0 SIM、LINEモバイル、ワイモバイルスピードテスト結果 2017年7月版

今日で7月も終わりです。
今月も繰り越せないパケットが残っていたので、私が契約している 0 SIM 、 LINE モバイル、ワイモバイルのスピードテストを行いました。

平日(月末の月曜日)12時半頃のスピードテストということで、最も速度が落ちる時間帯だと思います。
これから MVNO (格安 SIM )やキャリアのサブブランド(ワイモバイル)への移行を検討している方にとって参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

0 SIM

Ookla Speedtest.net アプリでの速度

上から3回分が今回の計測結果です。
(他の端末での結果も同様です)

下り 0.16 Mbps から最速 0.19 Mbps
上り 1.71 Mbps から最速 3.99 Mbps
PING 160 ms から最小 144 ms

0 SIMのスピードテスト結果一覧

0 SIMのスピードテスト結果一覧

fast.com での速度

58 Kbps = 58/1024 Mbps = 0.057 Mbps

fast.comで計測した結果 0 SIM

fast.comで計測した結果 0 SIM

計測に使用したデータ容量

17.16 MB
(端末のデータ使用量から算出。 fast.com 計測分も含む)

先月(6月30日)との比較

以下が先月の計測値です。

下り 0.05 Mbps から最速 0.13 Mbps
上り 1.66 Mbps から最速 3.29 Mbps
PING 229 ms から最小 180 ms

fast.com 下り 36 Kbps

もともとのスピードが遅いせいもありますが、先月とほぼ変わらない感じです。
こんなに低速で使いみちがあるのかと思われますが、私にとってはメインのワイモバイル SIM を入れた端末の次に使うこともある SIM だったりします。

ただ、以下の nuro モバイル担当者へのインタビュー記事を読む限り、速度の大幅なアップは見込めそうにありません。

2016年10月からMVNOのブランドをリニューアルし、「nuroモバイル」を提供しているソニーネットワークコミュニケーションズ。2017年2月には5時間プランの提供も開始した。「0 SIM」と合わせ、nuroモバイルの戦略を聞いた。

昔は、同じインタビュー記事でも「何か必要なときにオーバーして使っていただく」というようなことを言っていたのですが、今の速度だとなかなか 500 MB を超える使い方は難しいと思います。

500MB未満までなら一切通信料がかからない、ソネットの「0 SIM」は、登場直後から大きな話題を呼んだ。ユーザーにとってはありがたいが、収益は出せるのだろうか? ソネットの担当者に疑問をぶつけた。

以下にスピードテストを3回行なったうちの3回目、速度変化を示すグラフが載った画面を貼っておきます。(以下同じ)

0 SIM計測時の速度変化

0 SIM計測時の速度変化

LINEモバイル

Ookla Speedtest.net アプリでの速度

下り 0.81 Mbps から最速 1.16 Mbps
上り 5.92 Mbps から最速 6.21 Mbps
PING 130 ms から最小 119 ms

LINEモバイルの計測結果一覧(上の3つのみ)

LINEモバイルの計測結果一覧(上の3つのみ)

fast.com での速度

920 Kbps = 920/1024 Mbps = 0.898 Mbps

fast.comで計測したLINEモバイルのスピード

fast.comで計測したLINEモバイルのスピード

計測に使用したデータ容量

35.92 MB
(端末のデータ使用量から算出。 fast.com 計測分も含む)

先月(6月30日)との比較

以下が先月の計測値です。

下り 1.99 Mbps から最速 3.19 Mbps
上り 2.25 Mbps から最速 4.56 Mbps
PING 119 ms から最小 114 ms

fast.com 下り 2.8 Mbps

先月と比べると下りは約半分程度にまで速度が落ちています。

私はドコモ系 MVNO は極端に遅い 0 SIM とこの LINE モバイルしか契約していないので、他のメジャーな MVNO との比較はできません。

それでも、今月この LINE モバイルの SIM を入れた端末を平日のお昼頃に使ってみました。
用途は2ちゃんねる閲覧とそこからリンクされている Web サイト閲覧です。
その時には速度が遅くてイラつくといったことはありませんでした。

下り 1 Mbps というのを私は Web 閲覧にストレスを感じない目安にしています。
今日の計測結果からは、その 1 Mbps というしきい値を割り込んだ時もありましたが、まだお昼でも使い物になる速度だと思います。

LINEモバイルスピード計測時の速度変化

LINEモバイルスピード計測時の速度変化

ワイモバイル

Ookla Speedtest.net アプリでの速度

下り 7.57 Mbps から最速 23.14 Mbps
上り 15.14 Mbps から最速 20.92 Mbps
PING 73 ms から最小 70 ms

ワイモバイルのスピードテスト結果一覧

ワイモバイルのスピードテスト結果一覧

fast.com での速度

19 Mbps

fast.comで計測したワイモバイルのスピード

fast.comで計測したワイモバイルのスピード

計測に使用したデータ容量

250 MB
(端末のデータ使用量から算出。 fast.com 計測分も含む)

先月(6月30日)との比較

以下が先月の計測値です。

下り 9.02 Mbps から最速 19.08 Mbps
上り 18.54 Mbps から最速 19.11 Mbps
PING 75 ms から最小 58 ms

fast.com 下り 12 Mbps

下りの最速は今回の方が速いですが、最遅も今回の方が遅いです。
でも、これだけの速度が出ていれば目くじらを立てるほどのことではないと思います。

ワイモバイルスピード計測時の速度変化

ワイモバイルスピード計測時の速度変化

LINE モバイルとワイモバイルの比較

私は普段、 Wi-Fi 環境があるところで生活しているので、モバイル回線のデータ使用量はそれほど多くありません。
月末に行う、このスピードテストがひと月の中で一番データ量を消費する日といっても過言ではありません。

そのうえで、 LINE モバイルの速度と ワイモバイル の速度に使用上大きな差があるかと言われると、私の使い方では差を感じません。

今月は LINE モバイルの SIM を Xperia XZ と Galaxy S8+ に入れて使ってみました。

その時の感じ方が Galaxy S8+ に ワイモバイル の SIM を入れて使っていた時と変わらなかったからです。

毎月の支払い額については後日まとめますが、何が何でも安く使いたいという方にとっては LINE モバイルはまだ使える MVNO だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする