YAMADA SIM PLUS 使い放題な一日

By: Ms. Phoenix - CC BY 2.0

昨日届いた YAMADA SIM PLUS Powered by FREETEL 。
今日は一日、スピードテストアプリでの速度測定やYouTube動画閲覧、テザリング、アプリのアップデート等、普段、通信回線を使ってはやらないことをあえてやってみました。

まず、スピードテストアプリでの計測結果ですが、昨日私が紹介したスピードテストアプリで計っていたら、結果の数値の中に明らかに不自然なものが多くありました。
そのため、もう一つ別なアプリを入れて計測してみました。

まず、白地のものが昨日紹介した SpeedSpot.org のスピードテストアプリの結果。

SpeedSpot スピードテストは、「インターネット接続速度計測」及び「高速Wi-Fiホットスポットの検索」をお手伝いします。

黒地のものが今日入れた、 Ookla の Speedtest.net アプリの結果です。

インターネット接続スピードのテスト用アプリで世界No.1のOokla Speedtest (Android版)

同じ時間帯にそれぞれのアプリで3回連続して計測しています。

白地の方の計測結果をみると、1Mbps台が多く、黒地の方をみると2Mbps台が多いのがわかります。
ただ、白地の方のアプリではアップロードに3桁の数値が出てくるので、この時の計測値はあまりあてにはできません。
黒地のアプリは上り、下りとも同じような値になっています。

SpeedSpotのスピードテストアプリでの結果

SpeedSpotのスピードテストアプリでの結果

OoklaのSpeedtest.net アプリの結果

OoklaのSpeedtest.net アプリの結果

このスピードテストの結果ですが、MVNOもこれらのスピードテストアプリで自社回線のスピードを判断されるとわかっており、アプリによるスピードテストブーストの疑いがかけられています。

ただ、今回私が購入した YAMADA SIM PLUS Powered by FREETEL に関しては、ブーストと言われるほど、最高スピードは出ていません。
他の方のレビューにあるように、最大3Mbps以下です。

それでも、お昼時も1Mbpsを下らなかったのは、ブーストのおかげなのでしょうか?

お昼時にYouTubeを見てみました。
私はこれまで動画はWi-Fi環境下で見るものと思っていたので、どれくらいの画質で見られるのが当たり前なのかわかりません。
私がチャンネル登録しているものをいくつか見て回ったのですが、12:20頃から12:30にかけて見たものは、初期画質が144pで再生されました。

この画質だと途中、読み込み待ちになることもなく見ることができました。

12:20から12:30にかけて見たYouTubeは初期画質144pで止まらずに見られました

12:20から12:30にかけて見たYouTubeは初期画質144pで止まらずに見られました

13:11に見た動画は初期画質が360pで、これも読み込み待ちになることはありませんでした。

YouTubeをスマホの小さい画面で見る分には360pあれば、それほど不満はないかと思います。

13:11頃に見たYouTubeは初期画質360pで止まらずに見られました

13:11頃に見たYouTubeは初期画質360pで止まらずに見られました

14:30頃にはWi-Fiテザリングをして、パソコン上でスピードテストサイトに行きその速度を計ってみました。

Test your Internet connection bandwidth to locations around the world with this interactive broadband speed test from Ookla

結果は上り、下りともに2Mbps台でした。
下記リンクからその時の様子をご確認いただければと思います。

2016年11月18日(金曜日)14:30頃 YAMADA SIM PLUS Powered by FREETEL 使い放題プランのSIMをスマホに入れ、Wi-Fiテザリングをしてパソコンでスピードテストしました。 この動画は YouTube 動画エディタ(

15:30頃からは、YAMADA SIMを入れていたスマホのアプリに、アップデート通知が来ていたので、アプリの更新をかけました。
この時の様子もYouTubeに上げておきましたので、御覧ください。

2016年11月18日(金曜日)15:30頃 Androidスマホのアプリにアップデート通知が来ていたので、更新をしました。 その時に使っていたSIM ( YAMADA SIM PLUS Powered by FREETEL 使い放題契約 )でのダウンロード時のスピードです。 スマホのスピードテストアプリ使用時に...

今日一日、このSIMを使ってみて、大きな不満はなかったです。
あえていうのであれば、できればデータ専用SMS付きで2,000円を切る価格なら文句なしです。

でも、音声プランだと使い放題が付いて2,980円ですからね。
たいてい、音声プランはデータ専用料金+700円というのが相場ですから、そんなに高いというわけでもないのかもしれません。

ヤマダ電機の通販サイト。全国展開ならではの豊富な品揃え、配送ネットワークで暮らしをサポート。店舗在庫をネットで確認、お近くの店舗で受取り、社員による即日・翌日お届け、プロの設置工事、安心の長期保証などのサービスが満載です。

願わくば、この2Mbpsという速度をこれからも維持してもらいたいです。

ちなみに以下はmineo Dプラン、月500MB契約のスピードテスト結果です。

mineo Dプランのスピード結果その1

mineo Dプランのスピード結果その1

mineo Dプランのスピード結果その2

mineo Dプランのスピード結果その2

mineo Dプランのスピード結果その3

mineo Dプランのスピード結果その3

こちらでもWi-FiテザリングやYouTubeでの動画視聴を試してみればいいのですが、使い放題でないとスピードテストをするだけでも不安になります。
私は今日のスピードテストだけで800MB以上使ってしまいました。
先月からの繰越データ容量があったから行いましたが、普段はやりたくないです。

mineo回線の今月のデータ使用量

mineo回線の今月のデータ使用量

一方、使い放題のSIMを入れた端末では、昨日と今日でなんと3GB以上のデータを使用してしまいました。
たった2日でです。
私は先月、0SIMとmineoのSIM2枚合わせても、使用量は1GB未満でした。
いかに、この使い放題のSIMではデータを使ったかがわかります。

YAMADA SIMの2日間でのデータ使用量

YAMADA SIMの2日間でのデータ使用量

こんな使い方をしていると、結果的に自分の首を締めることになるんですけどね。

いつまで、この使用感や通信速度が続くのかわかりません。

今後、この通信速度が維持できなくなってきたとき、その理由の一つがこのブログだとしたら、それは光栄な事なのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする