香港版Galaxy S8+に2020年2月分のセキュリティアップデート

先日、香港版Galaxy S10に2020年1月分のセキュリティアップデートが配信されましたが、2年以上前に発売開始された香港版Galaxy S8+にもアップデートが来ていました。
今回はそのアップデート前後の記録を残します。

アップデート通知

今回のファイルサイズは72.48MBとなっております。

香港版Galaxy S8+のアップデート通知
香港版Galaxy S8+のアップデート通知

アップデート内容

・端末のセキュリティが改善されました。

なお、私がアップデート情報の確認に使っている下記サイトを見ると、今回のアップデートは2020年3月10日から配信が開始されていたようです。

https://doc.samsungmobile.com/sm-g9550/tgy/doc.html

アップデート前

ソフトウェア情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2020年1月1日
ビルド番号 PPR1.180610.011.G9550ZHU5DTA1

アップデート前のソフトウェア情報
アップデート前のソフトウェア情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

アップデート用ファイル72.48MBのダウンロードは我が家の通信環境で約2分でした。

アップデート後

ソフトウェア情報

Android バージョン 9
Android セキュリティパッチレベル 2020年2月1日
ビルド番号 PPR1.180610.011.G9550ZHU5DTB1

アップデート後のソフトウェア情報
アップデート後のソフトウェア情報

ストレージに占めるシステムの容量

14.9GB
この値はアップデートの前後で変化はありませんでした。

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

端末の発売日的にはGalaxy S10の方が新しいのですが、セキュリティパッチレベルはS10より2年前の端末であるGalaxy S8+の方が新しいものとなりました。

ちなみにドコモ版のGalaxy S8+ SC-03Jは最後のアップデートが2019年12月19日(セキュリティパッチレベルは2019年12月)となっています。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/product_update/sc03j/index.html

その一年前のモデルGalaxy S7 edge SC-02Hのアップデートも2019年12月19日に配信されておりますが、セキュリティパッチレベルの記載はありません。
ただ前回のアップデートが2018年8月30日だったことを考えると、2019年12月のアップデートは特別扱いで、ドコモ版Galaxy S8+のセキュリティアップデートは終了したと考えていいのかもしれません。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/product_update/sc02h/index.html

3年以上同じ端末を使うつもりであれば、Android端末よりもiOS端末を購入した方がセキュリティ的には安全だと思います。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 10 2020年3月5日 2020年3月3日
Pixel 2 10 2020年3月5日 2020年3月3日
Galaxy S8+ 9 2020年2月1日 2020年3月13日
Galaxy S10 10 2020年1月1日 2020年3月7日
Galaxy S7 8.0.0 2019年12月1日 2020年1月10日
HUAWEI Mate 20 Pro 9 2019年12月1日 2019年12月26日
HUAWEI Mate 10 Pro 9 2019年10月6日 2019年12月4日
Black Shark 2 9 2019年10月5日 2019年11月13日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
HUAWEI Mate 9 9 2019年7月5日 2019年8月14日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください