BlackShark2に2019年8月分のセキュリティパッチを含む不具合改善アップデート

私が先週購入したBlack Shark2 JAPANモデルに昨日(2019年10月29日)、セキュリティアップデートを含む不具合改善アップデートが来ましたので、その前後の記録を残します。

アップデート通知

アップデート用ファイルの容量は646.1MBとなっております。

購入後2度目のアップデート通知
購入後2度目のアップデート通知
アップデート内容の続き
アップデート内容の続き

アップデート内容

1. Google のセキュリティパッチを 2019-08-05 に更新しました。
2. GameDock を 4.0 に更新し、新しい機能「Shark Time」(最大 30 秒まで遡ってスクリーン動 画を撮影できる機能)を追加しました。
3. 対応言語にアラビア語とリトアニア語を追加しました。
4. ホーム画面を下にスワイプして通知、クイックパネルを表示できるようになりました。
5. ホーム画面の通知をロック画面でスワイプ消去できるようになりました。
6. Google Wellbeing を追加しました。
7. 端末のテーマが無効になる問題を改善しました。
8. 指紋ロック解除後に急に画面が明るくなる問題を改善しました。
9. デフォルトのタイムゾーンの変更が反映されない問題を改善しました。
10. ゲームパットを接続後にスライドして GameDock を表示できない問題を改善しました。
11. USB デバッグを OFF にできない問題を改善しました。
12. カメラのちらつき防止機能を最適化しました。
13. システムの安定性とパフォーマンスを最適化しました。
14. スタンバイ時の電力消費を最適化しました。
15. GameDock の着信 OFF(NoInCall)の互換性を最適化し、いくつかの主要な SNS アプリに対 応させました。
16. メモリ管理を最適化し、アプリの動作が低下し反応しなくなる問題を改善しました。
17. 指紋ロック解除のスピードを最適化しました。
18. 顔認証ロック解除(FaceUnlock)の電力消費を最適化しました。
19. ゲームパッド利用時の安定性を最適化しました。
20. いくつかのメニュー表示の翻訳を改善しました。

この内容は以下のリンク先にPDFファイルとなって公開されています。

https://kazuna.co.jp/news/pdf/20191029_information_bs2_update2.pdf

Android端末はアップデートの内容を詳細に公開しないことが多いので、このアップデート通知に関しては好印象です。

アップデート前

端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年5月5日
ビルド番号 SKYW1907110OS00MP3

アップデート前の端末情報
アップデート前の端末情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイル646.1MBのダウンロードには我が家の通信環境で約16分かかりました。

アップデート後

端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年8月5日
ビルド番号 SKYW1909192OS00MP4

アップデート後の端末情報
アップデート後の端末情報

今回のアップデートは日本国内モデルは昨日(2019年10月29日)から配信が開始されましたが、国際版(グローバル版)には2019年9月20日から配信が開始されていたようです。

https://forum.blackshark.com/discussion/428/announcement-september-2019-ota-update-for-black-shark-2-download-now

アップデート後に気づいた点

カメラアプリのアップデートがされていた

カメラアプリのバージョンはアップデート前が「3.0.0606」でしたが、アップデート後は「3.0.0910.1441」になっています。
Pixel 3のカメラアプリはGoogle Playからアップデートができますが、その他の端末では今回のように端末メーカーがアップデートを行った際にしかアップデートされないことが殆どです。

今回のアップデートでカメラアプリもアップデートされました
今回のアップデートでカメラアプリもアップデートされました

カメラアプリ起動時に画面がフリーズしている原因と対処方法

初回カメラアプリ起動時に「ストレージ」と「電話」に関する権限の許可を求められます。
ストレージに関しては撮影した画像を保存したり読み出すために必要なのはわかりますが、どうして「電話」に関する権限が必要なのかわからず、私は「拒否」しました。

その結果、カメラアプリをタスクから削除した状態の時にカメラアプリを起動すると前回撮影した時のものと思われる画面がプレビューにぼやけて表示され、その状態は「写真」モードから一度「ポートレート」や「ビデオ」といった他の撮影モードに切り替えないと正しく表示されませんでした。

カメラ起動時に画面が正しく表示されない不具合
カメラ起動時に画面が正しく表示されない不具合

この不具合が今回のアップデートで改善されるのか待っていたのですが、変わりませんでした。

そこで原因を考えた結果わかったのはカメラアプリに「電話」の権限を与える必要がありました。

BlackShark2はカメラアプリに「電話」に関する権限を与えないと不具合が生じる
BlackShark2はカメラアプリに「電話」に関する権限を与えないと不具合が生じる

Pixel 3ではカメラアプリに「電話」の権限はありません。
Black Shark 2ではどうして「電話」の権限が必要なのでしょう?

Pixel3のカメラアプリでは「電話」に関する権限は必要ない
Pixel3のカメラアプリでは「電話」に関する権限は必要ない

ほんの少しだけピントが合いやすくなった

私がBlack Shark 2を購入してがっかりしたことの一つがカメラのオートフォーカスの性能です。
具体的に言うと、ピントが合わないことが多いのです。

スマホのカメラは難しいことを考えずにカメラアプリを立ち上げて、撮りたいものに向けてシャッターボタンを押すだけです。
ところがこのBlack Shark 2のカメラは撮りたいものに向けてもピントが合わないことがありました。
仕方がないので画面をタップして、ピントを合わせたい場所を指定するのですが、タップした瞬間はピントが合うのですが、シャッターボタンを押すまでの間にピントが外れます。

Black Shark 2のカメラアプリにはプロモードもあり、オートフォーカスではなくマニュアルでピントの位置を調整することもできるのですが、近すぎたり、遠すぎるとその調整の範囲外となります。
近すぎてピントが合わないのはiPhone Xでもあるのですが、雲の写真など無限遠にピントを設定したいのにマニュアル操作でもできないのはカメラアプリやハードの不具合を疑うレベルです。

この残念なオートフォーカスの性能について、今回のアップデート内容には触れられていませんでしたが、少し改善した気がします。

下記の写真はアップデート前に撮影したものです。(タップすると別画面に1,024*768pixサイズで表示されます)
この距離で黄色い花の部分をタップしたのですが、ピントが合いませんでした。

Black Shark2で撮影した場合、この距離で右側の黄色い花をタップしてもピントが合わない
Black Shark2で撮影した場合、この距離で右側の黄色い花をタップしてもピントが合わない

iPhone XやPixel 3では以下のように同じ場所から撮っても花の部分にピントを合わせることができました。

iPhone Xで撮影
iPhone Xで撮影
Pixel 3で撮影
Pixel 3で撮影

アップデート後に撮った写真

Black Shark 2

アップデート後のBlackShark2で撮影
アップデート後のBlackShark2で撮影

iPhone X

iPhone Xで撮影した場合
iPhone Xで撮影した場合

Pixel 3

Pixel 3で撮影
Pixel 3で撮影

まだiPhone XやPixel 3と比べるとなかなか思ったところにピントが合わないことがありますが、アップデート前よりはマシになったと思います。

ダークテーマは使えず

今回のアップデートで私が気づいた大きな点はカメラのオートフォーカス機能の微改善です。
他に気づいた点としては「ダーク」テーマが使えないということです。

設定アプリ>ディスプレイ>端末のテーマ

ここで「ダーク」を選択してもメインメニュー内は白地のままです。

「ダーク」を選択しても黒地にならないBlack Shark2
「ダーク」を選択しても黒地にならないBlack Shark2

Pixel 3はAndroid 10なのでBlack Shark 2とOSバージョンが違いますが、「ダークテーマ」を選べばきちんと黒地に白文字になります。

Pixel 3のダークテーマ
Pixel 3のダークテーマ
Pixel 3でダークテーマをオフにした場合
Pixel 3でダークテーマをオフにした場合

使える機能

4. ホーム画面を下にスワイプして通知、クイックパネルを表示できるようになりました。
5. ホーム画面の通知をロック画面でスワイプ消去できるようになりました。

この辺りは今まで意識していなかったのですが、使えると便利です。
「ホーム画面の通知をロック画面でスワイプ消去」はPixel 3でも使えますが、「ホーム画面を下にスワイプして通知、クイックパネルを表示」はPixel 3には実装されていない機能です。

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

Black Shark 2のグローバル版は今回日本版に来たものと同じ内容が9月20日に配信されました。
日本で正規に販売されているモデルは日本仕様にカスタマイズ(ドコモの3Gバンド6に対応している)されていますので、グローバル版よりもアップデートが遅れるのは仕方がありません。

ただ、ゲームに特化しているとはいえ、通信を常に行う端末ですのでセキュリティアップデートは最低でも2年間は続けてほしいです。
その上で、システムの不具合はユーザーの意見を広く収集して修正してもらいたいものです。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 2 10 2019年10月6日 2019年10月8日
Pixel 3 10 2019年10月5日 2019年10月8日
Galaxy S8+ 9 2019年9月1日 2019年10月17日
Galaxy S7 8.0.0 2019年9月1日 2019年10月8日
Black Shark 2 9 2019年8月5日 2019年10月29日
OnePlus 3T 9 2019年8月1日 2019年8月27日
HUAWEI Mate 10 Pro 9 2019年8月1日 2019年8月26日
HUAWEI Mate 9 9 2019年7月5日 2019年8月14日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください