香港版Galaxy S10に2020年3月分のセキュリティアップデート

昨夜、ふと手にした香港版のGalaxy S10にアップデートの通知が来ていました。
Galaxy S10のアップデートは今月の7日に行ったばかりです。
初めはGalaxy S8+のアップデートの記憶と間違っていたのかなと思いましたが、やはり今月2度目のアップデートでした。
では、早速アップデートの中身を見ていきましょう。

アップデート通知

ファイルサイズは365.17MBでした。

香港版Galaxy S10のアップデート通知
香港版Galaxy S10のアップデート通知

アップデート内容

・Other bug fixes
– The stability of Contacts app has been improved.
・The latest Android security patch has been applied.
– Device security has been further enhanced.

Google翻訳で翻訳した結果は以下のようになります。

・その他のバグ修正
– 連絡先アプリの安定性が向上しました。
・最新のAndroidセキュリティパッチが適用されています。
– デバイスのセキュリティがさらに強化されました。

今回のアップデートは下記サイトを見ると2020年3月18日から配信が開始されていたことがわかります。

https://doc.samsungmobile.com/sm-g9730/tgy/doc.html

アップデート前

ソフトウェア情報

Androidバージョン 10
ビルド番号 QP1A.190711.020.G9730ZHU2BTA2
Androidセキュリティパッチレベル 2020年1月1日

アップデート前のソフトウェア情報
アップデート前のソフトウェア情報

アップデートファイルのダウンロードに要した時間

365.17MBのアップデート用ファイルのダウンロードには我が家の通信環境で約1分でした。

アップデート後

ソフトウェア情報

Androidバージョン 10
ビルド番号 QP1A.190711.020.G9730ZHU3BTC3
Androidセキュリティパッチレベル 2020年3月1日

アップデート後のソフトウェア情報
アップデート後のソフトウェア情報

ストレージに占めるシステムの容量

18.3GB
この値はアップデートの前後で変化はありませんでした。

気づいた点

ステータスバーに「電源OFF」、「再起動」、「緊急時長持ちモードOFF」のショートカットが増えました。

アップデート後のステータスバー
アップデート後のステータスバー
ステータスバーのショートカットからこの画面に移ることが出来ます
ステータスバーのショートカットからこの画面に移ることが出来ます

Android 7.0 以降の端末の Android バージョンとセキュリティパッチレベル、最終アップデート確認日

3月中に3月分のセキュリティパッチが配信されたのは評価できる点です。
Andorid端末はただでさえiOS端末に比べ、セキュリティパッチの配信期間が短いのですから、せめて配信時期はGoogleが公開後2か月以内に行ってもらいたいものです。

Androidバージョン セキュリティパッチレベル 最終アップデート確認日
Pixel 3 10 2020年3月5日 2020年3月3日
Pixel 2 10 2020年3月5日 2020年3月3日
Galaxy S10 10 2020年3月1日 2020年3月19日
Galaxy S8+ 9 2020年2月1日 2020年3月13日
HUAWEI Mate 20 Pro 10 2019年12月1日 2020年3月19日
Galaxy S7 8.0.0 2019年12月1日 2020年1月10日
HUAWEI Mate 10 Pro 9 2019年10月6日 2019年12月4日
Black Shark 2 9 2019年10月5日 2019年11月13日
OnePlus 3T 9 2019年10月1日 2019年11月29日
HUAWEI Mate 9 9 2019年7月5日 2019年8月14日
Nexus 5X 8.1.0 2018年12月5日 2018年12月4日
Moto G4 Plus 8.1.0 2018年12月1日 2019年4月5日
Xperia XZ 8.0.0 2018年10月1日 2019年1月4日
ZenFone 3 8.0.0 2018年7月1日 2018年9月20日
HUAWEI P9 7.0 2018年7月1日 2018年7月27日
Xperia Z5 Compact 7.1.1 2017年9月1日 2017年10月18日

上記の表で
BlueFrag対策はセキュリティパッチレベルが2020年2月1日以降であることが必要
「セキュリティパッチレベル」が赤文字のものは BlueBorne 対策済み
KRACK 対策はセキュリティパッチレベルが「2017年11月6日以降」であることが必要
Spectre 、 Meltdown 対策はセキュリティパッチレベルが「2018年1月5日」以降であることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください