Redmi Note 10 Proに2021年11月分のセキュリティアップデート

2021年12月24日(金曜日)。
世間では絶好のクリスマスイブ日和(?)でしたが、私はRedmi Note 10 Proのセキュリティアップデートをしていました。

私が持っている端末の中で比較的新しいもの、そして間隔的にそろそろセキュリティパッチが来ても良さそうな端末がRedmi Note 10 Pro。
そんなわけで久しぶりに5ちゃんねるでRedmi Note 10 Proのスレを眺めてみましたらアップデートが来ているようでしたので、私も引っ張り出してきました。

アップデート通知

ファイル容量は 733 MBとなっております。

Redmi Note 10 Proのアップデート通知
Redmi Note 10 Proのアップデート通知

実はこのアップデート通知、Mi 11 Lite 5Gがアップデート後にWi-Fi環境下での非通知問題が解消された(と思う)ので、Redmi Note 10 Proでも改善されたかもと一度電源を落とし、SIMを入れました。

そして電源を入れ直したらアップデート通知が無くなりました。

その後何度か電源を入れ直したり、「設定」アプリ>「追加設定」>「地域」を変更してみたりしたのですが、再度通知表示がされることはなく放置しておりました。

そしたら、クリスマスイブの夜に通知が来たのでした。
もしかしてこれがサンタさんから私へのプレゼントだったのでしょうか。

アップデート内容

その他
・システムパフォーマンスの最適化
・システムのセキュリティと安定性の向上

この通知からはセキュリティパッチだけの更新だけのように思えましたが、他にも変更された部分がありました。

なお、このアップデートは5ちゃんねるのスレを見ると早い人で2021年12月14日頃から通知を受け取っていたようです。

また、下記のサイトを見ると2021年12月24日付けで「V12.5.9.0.RKFMIXM」が掲載されています。

https://mifirm.net/model/sweet.ttt

アップデート前

デバイス情報

Android バージョン 11 RKQ1.200826.002
Android セキュリティ アップデート 2021年9月1日
MIUIバージョン 12.5.8.0(RKFMIXM)

アップデート前のデバイス情報
アップデート前のデバイス情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

「アップデートをダウンロード」から「今すぐ再起動」の画面になるまで、我が家の通信環境では約3分でした。

アップデート後

デバイス情報

Android バージョン 11 RKQ1.200826.002
Android セキュリティ アップデート 2021年11月1日
MIUIバージョン 12.5.9.0(RKFMIXM)

アップデート後のデバイス情報
アップデート後のデバイス情報

ストレージに占めるシステムの容量

13.04GB

これはアップデート前後で変化はありませんでした。

以下は先月行ったMi 11 Lite 5Gのアップデート後の状況と比較しつつ行います。

Mi 11 Lite 5Gに2021年10月分のセキュリティアップデート

「セキュアエレメントの位置」の「自動選択」は無し

Mi 11 Lite 5GはMIUI 12.5.6にアップデートした際にこの項目に「自動選択」という設定ができるようになったのですが、Redmi Note 10 Proでは
FeliCa / おサイフケータイには対応していない為かアップデート前後で変化はありませんでした。

「メモリ増設」機能が追加

「設定」アプリ>「追加設定」>「メモリ増設」機能が追加されていました。

追加されたメモリ増設機能
追加されたメモリ増設機能

この機能はストレージのメモリを利用してRAMを擬似的に2GB追加する機能のようです。
アップデート後はデフォルトでオンになっていました。

しかし、アップデート後にタスク一覧画面を出して画面上のメモリ容量を見てみましたが「6GB中○GB利用可能」と表示されており、物理的なメモリ容量(6GB)にプラス2GBが追加されているような表示(8GB)にはなっておりませんでした。

タスク一覧画面で見る限りメモリ増設機能を使ったメモリ分は加算されていない
タスク一覧画面で見る限りメモリ増設機能を使ったメモリ分は加算されていない

バッテリーセーバー機能に「パワー」、「バランス」、「パフォーマンス」が選択可能に

アップデート前は「バッテリーセーバー」と「ウルトラバッテリーセーバー」スイッチのが2つがありそれぞれのオンオフでした。

アップデート前および直後の選択肢
アップデート前および直後の選択肢

アップデート直後は上記のまま変わりはなかったのですが、6時間くらい放置しておいて今朝確認してみたら、下記のように「ウルトラバッテリーセーバー」オンオフのスイッチ一つのみ。そしてその上に「パワー」、「バランス」、「パフォーマンス」の4択になっていました。

アップデート後数時間経って見たら選択項目が変わっていました
アップデート後数時間経って見たら選択項目が変わっていました

残り時間の増減数を見てみるとより強力な方から「ウルトラバッテリーセーバー」スイッチオン>「パワー」>「バランス」>「パフォーマンス」となるようです。

Wi-Fi環境下ではRakuten Linkアプリでの発着信は電話番号の通知はされず

これはアップデート後も「非通知設定」のまま改善されませんでした。
Mi 11 Lite 5Gではアップデート後に発着信ともにWi-Fi環境下でも電話番号が通知された(と思う)ので、Redmi Note 10 Proでも改善されたかと思ったのですが残念です。

Wi-Fi環境下で着信を受けると「非通知設定」と表示されてしまう
Wi-Fi環境下で着信を受けると「非通知設定」と表示されてしまう
Wi-Fi環境下のRakuten Linkから発信された電話番号は相手に「非通知設定」と表示される
Wi-Fi環境下のRakuten Linkから発信された電話番号は相手に「非通知設定」と表示される

Google Play システムアップデート有り

他のAndroid端末だとシステム情報や端末情報にGoogle Play システムアップデートの日付が記載されており、そこをタップすることでアップデートが可能でした。
ところがMIUIでは「デバイス情報」にGoogle Play システムアップデートの日付がなかったため、いつの時点のものになっているのかわかりませんでした。

今回、設定メニューをよく見てみたところ、「設定」アプリ>「セキュリティ状況」からGoogle Play システムアップデートの日付を確認でき、当初は「2021年8月1日」でしたが、日付部分をタップすると 32 MBのアップデートが来ており、アップデート後は「2021年11月1日」にアップデートされました。

たまに確認してみるとアップデート通知が来ていることがあります
たまに確認してみるとアップデート通知が来ていることがあります
Google Playシステムアップデート後の日付
Google Playシステムアップデート後の日付

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 4a 12 2021年12月5日 2021年12月7日
Pixel 6 Pro 12 2021年11月5日 2021年10月28日
Redmi Note 10 Pro 11 2021年11月1日 2021年12月24日
Galaxy S10(香港版) 11 2021年11月1日 2021年12月7日
Pixel 3 12 2021年10月5日 2021年10月20日
Mi 11 Lite 5G 11 2021年10月1日 2021年11月28日
Galaxy S21 Ultra(ドコモ版) 11 2021年10月1日 2021年11月2日
Galaxy S10(楽天版) 11 2021年9月1日 2021年10月6日
Galaxy S8+ 9 2020年12月1日 2021年5月8日
Pixel 2 11 2020年10月5日 2020年10月6日
HUAWEI Mate 20 Pro 10 2020年9月1日 2020年11月9日
Galaxy S7 8.0.0 2020年9月1日 2020年12月31日
HUAWEI Mate 10 Pro 10 2020年7月1日 2020年12月1日
Black Shark 2 10 2020年6月5日 2020年9月11日
HUAWEI Mate 9 9 2020年5月1日 2021年4月26日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください