>モバイルネットワーク>APN>上記で追加したアクセスポイントをタップして編集

プロキシ>localhost
ポート>8000

この2つの項目をAPN設定の今までは空欄だったところに追加してあげるだけです。

APN設定をFilterProxy用に変更して保存

APN設定をFilterProxy用に変更して保存

この設定を保存して、APNを今回変更したものに切り替えてください。

試しに2ちゃんねるのこのFilterProxyのスレを見てみましょう。

上記のリンク先をスマホでタップするとスマホ用のページに飛ばされます。

2ちゃんねるをスマートフォン ( iphone android )で快適に楽しめます。2chスマホ専用ブラウザ!アプリインストール不要。

パソコンで見る分にはわかりませんが、次のスクリーンショットを見てもらうとわかるようにスマホで見るとレスの1と2の間にアダルト広告があります。
(2ちゃんねるは無断転載禁止なのでスクリーンショットをあげるのは止めておきます)

これがFilterProxyを経由した状態だと空欄になります。

FilterProxyの効果はFilterProxyの
基本>状態>BYPASSにするとわかります。

広告表示をさせたくない場合には上記の設定をタップして「ACTIVE」にしておきましょう。

私はこのFilterProxyの設定に飛べるように「アイコン表示」にチェックを入れて、いつでも通知バーから変更できるようにしています。

FilterProxyの設定内容

FilterProxyの設定内容

また、先ほども言ったようにアプリや見るサイトによっては、自分の思うとおりの動作をしない場合があります。
そんな時には、APN設定をFilterProxy用ではなくMVNOから指定があった当初の設定の方に切り替えてあげれば、こちらのFilterProxyアプリをアンインストールする必要なく使えると思います。

ちなみにiPhoneのSafariでコンテンツブロッカー機能をオン、許可するコンテンツブロッカーには280blockerを使った時のスクリーンショットもあげておきます。
(こちらも、2ちゃんねるのスクリーンショットは無断転載に当たる可能性があるのでアップは止めておきます)

こちらだと、広告があった場所のスペースもなくなって、本当にクリーンな状態で見られます。
そこはOSに標準で組み込まれているか、アプリで対応しているかの違いなのでしょう。
Androidでもroot権限を取得して、それ専用のアプリを使えば同じように表示できるのかもしれませんが、あまり一般的ではないのでFilterProxyを使ってみた方がいいと思います。

iPhoneのコンテンツブロッカー280blockerは無料です240円でした。
もし、このサイトを見ている人がiPhoneで、まだそういった機能を取り入れていない場合は下記リンクから導入してみてください。

「コンテンツブロッカー280 / 最高の広告ブロック 280blocker」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。コンテンツブロッカー280 / 最高の広告ブロック 280blockerをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

上記のアプリ、無料だと思っていたら有料(240円)でしたね。
無料のコンテンツブロッカーもあります。

「広告ダメです」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。広告ダメですをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

こちらでも上記の2ちゃんねるでの効果は同じでしたので、初めてでしたら「広告ダメです」から試してみてはいかがでしょうか。

FilterProxyはChrome内でのすべての広告に効果があるわけではありません。
そこは初期設定に含まれていない広告用のリンクがあるからだと思います。
そこを追求し自分で設定を追加していけば、今表示されている広告も非表示にできるかもしれません。
それを有料でサポートしているのがiPhone用のアプリだと思います。

AndroidはGoogleのサービスを利用することに最大限のメリットがあると思います。
一方、こういった広告を除去するということに関しては、OS側での対応は期待できません。

広告は自分の知らなかった商品やサービスを発見するきっかけにもなります。
しかし、度が過ぎた広告は不快なものです。
また、広告は画像であることが多いので、通信量を消費します。

Androidでの広告除去に関しては、自己責任な部分もありますが、私は今回記事にしたFilterProxyアプリの動作には満足しています。
この記事を読んでもし興味をもった方がいらっしゃいましたら、設定を変えたところをよく覚えておいて試してみてください。

追記
Android 6.0 からアプリの省電力化の設定が設けられています。
この際、FilterProxyアプリが上記の省電力化に含まれ、動作を止めてしまうと、モバイルネットワークの接続に支障が出る可能性があります。
私はFilterProxyアプリは最適化から外しています。
最適化から外す方法は、Galaxy S7 edgeの場合、
設定アプリ>バッテリー>アプリを省電力化>詳細>FilterProxy>無効

FilterProxyアプリの省電力化を無効

FilterProxyアプリの省電力化を無効

同じく
設定アプリ>バッテリー>バッテリーの使用量>その他>バッテリー使用量を最適化>全てのアプリ>FilterProxy>オフ

FilterProxyをバッテリー使用量の最適化から外す

FilterProxyをバッテリー使用量の最適化から外す

です。
一度、上記の設定はしないで使ってみて、いつの間にかFilterProxyアプリの動作が止まっているように感じた場合には設定をしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする