OnePlus3TにKRACK対応セキュリティパッチ配信開始

私がワイモバイルからドコモへ MNP してからというもの、めっきり触ることの無くなった OnePlus3T 。
それでも日課として、下記のサイトでアップデートの確認をしていました。

そして前回のアップデートから約1か月半の今日、アップデートが来ていることを知りました。

スポンサーリンク

アップデート通知

今回のアップデート用ファイルのサイズは 145 MB です。

アップデート通知

アップデート通知

アップデート内容

Added support for aptX HD
Added Wi-Fi hotspot device manager
Added “Soft” screen calibration
Updated Android security patch to December
General bug fixes and stability improvements

これを Google 翻訳にかけた結果は以下のようになります。

aptX HDのサポートが追加されました
Wi-Fiホットスポットデバイスマネージャを追加
“ソフト”スクリーンキャリブレーションを追加
Androidセキュリティパッチが12月に更新されました
一般的なバグ修正と安定性の向上

このアップデートの内容は下記の OnePlus のダウンロードページと Community サイト上にも掲載されています。

System Supported Airtel VoLTE in India (VoLTE service location depends on Airtel) Added support for aptX HD Added Wi-Fi hotspot device manager Added
Hello everyone! We are pushing out the incremental roll-out of OxygenOS 5.0.1 for OnePlus 3 and 3T. Here are some of the highlights of this...

これらをみるとダウンロードページにアップデート用ファイルが掲載されたのは 2018年1月11日 ですが、 OTA によるアップデートは 2017年12月29日 から開始されたことがわかります。

アップデート前

端末の状態

OxygenOS バージョン 5.0
Android バージョン 8.0.0
Android セキュリティパッチレベル 2017年9月1日
ビルド番号 ONEPLUS A3010_28_171116

アップデート前の端末情報

アップデート前の端末情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイルのサイズは 145 MB です。
我が家の通信環境ではこのファイルのダウンロードにかかった時間は 約 1 分 でした。
OnePlus のサーバーは帯域に余裕があるんでしょうね。早いです。

ちなみに Moto G4 Plus のアップデートファイルのダウンロードは 36.2 MB のダウンロードに 約 5 分 かかりました。

今年も残り数日。 今年はもうセキュリティパッチの更新は来ないだろうと思っていましたが、私が持っている端末のスレを5ちゃんねるでチェックして...

アップデート後

端末の状態

OxygenOS バージョン 5.0.1
Android バージョン 8.0.0
Android セキュリティパッチレベル 2017年12月1日
ビルド番号 ONEPLUS A3010_28_171227

アップデート後の端末情報

アップデート後の端末情報

アップデートによる変更点で気がついたもの

aptX HDのサポートが追加

次のスクリーンショットは開発者向けオプションの中の設定です。
アップデート前は「 SBC 」、「 AAC 」、「 LDAC 」のみでしたが、アップデート後は「 aptX 」、「 aptX HD 」が追加されました。

私は Bluetooth のイヤホンは AirPods くらいしか持っていないので、音質についてのコメントは省略します。

追加されたBluetoothオーディオCodec

追加されたBluetoothオーディオCodec

“ソフト”スクリーンキャリブレーションを追加

これは設定アプリの中にある「ディスプレイ」>「画面のキャリブレーション」の項目です。
以下のスクリーンショットはアップデート後のものです。

アップデート前は「既定」、「 sRGB 」、「カスタムカラー」の3項目でしたが、そこに「ソフト」が追加されました。

スクリーンショットには反映されませんが、「既定」から「ソフト」に変更すると子供の顔色から「赤み」が少し薄れます。
人の顔色としては「既定」の方が健康そうで良いように思います。
このあたりは画面に映るものと使用者によって好みが分かれる部分です。
「カスタムカラー」で自分好みの設定にできるように思うのですが、あえて「ソフト」という項目を追加してきたあたり、どのような意図があるのか不明です。

画面のキャリブレーションに追加された項目「ソフト」

画面のキャリブレーションに追加された項目「ソフト」

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

OnePlus3T の前回のアップデートは 2017年11月28日でした。

最近、また新しい端末が欲しくなり、あれこれ考えていた私です。 そして先日新しい端末を入手、その環境設定に1日半を費やしました。 入手...

当時のセキュリティパッチレベルは 2017年9月1日 。
配布当時のセキュリティパッチレベルとしては少し古いと思います。

今回のセキュリティパッチレベルは 2017年12月1日 。
OTA での配信開始が 2017年12月29日 だとしたら、まずまずだと思います。

ただ、現在は Spectre や Meltdown といった新たな脆弱性がみつかっているので、次回のアップデートは2月末までには来てほしいところです。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Nexus 5X 8.1.0 2018年1月5日 2018年1月9日
OnePlus 3T 8.0.0 2017年12月1日 2018年1月12日
ZenFone 3 7.0 2017年12月1日 2018年1月9日
Moto G4 Plus 7.0 2017年12月1日 2017年12月29日
HUAWEI Mate 9 8.0.0 2017年12月1日 2017年12月28日
HUAWEI Mate 10 Pro 8.0.0 2017年12月1日 2017年12月22日
HUAWEI P9 7.0 2017年11月6日 2017年12月14日
Galaxy S7 7.0 2017年10月1日 2017年11月24日
Galaxy S8+ 7.0 2017年10月1日 2017年11月24日
Xperia XZ 7.1.1 2017年10月1日 2017年10月26日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする