今更ながらHUAWEI Mate 20 Proを購入しました

HUAWEIのフラッグシップモデルMate 20 Proが発売開始されたのは2018年11月30日のことです。
発売から既に1年近く経過した端末を昨日購入しました。
今回は私がこのMate 20 Proを購入した理由と初期状態から最新までのアップデート状況について書き残したいと思います。

なぜ今、Mate 20 Proなのか

iPadとスマホではPUBG MOBILEの感度設定が同期されてしまう

私は先月末、Black Shrak2を購入したばかりです。

Black Shark2購入、初期状態時の覚え書き

性能はハイスペックですし、ゲーム中の通知制限、システム内部の音声付き録画機能などゲームに特化した端末です。

しかし、私は普段iPadでゲーム(PUBG MOBILE)をしています。
iPadでPUBG MOBILEをしていて、たまにスマホでやろうと思った時に困るのが感度設定です。
同じゲームキャラクターを使いたいと思えばアカウントは同じものをiPadとスマホで使うことになります。

ところがこのPUBG MOBILE、アカウントが同じであれば感度設定も同期されるのです。
iPadでリコイルコントロールする時の感度に合わせているので、スマホでその設定ではうまくリコイルができません。

そんなこともあり、スマホでPUBG MOBILEをやるということはほとんどありませんでした。

Black Shrak2のカメラ性能にがっかり

Black Shrak2はゲーム用に機能を振った端末ですのでそれ以外の用途では及第点が取れれば十分と考えられているのだと思います。
各社のカメラ機能を重視した端末比べるのは酷でしょう。

しかし、カメラのピントが合いにくいというのはやはり不満がありました。

BlackShark2に2019年8月分のセキュリティパッチを含む不具合改善アップデート

このオートフォーカスについての問題点はDXOMARKというカメラ性能を評価するサイトでも指摘されています。

https://www.dxomark.com/black-shark-2-camera-review/

DXOMARKで最高得点を出したMate 30 ProにはGoogle Mobile Serviceが入っていない

今年はHuaweiの端末にとって不運な年だったと思います。
その結果、Mate 30 ProはAndroid OSですが、Googleの基本的なアプリGmail、Chrome、マップ、YouTubeはプリインストールされておりません。

いくらカメラ性能がすごくても、 Googleアプリがインストールされていない端末では使い道に困ってしまいます。

Huaweiが出したGoogleアプリがインストールされているハイエンド端末はP30 Proが最後になります。
ただし、国内で正規に販売されているP30 Proはドコモの専売モデル。当然、使わないドコモ製アプリがプリインストールされており、アンインストールもできません。

私がMate 20 Proを購入するにあたって影響を受けた2人

スマホでゲームをしない、カメラが使いにくいということで新たな端末の購入を計画しました。

そんな中、YouTubeやサイトで気になったのがこちら。

一人は私がiPhoneでTwitterを始めた際によく目にしていた勝間和代さんの動画。

勝間さんが現在使っているスマホがMate 20 Proでした。
そしてその運用方法も今月からドコモの2年縛りが無くなる私には興味深いものでした。

もう一人が同じくYouTubeのおすすめに表示されていたこちらの方のブログ。

最終的には次の記事を見て購入を決断しました。

【Mate 20 Proを一年使った感想】過去最高のユーザー体験

1年に10台以上のスマホをレビューしてきて、それでもなお1年前に発売されたMate 20 Proをメイン端末として選んだというからには、それなりの理由があります。
そんなガジェオタがメイン端末として使っているMate 20 Proとはどのような端末、性能なのか私も試してみたくなったのです。

購入はヨドバシ

私が購入したMate 20 Proは国内正規販売モデルです。
シャッター音のことを考えると海外版を購入するのがいいのですが、これまでHUAWEIの端末をP9、Mate9、Mate 10 Proを使ってみて、HUAWEIの端末は国内販売版のiPhoneとは違ってシャッター音はそれほど大きくはありません。

そして、先日、海外版のiPhoneが起動しなくなり海外の販売業者に連絡をしたところ、交換品のiPhoneが届くまでに1か月以上かかったことから、今回は国内正規販売版を購入しました。

Etorenで購入したiPhoneを修理に出した結果…

HUAWEIの端末に関しては今、goo Simsellerでセールをやっていて、Mate 20 Proもヨドバシで買うより1万円以上安く売られています。
でも、音声契約が必須であり、OCNのブラックリストに載らない半年程度の維持を考えるとその差は数千円に縮まります。

https://simseller.goo.ne.jp

そんなわけで私はヨドバシで購入しました。

開封直後の状態

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年3月1日
ビルド番号 9.0.0.228(C635E12R1P16)

開封直後の端末情報
開封直後の端末情報

ストレージ使用量

128GB中14.79GB使用

開封直後のストレージ使用量内訳
開封直後のストレージ使用量内訳

実行中のサービス

システム 1.9GB
アプリ 361MB
空き 3.7GB

開封直後の実行中のサービス
開封直後の実行中のサービス

プリインストールアプリ

48個

プリインストールアプリその1
プリインストールアプリその1
プリインストールアプリその2
プリインストールアプリその2
プリインストールアプリその3
プリインストールアプリその3
プリインストールアプリその4
プリインストールアプリその4
プリインストールアプリその5
プリインストールアプリその5
プリインストールアプリその6
プリインストールアプリその6

アップデート(1回目)

ファイルサイズは257MB

最初のアップデート通知
最初のアップデート通知

アップデート内容

[セキュリティ]
2019年4月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/4/

[セキュリティ]
2019年5月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/5/

1回目のアップデート後の端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年5月5日
ビルド番号 9.0.0.268(C635E12R1P16)

1回目のアップデート後の端末情報
1回目のアップデート後の端末情報

アップデート(2回目)

ファイルサイズは4.14GB

このアップデートはSIMを挿さないと降ってきませんでした。

2回目のアップデート通知
2回目のアップデート通知

アップデート内容

変更ログ
本更新によって、ご利用のシステムがEMUI 9.1に更新され、EROFSテクノロジーおよびGPU Turbo 3.0がサポートされます。

[月モード]
マスターAIは自動的に月を識別して月モードを有効にし、カメラの適切なパラメータを選択します。

[システム]
アプリの速度と滑らかさを改善するEROFSシステム機能を追加します。

[着信ビデオ]
連絡先の着信ビデオをカスタマイズできます。

[GPU Turbo 3.0]
HuaweiのGPU Turbo 3.0による高速化技術がサポートするゲームが増え、ゲーム体験が向上します。

[Huaweiのブイログ]
ワンタッチでハイライトリールを自動生成し、効果テンプレートを適用してMVを作成できます。

[Huawei Share OneHop]
携帯電話とHuawei MateBookの間でクリップボードや画面記録を瞬時に共有できます。
Huawei Shareを、高速データ転送機能を持つバージョン4.0に更新します。

[簡素化された設定]
設定とオプションを簡素化し、操作が簡単になります。

[セキュリティ]
2019年6月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/6/

2回目のアップデート後の端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年6月5日
ビルド番号 9.1.0.303(C635E12R1P16)

2回目のアップデート後の端末情報
2回目のアップデート後の端末情報

アップデート(3回目)

ファイルサイズは4.17GB

3回目のアップデート通知
3回目のアップデート通知

アップデート内容

[セキュリティ]
2019年7月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/7/

[システム]
システムパフォーマンスと安定性を向上。

更新パッケージ2の変更ログ
この更新により、システムのパフォーマンスと安定性が最適化されます。

3回目のアップデート後の端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年7月5日
ビルド番号 9.1.0.310(C635E12R1P16)

3回目のアップデート後の端末情報
3回目のアップデート後の端末情報

アップデート(4回目)

ファイルサイズは459MB

4回目のアップデート通知
4回目のアップデート通知

アップデート内容

[セキュリティ]
2019年8月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/8/

[セキュリティ]
2019年9月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/9/

[セキュリティ]
2019年10月リリースのGoogleセキュリティパッチを統合して、システムのセキュリティを強化。
HuaweiEMUIシステム更新のセキュリティに関する詳細は、Huawei公式ウェブサイトをご確認ください:https://consumer.huawei.com/jp/support/bulletin/2019/10/

4回目のアップデート後の端末情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2019年10月6日
ビルド番号 9.1.0.350(C635E12R1P16)

4回目のアップデート後の端末情報
4回目のアップデート後の端末情報

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

私の手元に届いたMate 20 Proは開封時のAndroid セキュリティパッチレベルが2019年3月1日であったことから発売開始時(2018年11月30日)の在庫品ではなかったと思います。

それ以降のセキュリティパッチは今回のアップデート状況を見ると各月更新されていたことがわかります。
ただし、2年前の2017年12月1日に発売開始されたMate 10 Proのアップデートが現在、2019年8月1日のセキュリティパッチを最後に配信がなされていないところを見ると油断はできません。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 10 2019年11月5日 2019年11月5日
Pixel 2 10 2019年11月5日 2019年11月5日
HUAWEI Mate 20 Pro 9 2019年10月6日 2019年11月27日
Black Shark 2 9 2019年10月5日 2019年11月13日
Galaxy S8+ 9 2019年10月1日 2019年11月14日
Galaxy S7 8.0.0 2019年9月1日 2019年10月8日
OnePlus 3T 9 2019年8月1日 2019年8月27日
HUAWEI Mate 10 Pro 9 2019年8月1日 2019年8月26日
HUAWEI Mate 9 9 2019年7月5日 2019年8月14日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください